松田優作の死の原因は膀胱がんの再発だった?お墓の場所や戒名も!

俳優
スポンサーリンク

伝説の俳優として名高い松田優作さん。

松田優作さんが突然にこの世を去ってから30年以上経ちますが、松田優作さんの早すぎる死にたくさんの人が涙を流しました。

早すぎる松田優作さんの死の原因は何だったのでしょうか?

この記事では松田優作さんの死の原因やお墓の場所について紹介しています。

スポンサーリンク

松田優作の死の原因

画像・写真 | 龍平・翔太も応援、松田優作さん没後20年記念ドキュメンタリー映画製作へ 4枚目 | ORICON NEWS
出典:pinterest

まずは、松田優作さんのプロフィールから紹介します。

 
  • 本名: 金優作・1973年~松田優作
  • 生年月日: 1949年9月21日
  • 没年月日: 1989年11月6日
  • 出身地: 山口県下関市
  • 死没地: 東京都武蔵野市
  • 身長: 183センチ
  • 血液型: A型

松田優作さんは日本人の父親と韓国人の母親の間に非嫡出子として生まれています。

つまり松田優作さんの父親と母親は婚姻関係にはなっていなかったようですね。

松田優作さんは最初は金優作と名乗っておりますが、韓国人であった母親の姓を名乗っていたようです。

その後1973年に松田優作と改名。

松田優作さんが亡くなったのは1989年1月6日の夕方6時45分。

享年40歳とあまりにも若すぎる年齢でした。

もし、松田優作さんが生きておられたら2022年で73歳となっています。

現在73歳の有名人と言えば、沢田研二さん、前川清さん、泉谷しげるさん、市村正親さん、いしだあゆみさんらが現役で頑張っておられます。

松田優作さんの死に関しては、あまりにも突然の死という感じで報道されていたように思いますが、松田優作さんの死の原因は何だったのでしょうか?

松田優作さんは膀胱がんを患われていました。

松田優作さんは1989年11月に亡くられていますが、1988年9月27日に血尿が続いており、とうとう尿が出なくなってしまったと病院で受診されています。

この時の診断は血塊により尿道閉塞と診断され即入院。

入院三日後の検査結果で末期の膀胱がんであることが判明したのでした。

松田優作さんが侵されていた膀胱がんは、膀胱内の壁内に出来る移行上皮癌で、膀胱の外側から内側にかけて、また骨盤に向かって癌細胞が増殖している恐ろしい癌だったのです。

この癌の特徴は、進行が速いことと治療が困難なこと。

松田優作さんの膀胱は既に1/4が癌細胞によって侵されていたのです。

実は松田優作さんは1987年に膀胱がんを患っており、膀胱がんの摘出手術を受けていました。

この時の癌の摘出手術は成功したかのように思われたのですが、一年後の1988年にまさかの再発となってしまたのです。

松田優作さんの膀胱がんの再発を告知した医師によると、告知した際にすぐに松田優作さんは「妻には言わないで欲しい。心配かけたくない。」と言ったそうです。

そして、松田優作さんは膀胱がんの再発の治療について、手術と強い薬を使うことを拒否したのでした。

その背景には、後に遺作となてしまった映画「ブラック レイン」の撮影が控えていたからなんですね。

映画ブラクレインはハリウッドでも高い評価を得ての遺作となってしまいました。

松田優作さんはブラックレインの撮影では、膀胱がんの再発を妻の美由紀夫人に隠しながら4カ月に及ぶアメリカでの撮影に挑みました。

そんな背景から松田優作さんは、伝説の俳優と言われるようになっていったのです。

一方で、美由紀夫人は松田優作さんの容態の悪さを薄々と感じ始めていました。

優作さんに分からないように主治医に優作さんの病状を確認。

主治医は今後のことも見据えて、美由紀夫人に本当のことを告げます。

それでも、美由紀夫人は最後まで優作さんの病状について知らぬふりを貫き通しました。

松田優作さんは家族に病状を伝えなかったことは、家族に心配かけたくないとの思いと、余計な気苦労を掛けたくないと家族を気遣うことからでした。

そんな優作さんの思いを汲み取った美由紀夫人も、気づかないふりをして明るく振舞っていたと言います。

1989年10月28日、医師は松田優作さんの治療に限界を感じ、睡眠療法に切り替え点滴の中にモルヒネを注入。

亡くなる2日前に松田優作さんが男としても俳優としても慕っていた原田芳雄さんが見舞いに訪れた際に、松田優作さんは原田さんの前で泣きながら点滴をちぎりました。

そして1989年11月6日の夕方6時45分に、東京都武蔵野市の西窪病院(現在の武蔵野陽和会病院)で息を引き取りました。

享年40歳。

息を引き取る間際に、松田優作さんの目から一筋の涙がこぼれ落ちたそうです。

美由紀夫人や子供たちを残して逝くことに、そして俳優としてこれからと言う時に、たくさんの無念を抱いたままの旅立ちでした。

スポンサーリンク

松田優作のお墓の場所

松田優作さんには2度の結婚歴がありました。

一度目は1975年に作家の松田美智子さんと結婚。

しかし、後に共演がきっかけで当時の熊谷美由紀さんと不倫関係に。

1981年に松田美智子さんとは離婚。

松田美智子さんと優作さんの間には娘さんが誕生しています。

そして1983年に女優の熊谷美由紀さんと正式に結婚。

美由紀夫人と優作さんの間には長男の松田龍平さん、次男の松田翔太さん、長女のゆう姫さんが誕生しています。

松田優作さんが亡くなった時には、龍平さん6歳、翔太さん4歳、ゆう姫さん1歳でした。

松田優作さんの告別式で出棺前のお別れの時に、美由紀夫人が「私を置いていかないで」と優作さんのご遺体にすがりついたそうです。

その美由紀夫人の様子を見た子供たちも「置いていかないで」と泣いている様子を見て涙を流した人もたくさんおりました。

本当に胸の張り裂けそうな思いで松田優作さんの死を悼んだ人も多かったことと思います。

松田優作さんの戒名です。

「天真院釋優道」(てんしんいんしゃくゆうどう)

松田優作さんは東京都あきる野市の築地本願寺西多摩霊園でゆっくり眠りについています。

こちらの霊園にはXジャパンのヒデさんのお墓もあるそうです。

スポンサーリンク

まとめ

伝説の俳優、松田優作さんの死の原因とお墓の場所について紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございました。

松田美由紀さんと松田優作さんの略奪愛については、こちらをご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました