風間トオルの現在はおじさん化?若い頃や結婚した嫁についても紹介!

俳優
スポンサーリンク

かつてトレンディードラマの顔だった俳優の風間トオルさん。

モデル出身と言うこともあり、端正な顔立ちは完璧なほどのイケメンぶりでした。

そんな風間トオルさんですが最近はテレビで拝見する機会もすっかり少なくなったでしょうか?

そこでこの記事では風間トオルさんの若い頃から現在の様子をまとめています。

また結婚したお嫁さんについても紹介しています。

スポンサーリンク

風間トオルの現在は?

風間トオルさんについて、まずはプロフィールからご覧ください。

風間トオル

  • 本名: 須藤 光春(すどう みつはる)
  • 生年月日: 1962年8月19日(2022年で60歳)
  • 出身地: 神奈川県川崎市中原区
  • 身長: 175センチ
  • 血液型: O型
  • 学歴: 東京デザイン専門学校
  • 職業: 俳優、タレント、モデル
  • 所属事務所: フジパシフィックミュージック

風間トオルさんは2022年で60歳還暦を迎えます。

風間トオルさんは高校卒業後に東京デザイン専門学校で学ばれていますが、この時にメンズ・ノンノでモデルデビューを果たしています。

当時は、風間トオルさんと阿部寛さんがイケメンモデルとして注目を浴びていました。

風間トオルさんも阿部寛さんもモデルから俳優デビューを果たしています。

風間トオルさんが俳優デビューを果たしたのは、1989年の浅野ゆう子さん主演の「ハートに火をつけて!」でした。

当時は浅野ゆう子さんや浅野温子さんが女優の第一線で活躍されており、俳優陣と言えば風間トオルさんや阿部寛さん、柳葉敏郎さんらの顔ぶれが人気でした。

昭和世代にとっては懐かしい顔ぶれですね。

かつてはトレンディードラマの第一線で活躍されてきた風間トオルさんですが、最近はすっかりテレビで拝見する機会も少なくなってきたでしょうか?

風間トオルさんの現在はどうされているのか気になりますね。

風間トオルさんは現在も俳優、タレントととして活動されているようです。

ただ、以前のように多忙という感じではなさそうですね。

ドラマや映画は主に脇役で出演されているようです。

ここ近年は沢口靖子さん主演の「科捜研の女」に出演。

2010年の48歳の時には、NHK朝ドラの「ゲゲゲの女房」にも出演されています。

最近は旅番組に出演する機会も増えているようで、「遠くへ行きたい」や「旅サラダ」、「ぶらり途中下車の旅」に出演されているようです。

そして風間トオルさんの現在の様子がこちら。

2022年で還暦を迎える風間トオルさんですが、60歳という年齢で見るととても若々しく感じますね。

髪の毛もしっかりありますし、端正な顔立ちもそのままでダンディーな雰囲気も素敵ですね。

こちらの画像は若い頃とそれほど変わらないように感じますね。

さりげなく車はメルセデスなところも流石です。

風間トオルさんの現在は若い頃のようにメディアに登場する機会は減りましたが、現在もしっかりと俳優、タレントとして活躍されていました。

スポンサーリンク

風間トオルの結婚した嫁について

独身のイメージの強い風間トオルさんですが、過去に一度結歴があるようです。

風間トオルさんが結婚したのは1997年のこと。

風間トオルさんが35歳のときでした。

お相手の女性は一般人で、風間トオルさんよりも一回りも年が離れていたとのこと。

だとするとお嫁さんになった方は、23歳だったようですね。

スポーツのインストラクターをされていた方だそうです。

風間トオルさんと女性の馴れ初めは、一週間スノボに行ったことがきっかけとなったそうです。

つまり、一週間で結婚を決めたと言うことになるようです。

風間トオルさんは結婚に至った理由に「一緒にいて居心地がいから。」と述べています。

しかし、二人の結婚生活は長くは続かずに11か月後には離婚に至っています。

離婚の理由は食生活での価値観の不一致を理由に挙げています。

風間トオルさんはモデルをされていたこともあり、食生活は健康に気を使いシンプルに食材を頂くことに重点を置いていたそうです。

例えば、サラダを頂く時はシンプルに野菜に塩を振って食べることを望んでいた風間トオルさんに対して、お嫁さんはバルサミコ酢をかけてサラダを食べることに違和感を感じたとのこと。

また、年齢が一回りも違うことで話が合わないことや、ジョークを言っても通じないことなども離婚の理由に挙がったようです。

食生活に関しては、今まで違う生活を送ってきた人同士が一緒に暮らしてい訳ですから、最初から価値観の違いはあって当たり前のこと。

そのような価値観の違いを長い結婚生活に於いて、一緒に軌道修正していけばいいことだと思うのですが、塩とバルサミコ酢で違和感を覚えて離婚に至った背景には、やはり一週間での結婚が速すぎてしまったかのように思われます。

また、女性側からすると風間トオルさんが少し神経質過ぎるように感じてしまうところです。

11ヵ月の短い結婚生活では、二人にお子さんはいなかったようです。

風間トオルさんは離婚後はずっと独身で現在に至っています。

もしかしたら、風間トオルさんは結婚には向いていない性格なのかもしれません。

スポンサーリンク

風間トオル貧乏?

風間トオルさんを検索すると「貧乏」と言うキーワードが出てきます。

モデル出身の完璧なイケメン俳優の風間トオルさんからは想像し難い「貧乏」と言うキーワードですが、一体どう言うことなのでしょうか?

風間トオルさんの「貧乏」と言うキーワードは風間トオルさんの生い立ちからきているようです。

風間トオルさんの生い立ちは、幼い頃に両親が離婚しており父親方の祖父母に育てられて経緯があるようです。

風間トオルさんの両親はトオルさんが5歳の時に離婚。

両親が離婚後はトオルさんは父親と父親方の祖父母と一緒に暮らしていました。

しかし、風間トオルの父親はいつの日か家を出て行きます。

残されたトオルさんは父方の祖父母との3人暮らしとなりました。

やがて祖父は認知症を患い、祖母はパチンコにのめり込み。

幸せな家庭環境とは程遠い生活を余儀なくされています。

風間トオルさんの祖父母との暮らしは貧乏そのものでした。

お風呂の無い生活で洗濯機の水で体を洗い、タンポポなどの草を食べながら川の水をろ過して飲料水代わりに、そして冷蔵庫の中に入れる食材は土の中に埋めて保存をしていたと言います。

風間トオルはこの時の貧乏な生活について自著の「ビンボー魂」に綴っています。

 
風間トオルさんは高校生になると祖父母の元を離れて一人暮らしを始めています。
 
生活の為にアルバイトをしながら高校に通ったそうです。
 
あまりの多忙さに寝る時間は2時間だったと言います。
 
そしてその忙しさが災いしてか、グレる暇もなかったとのこと。
 
自分で働きながら高校に通い、ファッションデザインの専門学校に進学。
 
逆境からの見事な這い上がりでした。
 
 
風間トオルさんは、完璧なイケメンの容姿からは想像も出来ないような壮絶なお生い立ちでありながら自ら道を切り開いて俳優としての人生を歩んでこられたようです。
 
[ad]

まとめ

風間トオルさんの現在の様子や結婚したお嫁さんについて紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました