山崎浩子の現在は統一教会を脱会!勅使河原秀行と結婚後すぐ破局に!

アスリート
スポンサーリンク

元新体操選手の山崎浩子さん。

美人で新体操の妖精と言われていました。

そんな山崎浩子さんですが、過去には統一教会の合同結婚式に参加したことで話題を集めました。

また、山崎浩子さんの夫となった勅使河原秀行さんも時の人となり一躍有名に。

当時話題を集めた山崎浩子さんですが、現在は何をされているのでしょうか?

この記事では元新体操選手の山崎浩子さんの現在について紹介しています。

スポンサーリンク

山崎浩子の現在は

先ずは山崎浩子さんの簡単なプロフィールから紹介します。

  • 本名: 山崎浩子
  • 生年月日: 1960年1月3日(2022年で62歳)
  • 出身地: 鹿児島県指宿市
  • 身長: 154センチ
  • 学歴: 鹿児島純心女子高等学校
  •     東京女子体育短期大学
  •     東京女子体育大学

山崎浩子さんは2022年で62歳です。

山崎 浩子 (体操/新体操) - オリンピック - JOC

山崎浩子さんは1984年大学卒業後にバルセロナ五輪で女子新体操で8位入賞と健闘されました。

山崎浩子さんが新体操を始めたのは高校生になってからなんですね。

新体操を初めてすぐに、メキメキと才能を開花させたのでした。

オリンピックで入賞したことをきっかけに、新体操は引退。

24歳の時でした。

現役引退後の山崎浩子さんは、タレントとして活動。

当時斉藤慶子さんの後釜としてクイズダービーのレギュラーを約3年弱に渡り務めています。

1988年のソウルオリンピックではリポーターとしても活躍。

また同年に大学時代の友人と共同で新体操スクールを設立。

1988年4月に体育館を所有する企業との共同経営で子供を対象としたスクールを開校するなど、新体操の指導者として君臨します。

2004年には日本体操協会(新体操)の強化部長に就任。

2021年の東京オリンピックまで17年間に渡り日本体操協会の強化部長を務めてきました。

2019年の世界選手権では日本代表チームフェアリージャパンを44年ぶりの銀メダル獲得に導いています。

山崎浩子さんが強化部長に就任している期間は、年間で350日は共同合宿で選手の育成に当たっていたとのこと。

44歳から61歳までの17年間は新体操一筋で指導に励んできたようです。

一年のうち350日も共同合宿で選手の育成にあたるということは、自分の時間合がないような感じもしますが、山崎浩子さんはオンとオフの切り替えが上手かったようです。

一人で部屋にいる時は絵を書いたりレゴブロックをしたりと、年々マイブームがあり趣味を楽しんでいたということです。

そして山崎浩子さんがドハマりしているというKis-My-Ft2(キスマイ)でどんな状況も乗り越えてきたようです。

Kis-My-Ft2(キスマイ)が大好きだという山崎浩子さんはライブにも頻繁に足を運んでおり、カラオケでも熱唱することがストレス解消だということです。

なんでも、キスマイを聞いたり歌ったりすると気持ちが明るくなれるそうです。

新体操選手を引退後の山崎浩子さんの現在は、

●新体操コーチ

●某大学客員教授

●スポーツライター

など、新体操の経験を活かした活躍をされていました。

また、バラエティー番組にも時折り出演されています。

スポンサーリンク

山崎浩子の元夫は勅使河原秀行

山崎浩子さんは美人な新体操選手として有名でしたが、それ以上に山崎浩子さんを有名にしたのは、統一教会(現在は世界平和家庭連合)の合同結婚式でした。

1992年8月25日に山崎浩子さんは女優の桜田淳子さんらと韓国のソウルオリンピックスタジアムで3万組の新郎新婦と共に統一教会の合同結婚式に参加し注目を集めました。

当時の統一教会は霊感商法など社会問題にもなっていたこともあり、芸能人が統一教会の合同結婚式に参加すると言うことで、狂気に近い視線も注がれていたように見受けられました。

統一教会の合同結婚式は教祖の文鮮明氏のインスピレーションによって信者同志を夫婦にマッチングさせ、合同で結婚式を挙げるというもの。

山崎浩子さんの夫に選ばれたのは、京都大学出身で当時大和証券に勤務するエリートサラリーマンの勅使河原秀行さんでした。

山崎浩子さんの夫になる方というこで、勅使河原秀行さんも一躍有名に。

時の人となりました。

「勅使河原(てしがわら)」と言う変わった苗字も特に印象に残る要因の一つかもしれません。

山崎浩子さんは勅使河原秀行さんと合同結婚式に参加しましたが、この時点では入籍はしていませんでした。

統一教会の合同結婚式で結婚することを山崎浩子さんの家族や親族は強い反対をしていたのです。

山崎浩子さんのお姉さんの40日以上の説得により統一教会から脱退する決心を固めたのです。

最終的に勅使河原秀行さんとは入籍をすることなく統一教会から脱退と共に破局に至りました。

山崎浩子さんが脱退を決心できた背景には、姉から紹介された統一教会の元信者だと言う牧師さんの出会いがありました。

山崎浩子さんは、元信者だったという牧師さんの話を聞くうちに洗脳から解き放たれたと言います。

1993年4月21日に記者会見で沢山の人の人生を狂わせてしまったと謝罪しています。

また、山崎浩子さんは勅使河原秀行さんにも、元信者の牧師さんに会って話を聞いて欲しいと手紙を出したそうですが、勅使河原秀行さんにはその思いは伝わらず、1993年8月に別れを告げてからはそれ以後一度も会うことはなかったと言うことです。

一方で勅使河原秀行さんは、現在も統一教会に残っており、統一教会のユーチューブでは「統一原理講座」の講師役として登場されているとのこと。

また、勅使河原秀行さんは統一教会の幹部に出世しているそうで、流石に京都大学出身ということですね。

1994年に山崎浩子さんは統一教会に入信したご自身の経験を「愛が偽りに終わるとき」の手記を発行。

統一教会の洗脳の手法や内部事情、合同結婚式のことが記されています。

当時のカルトについて詳しく知りたい人にはおススメです。

スポンサーリンク

まとめ

元新体操選手の山崎浩子さんの現在について紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました