江田島の観光スポットおススメ7選!行き方は車とフェリー2つの方法

森末真二宮古島お店

瀬戸内海に浮かぶ江田島。

世界遺産のある厳島神社のある宮島のお隣の島になります。

江田島は宮島のように有名ではありませんが、近年観光スポットとして人気となっているようです。

そんな江田島のおススメの観光スポット、また江田島までの行き方はどのような手段があるのでしょうか?

今回は、江田島の行き方や江田島のおススメの観光スポットを調べてみたいと思います。

江田島に観光に行く際の参考になればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

江田島への行き方

江田島はYの字のような形をしており、江田島と能美島の陸続きですが二つの島がくっついてる状態となっています。

江田島に行くにはフェリーを使っていく方法と車で行く方法の2通りがあります。

瀬戸内海の島なのに車で行けるというのはちょっと意外な感じですが、呉市の南に位置する半島から早瀬大橋が江田島に架かっているため車でも江田島に行くことができるんですね。

それでは江田島の2通りの行き方をそれぞれ見ていきましょう。

フェリーでの行き方

江田島にフェリーで行く場合は、広島港と天応港、呉港からフェリーが出航しています。

それぞれ到着する港も違っていますので事前によくチェックする必要があります。

広島港~切串港

切串港は江田島の北東部に位置しています。

フェリー串切丸が就航、一日22便運行されており日曜祝日は21便、お盆には増便されます。

片道460円で所要時間は30分となっています。

広島港~三高港

三高港は能美島の北西部に位置しています。

江田島汽船フェリーが就航しており、一日16便運行されています。

片道680円で所要時間は40分となっています。

天応港~串切港

天応港は広島市と呉市の丁度中間地点にあります。

天応港からはさくらフェリーが就航しており、一日20便運行されています。

片道290円、所要時間は12分となっています。

呉港~小用港

小用港は江田島の北東部に位置しています。

呉港から小用港は瀬戸内シーラインが就航しており、一日13便運行されています。

片道390円、所要時間は20分となっています。

以上、江田島にフェリーを使っての行き方となります。

瀬戸内海を中心に生活されている人にとってフェリーという乗り物は身近なものなのでしょうね。

フェリーに馴染みのない生活をしている私にしたらフェリーに乗船することは何か特別な体験のような感じです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

車での行き方

江田島に車での行き方です。

車で行けば江田島内の観光にも便利ですよね。

車で江田島に行く場合は、呉市の南に位置する倉橋島から入ります。

呉市から国道487号線を南下し、音戸大橋を渡り倉橋島に入ります。

倉橋島をさらに南下し早瀬大橋を経由して江田島に渡ることが出来ます。

江田島の南東部に繋がっています。

イメージとしては、本土と倉橋島は音戸大橋によってつながっており、倉橋島と江田島は早瀬大橋によってつながっている感じです。

本土と倉橋島と江田島は橋によって陸続きとなっているということですね。

地図で見るとよくわかりますね。

本土から江田島に車で行く際には、呉市を南下して倉橋島に渡りさらに南下に早瀬大橋を経由して江田島に入るルートとなります。

江田島に車で行かれる場合は、是非参考にされてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

江田島観光スポット

江田島に行った際の観光スポットをご紹介します。

江田島は海軍にゆかりのある島で、異次元の景色を楽しむことの出来る観光スポットが多く存在しています。

数多くある離島のなかでも他の島では感じることの出来ない、不思議な異空間を体験できるはずです。

江田島に観光で行かれ素際には、是非異次元の絶景を見逃さないように参考にして下さいね!

1・海上自衛隊第一術学科学校

江田島行き方

出典:instagram

江田島は昔から海軍にゆかりのある島で、現在でも海上自衛隊と深いつながりがあります。

江田島で外せない観光スポットが海上自衛隊第一術科学校です。

歴史を辿れば1888年(明治21年)に東京築地から海軍学校が江田島に移転してきました。

当時は海軍兵の学校として運営されていましたが、現在は海上自衛隊幹部候補生の学校として運営されています。

建物は明治時代に建てられており、赤レンガ造りのレトロな雰囲気が当時の懐かしい雰囲気を感じることが出来ます。

海上自衛隊第一術科学校では観光客用に学校の敷地内を一般開放してくれています。

解放は毎日行われており、一日数回に分けて解放されています。

見学時間は決まっており所要時間は1時間30分。

原則として途中退場は出来ないことや、学校内を見学する際は自由行動はできませんので注意しましょう。

またこちらの海上自衛隊第一術科は観光施設とは異なり、教育機関であることが大前提であるため、見学の際はタンクトップやサンダル、ショートパンツの服装はNGとなっているようです。

詳しくは海上自衛隊第一術科学校の公式ホームページで確認をおススメします。

海上自衛隊第一術科学校の公式ホームページはこちらから確認できます。

海上自衛隊第一術科学校公式ホームページ

こちらのホームページの見学の項目をチェックしてみて下さいね。

2・砲台山

江田島行き方

出典:instagram

砲台山は別名「三高山」と言われています。

砲台山には明治時代に建てられた砲台跡が残っています。

基地には遺跡が数多く残っており、現在では風化された当時の遺物が緑の植物に覆われており、まさに異次元な世界に入りこんだような錯覚を感じることでしょう。

基地内に残された遺跡となって残っている建物の中に入ることもできます。

また、瀬戸内海の海や島々が一望でき、最近ではSNSの投稿スポットとしても人気の場所になっています。

まさにその風景は「天空の城ラピュタ」を思わせるような絶景スポットです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

3・海友舎

江田島行き方

出典:instagram

海友舎は旧海軍兵学校下士卒集会所でした。

海友舎は旧海軍兵学校下士卒集会所は、海軍学校で働く兵士と下士官の娯楽施設と福祉施設として利用されていました。

江田島がいかに海軍で栄えていたのかが分かりますね。

戦後は洋裁教室として利用されていたようですが、110年前に建てられた木造洋館は太平洋戦争での空襲にも免れ、当時のまま残っている貴重な建物になります。

基本的に見学は外観のみとなりますが、館内を見学したいと言う方は事前の相談が必要となります。

現在は民間団体「ぐるぐる海友舎プロジェクト」によって管理されています。

基本的に問い合わせはメールとなっているようです。

問い合わせ先
原則メールでの対応

kaiyousya@gmail.com

TEL 0823-36-5220

所在地 江田島市江田島町中央 2-7-10

4・軍艦利根資料館

「利根」は、軍艦の愛称です。

旧日本帝国海軍の巡洋艦であった軍艦「利根」。

こちらの軍艦利根資料館では軍艦「利根」の歴史を辿ることの出来る貴重な資料館となります。

軍艦「利根」は、あの真珠湾攻撃をはじめいくつもの海戦を経験してきた貴重な軍艦なのです。

軍艦「利根」は、戦争中江田島湾に停泊していた際に米軍の襲撃を受けて沈没したそうです。

軍艦利根資料館は規模はとても小さな資料館になりますが、当時の貴重な資料を読むことも出来ますので、訪れる価値は十分にありますね。

忘れてはならない太平洋戦争の歴史、何か感じることが出来ればと思います。

  郵便番号:737-2301
住所:江田島市能美町中町水野元4218-12 
スポンサーリンク
レクタングル(大)

5.陀峯山

江田島行き方

出典:instagram

陀峯山は438メートルの山で、頂上には展望台があり、四国連山を見渡すことの出来る絶景スポットです。

陀峯山の東側の中腹辺りには、岩の群があり、天狗岩と言われています。

無数の岩と瀬戸内海の海のコラボレーションが素晴らしく絶景スポットで、SNSや撮影スポットとしても人気の場所となっています。

陀峯山の頂上へは登山しながらは勿論、足に自信のない方や時間のない方は、細いですが車で頂上まて行くことが出来ます。

陀峯山の頂上からの瀬戸内海や四国連山の眺めは、是非見ておきたいスポットです。

6・江田島オリーブファクトリー

江田島行き方

出典:instagram

江田島オリーブファクトリーは、オリーブの栽培から収穫、加工、飲食販売までを手掛けるオリーブ専門の企業です。

江田島オリーブファクトリーでは、オリーブの加工場の見学やオリーブオイルの試飲、また地元食材を使った併設するレストランで食事を楽しむことも出来ます。

オリーブオイルをはじめ、オリーブからつくられた化粧品などこだわりの商品が並ぶショップもお洒落で女性に人気となっています。

江田島オリーブファクトリーでのレストランで時間の流れをゆくり感じながらのお食事もおススメです。

住所: 広島県江田島市大柿町大君862-3

TEL: 0823-57-5656

営業時間: 11:00∼18:00

定休日: 月曜日※月曜が祝日の場合は営業、翌日休業

駐車場: あり

7・フルーツ狩り(イチゴ、イチジク)

江田島の温暖な気候ではたくさんの果物や野菜の栽培が適しています。

季節や観光の時期にもよりますが、江田島にきたらフルーツ狩りも楽しみたいですね。

なかでもおススメがイチゴ狩りとイチジク狩りです。

イチゴ狩りの時期は3月から5月末まで。

瀬戸内海の美しい海を見ながらのイチゴ狩りはおススメです。

またイチジク狩りの時期は9月初め~から11月初めまで楽しめます。

イチゴ狩り 沖美ベジタ

  • 1,500円 (税込)/ 人
  • 平均的な体験時間:約30分
  • 開催期間:3/1~5/31
  • 広島県江田島市沖美町岡大王

イチジク友の会

住所:広島県江田島市沖美町
電話:090-6483-4725 担当:玉山
営業期間:9月初旬~11月初旬

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まとめ

江田島の行き方から江田島のおススメの観光スポット7選をお伝えしました。

海軍とゆかりの深い江田島。

明治時代の建物や戦争に関する遺跡も残っており、独特の異空間を感じることが出来る島だと思います。

江田島に観光を予定されている方は、是非とも参考にしてみて下さい。

江田島で日本一辛い豆腐で人気の徳永商店の詳細はこちら

江田島の日本一辛い豆腐で有名な徳永豆腐店の人気商品とお店の詳細!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする