無言館の現在の営業は?閉館はしてない!24時間テレビロケ地巡り!

ぶらり旅
スポンサーリンク

2022年24時間テレビのスペシャルドラマは「無言館」です。

無言館は太平洋戦争に出征する直前まで絵を描き続けた戦没画学生たちの作品が展示されている美術館です。

今回の24時間テレビのドラマ無言館を見て、無言館に興味を持った方も沢山いるのではないでしょうか。

そこで、この記事では戦没画学生の作品が展示されている無言館についてまとめています。

24時間テレビのロケ地も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク

無言館の場所

無言館は太平洋戦争に出征する直残まで絵を書き続けた戦没画学生の作品が展示されている美術館です。

無言館には絵画や彫刻など約80点をはじめ、戦地で書いた手紙などが展示されています。

無言館の館主である窪島誠一郎さんが、各地を回り戦没画学生の作品や美術品を収集し1997年に開館しました。

1997年に開館された無言館ですが、閉館したとの噂も出回っているようです。

無言館は2022年8月現在も営業されており、閉館の予定もありません。

無言館が閉館されたと噂が出回った背景には、KAITA EPITAPH 残照館があるようです。

と言うのもKAITA EPITAPH 残照館の前身は「残照館」で、1979年に窪島誠一郎さんによって設立されています。

「残照館」は結核や貧困で若くして亡くなった画家の作品が展示されている美術館でした。

後に1997年に無言館が設立されると、次第に残照館の入館者数が下降気味になります。

そして、無言館の経営に重点をおくために、2018年3月15日に残照館は閉館されることになりました。

残照館の閉館が無言館の閉館と間違われてしまった背景があったようです。

一度、閉館となった残照館ですが、現在はKAITA EPITAPH 残照館として営業されています。

残照館は土日月の週に3日間のみの営業で入館料は300円となっています。

無言館の詳細です。

【〒】396-1213

【住所】 長野県上田市古安曽山王山3462

【TEL】0268-37-1650

【営業時間】9:00~17:00

【休館日】火曜日

【入館料】大人:1000円、中高生、障害者:800円、小学生:100円

無言館は山王山公園内にあり、敷地には居心地のよい図書館「オリーブの読書間」や豆cafe unjyuが併設されており、ゆったりとした時間の流れを感じることが出来ます。

私は実際に無言館にはまだ行ったことがありません。

しかし、今回の24時間テレビで無言館について知ることが出来て、改めて足を運んでみたいという強い思いにかられました。

実際に無言館に行った方の口コミを少し紹介しておきます。

戦争で亡くなられた学生さんの絵を展示している美術館。

とても静かな場所にあり建物も作品を弔っているかのよう。

作品と共に何処の戦地で亡くなられた等、どのような人生だったのかも少し分かるように展示されておりました。

絵画の中でも何点かある自画像が印象に残ってます。

引用元:Googleマップ

戦争によって画家になる夢を閉ざされてしまった方々の作品が並びます。

出兵するぎりぎりまで書かれた作品たちは物凄い力を感じることが出来ました。

作者にまつわるエピソードも作品と併せて読むことが出来るのもとても良かったです。

絵画を通じて戦争について学ぶことが出来ました。

引用元:Googleマップ

第二次世界大戦で戦没した画学生の慰霊を掲げて作られた美術館。

一点一点の絵画を眺めていくと必ず最後に戦没した時期と場所が記され、そこに目を通すたびに心臓がぎゅんと締め上げられる、今を生き謳歌しながらもこれからまた戦争への足を揃え始めてるかのように思うこの日本に住む自分にとっては吐き気をもよおすほど素晴らしく悲しく美しく、今まさに目の前にある危機を過去の画学生の作品群を眺め思う。

私自分としてはもうそこに一歩踏み入れた瞬間から圧倒されてしまい、一つ一つの作品をみて嗚咽を上げそうになりもう泣き出しそうになってしまって出ていった。

けれどここには一度は足を踏み入れてほしい。

当時の若い才能がただ国の威信や無策ゆえの無謀な進軍により死んでいったことを忘れないためにも。

引用元:Googleマップ

実際に無言館に行かれた方の感想を見てみると、やはり一度は行く価値がある場所だと分かります。

涙なくして見ることができないような場所であることは確かです。

戦争で犠牲になった方たちの無念さを改めてかみしめたい、そんな思いです。

観光で無言館に行かれる際はこちらを参考にどうぞ!

シャトルバス情報など詳しい情報がご覧いただけます。

無言館の詳細

24時価テレビのロケ地

24時間テレビの無言館のロケ地も気になるところです。

無言館のドラマは、無言館、KAITA EPITAPH 残照館、上室賀民家、上田市役所がロケ地となったそうです。

長野県上田市は無言館だけでなく、たくさの映画やドラマのロケ地として有名です。

長野県上田市の自然豊かな風景と共に、無言館の観光やグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

長野県上田市を観光される際は、ふるさと納税でトラベルクーポンがおススメです。


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】長野県上田市の対象施設で使える楽クーポン 寄付額10,000円
価格:10000円(

楽天で購入

スポンサーリンク

まとめ

無言館の閉館の情報をはじめ、詳細と24時間テレビのロケ地について紹介しました。

一度は行く価値のある無言館。

是非、訪れる際の参考になさって下さい。

無言館の設立者、窪島誠一郎氏の生い立ちや実母、実父についてはこちらをご覧下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました