原裕美子結婚相手は地元男性で詐欺師!万引きランナーと言われるまで

ヴィーナスカーブ口コミ

元マラソン選手の原裕美子さんが万引きで逮捕されたニュースには衝撃を受けました。

衝撃と言うよりも、スポーツ選手でありながらいい大人が何をしているんだろう?と少し軽蔑のまなざしで見てしまいましたね。

しかし原裕美子さんの経歴を見ているうちに、お金に困って万引きをしていたのではなく、窃盗症という病気から万引きを繰り返していたことがわかりました。

原裕美子さんが窃盗症という病気を発症してしまったのには、過去の結婚相手からの酷い裏切りや、信頼していたコーチによる詐欺被害にあっていたからなんですね。

今回は、原裕美子さんの結婚相手からの裏切りや元コーチからの詐欺被害、また摂食障害に陥ってしまった原因などを探っていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

原裕美子のプロフィール

原裕美子結婚相手

出典:instagram

まずは、原裕美子さんの簡単なプロフィールからご覧ください。

原裕美子

生年月日:1982年1月9日

出身地:栃木県足利市

私立宇都宮文星女子高等学校卒業後に2000年京セラに入社します。

2005年3月13日の初めて出場した名古屋国際女子マラソンでいきなり優勝し、2005年8月の世界陸上ヘルシンキ大会の代表選手に内定。

2007年1月28日の大阪国際女子マラソンでは自身2度目の優勝となり、自己最高の2時間23分48秒を記録して、2007年9月開催の世界陸上大阪大会の内定も受けています。

2大会連続で世界陸上の女子マラソンの代表に選ばれている実力者だったんですね。

オリンピック出場こそならなかったものの、数々のレースで目立つ存在だったようです。

そんな原裕美子さんですが、どうして万引きなんてしてしまったのか、、、、。

次からは壮絶な原裕美子さんの人生を追ってみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

原裕美子窃盗容疑で逮捕

原裕美子毛婚相手

出典:instagram

2017年8月にコンビニで化粧品やお菓子8点2800円弱を万引きしたとして窃盗の容疑で逮捕されました。

2018年3月には、群馬県太田市のスーパーでキャンディーなど3点400円弱の商品を執行猶予中に万引き。

2度の万引きに執行猶予付懲役4年の刑が下されました。

万引きは、金額にかかわらず罪が重いんですね。

2度の万引きとありますが、実は2度だけではなく何度も繰り返していたようです。

経済的な理由で万引きを繰り返すのではなく、万引きする行動を抑えられずに繰り返してしまうのは、一種の病気で窃盗症(クレプトマニア)と言われているようです。

精神的な面が要因のようですが、万引きを病気になるほどまでに、原裕美子さんを追いやった出来事とは、過去の二人の男性の裏切りほかならないです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

原裕美子の摂食障害

原裕美子結婚相手

出典:instagram

二人の男性の裏切りの前に、摂食障害に追い込まれるに至った経緯です。

高校の時の原裕美子さんは、走ることが大好きで一日中暇さえあれば走っていたそうです。

しかし、こう高校3年生になり部活を引退してからは、ケガも重なり走ることも少なくなっていき、徐々に体重も増加したようです。

これって何かスポーツ系の部活をやっていたかたならよく理解出来ると思います。

部活が終わりになった途端に増えますよね!体重。

原裕美子さんも体重増加は避けられなかったようです。

増加した体重のまま京セラに入社しましたが、同期が4人いた中で監督は原裕美子さんにだけ特別に厳しかったようです。

それだけ原裕美子さんに期待していたのかもしれませんね。

京セラに入社した1年目の12月に摂食障害を発症していますが、その原因となったのが厳しい体重管理だったと言われています。

練習が終わると監督は原裕美子さんに体重を測らせ「まだまだ」と戒められ、体重管理を徹底されたようです。

しかし周りではプリンやアイスなどを食べているのを横目で見ながら我慢していたようですが、やはりデザート系の食べものって女の子なら大好きですよね。

原裕美子さんは、練習前なら一口くらい食べてもいいかも?と思い一口食べたのが摂食障害の始まりとなってしまいました。

一口だったはずが止めることができなくなってしまたのです。

今まで我慢していた分、ギャップとなり食べてからすぐに吐いてしまったのがオチ。

吐くことで、食べても体重増えないから大丈夫と思ってしまたんですね。

そこから毎日のように食べては吐きを繰り返していたようですが、そのようなことを繰り返していれば体もボロボロに。

骨折しやすくなり、歯も胃酸で溶けてボロボロになってしまったようです。

この厳しし体重管理を強いた監督が大森国男監督だと言われていますが、2009年3月31日に原裕美子さんと大森国男監督は一緒に京セラを退社しています。

その後、原裕美子さんは2010年にユニバーサルエンターテイメントに移籍しましたが、ケガなどの理由で2013年には退団されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

原裕美子一度目の詐欺遭遇

原裕美子結婚相手

出典:instagram

現役の時の原裕美子さんは、摂食障害との闘い。

現役を退いた後に待っていたものは、詐欺被害だったのです。

2013年にユニバーサルエンターテイメントを退団してから、原裕美子さんに声をかけてきたのが、2010年の北海道マラソンで原裕美子さんが優勝した時にお世話になったコーチでした。

東京でクラブを作るので、給料を払うから手伝って欲しいと声がかかりました。

またクラブとは別に、2014年に新しく会社を立ち上げるので出資して欲しいと言われ400万円を出資します。

その後追加で出資を迫られ更に300万円出資しました。

その後も置き引きにあってしまたので50万円貸して欲しいと言われ、そのまた後にも30万円工面して欲しいと言われ、総額780万円もこのコーチに渡してしまいます。

この時、原裕美子さんはこのコーチを信頼していたため、再三のお金の要求に耳を傾けてしまっていたようです。

後から分かったことですが、会社は架空の会社で、コーチとも連絡がつかないままになってしまったそうです。

それにしてもこのコーチ、悪質ですね~。

最初から架空の会社で出資話を原裕美子さんに迫っていったのは、立派な詐欺ですね。

原裕美子の結婚相手

原裕美子結婚相手

2013年3月にユニバーサルエンターテイメントを退団した原裕美子さんは、地元栃木県足利市に戻り、派遣会社の社員として働いていました。

ランナーとして、スポーツの世界で活躍していた実績もありながら、引退をするとやはり派遣社員として社会人からスタートせざるを得ない状況なのでしょうか?

地道に派遣社員として働いていたようですが、2016年10月30日に、地元の男性と結婚式を挙げているんですね。

この結婚相手の地元の男性が、これまたくせ者でした。

原裕美子さんは、結婚相手と入籍をせずに結婚式を挙げてます。

と言うものこの結婚相手の男性からは、入籍を原裕美子さんの誕生日にしたいと言われていたそうです。

しかし実際に原裕美子さんの誕生日になると「わりぃ!明日行けなくなった。」しまいには、「籍を入れられなくなたから待ってて。」と言われる始末。

結局この結婚相手の男性は、原裕美子さんとは結婚する気は毛頭なかったんですね。

原裕美子さんがマラソンで実績を挙げていたので、そんな原裕美子さんと近づくことで自分も有名になれる!そんな野望でも頭の片隅にあったのでしょうか?

本当に許せない男、ゲスの極みです!

原裕美子結婚相手

出典:近所の噂話

原裕美子さんは、結婚式代を立て替えており、アパート代や家具、家電の代金を合わせると合計400万円ほど水の泡になってしまったのです。

原裕美子さんが結婚式の費用やらアパート代諸々を立て替えていたということですが、これって原裕美子さんが本当に信頼している相手でないと、このような状態にならないと思いますが、、、、。

憶測ですが、結婚相手が同級生とか、同僚とかごく近しい人だったのではないかな?と思います。

結婚式は相手の親や親せきなどのご招待もあるでしょうから、お二人だけの問題ではないですよね。

結婚式だけ挙げて入籍からずっと逃げていたなんて、本当に許せませんね。

この結婚相手の男性とは、民事訴訟で和解が成立しているということで、せめてもの救いでした。

逆に言えば、こんな結婚相手と仮に入籍したとしても、後々苦労されることは目に見えていますので、かえって入籍せずに済んで良かったですよね。

原裕美子さんは、この結婚相手との婚姻は成立していなかったので、今後誰か素敵なお相手が見つかり結婚となった時に、原裕美子さんは「バツイチ」と言わずに済みますからね!

そんな原裕美子さんは度重なる詐欺に遭ってしまい、親や兄弟にも心配をかけたくなかったので隠していたようですが、失ったお金をどうやって稼ごうかとか、失ったお金をどうやって取り戻そうかと考えて込んでいるうちに、だんだんと万引きを繰り返すようになってしまったのです。

万引きをすることで、今までの辛さを忘れられるからと、見つかるリスクなどは頭にもなかったようです。

食べることも万引きすることも、全て苦しさから逃げるためだったということです。

切ないですね、人を見る目がなかったと言うか、騙す方が勿論悪いんですけれど、、、。

くれぐれも調子のいい男には注意しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まとめ

今回は、元マラソン女子の日本代表の原裕美子さんについてお伝えしてきました。

原裕美子さんの万引きのニュースを聞いた時は、いい大人が、、、と軽蔑のまなざしで見てしまいましたが、幾度の詐欺被害に遭い精神的な病から窃盗症という病気を発症してしまっていたんですね。

今後、治療によりしっかりと更生されることを願っております。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする