松下新平の参議院議員の嫁が美人!子供は娘が3人で実家はみかん農園

政治家
スポンサーリンク

明るく元気な印象が全面的に出ている松下新平参議院議員。

松下新平参議院議員は2004年から4回の当選を果たし現在まで現職で活躍されているベテラン議員さんです。

そんな松下新平議員のお嫁さんが美人だと地元有権者の間では有名のようです。

この記事では松下新平議員のお嫁さんや家族構成についてまとめています。

スポンサーリンク

松下新平の嫁

松下新平議員の家族構成は妻と3人の娘さんの5人家族です。

松下新平議員のお嫁さんが美人だと地元有権者の間では有名だそうです。

まずは画像がこちら。

出典:mens-topics.com

一番左側に立っているのが松下新平議員のお嫁さんです。

銅像の両側に立っているのが娘さんとのこと。

出典:中国文化センター

こちらは向かって右2人が松新平議員の娘さんで、左から2番目がお嫁さんとなります。

参考までに、こちらは2017年8月に撮影されたものです。

今から5年前です。

ロングヘアがとてもお似合いの素敵な奥様ですね。

上品な人柄が伝わってくるようです。

松下新平議員のお嫁さんの旧姓は「野辺」とのこと。

松下新平議員のお嫁さんの父親は宮崎県で元市長さんを務められていたそうです。

宮崎県で野辺市長さんを検索すると「野辺修光」氏の名前がヒットします。

野辺修光氏が松下新平議員のお嫁さんの父親との確実な情報はありませんが、そうである可能性も少しはあるかと思われます。

ちなみに野辺修光氏は2022年で80歳となられるようです。

松下新平議員は2022年で56歳。

お嫁さんも同年代と思われますので、親の年代としても70代から80代になると考えられます。

元市長さんの娘さんということで、松下新平議員のお嫁さんの家柄もよく、育ちも良いということで、国会議員のお嫁さんと言う立場としては相応しいのではないでしょうか。

3人の娘さんに関しての情報はありません。

松下新平議員の夢は、「娘たちとデートをすること。」と述べており、3人の娘さんをとても可愛がっている様子が伝わってきます。

上記の画像は2017年のものですので、2022年は社会人、大学生くらいの年齢にはなっているようです。

スポンサーリンク

松下新平の学歴と経歴

松下新平議員のプロフィールです。

生年月日: 1966年8月18日

出身地: 宮崎県宮崎市

出身高校: 宮崎県立宮崎西高等学校

出身大学: 法政大学法学部政治学科卒業

所属政党: 自由民主党

松下新平議員は宮崎県の出身で2022年で56歳です。

松下新平議員の実家は宮崎市内で「松下みかん農園」を営まれているとのこと。

2009年には第4回みかんもぎり大会を開催し、350人もの参加者で賑わったそうです。

松下新平議員の父親は元宮崎県議会議員で、かなり影響力のある方だったと評判です。

しかし、松下新平議員が20歳前後の頃に父親は他界されたそうです。

松下新平議員は20代そこそこで父親を亡くしているとのことで、それなりの苦労はされてきていると思います。

松下新平議員の出身高校は宮崎県立宮崎西高等学校で、偏差値は71。

宮崎県内ではトップの難関校です。

高校卒業後は法政大学法学部に進学、卒業しています。

大学卒業後は、地元宮崎県に戻り1992年に宮崎県庁で県職員として勤務しています。

父親を既に亡くしていた松下新平議員は、周囲からは父親の後継者にとの期待の声を寄せられていたようです。

周囲から父親の後継者との期待の声もあり、松下新平議員は1996年12月に宮崎県庁を退職。

1997年1月から自民党参議院議員の長嶺基氏の秘書として政治活動をスタートさせています。

1999年に宮崎県議会議員選挙に自民党から立候補し初当選。

2004年まで宮崎県議会議員として活躍されています。

2004年7月の第20回参議院議員通常選挙に無所属で出馬し、当選。

2022年11月現在までに4回の当選を経て、参議院議員として活躍されています。

松下新平議員の父親が県議会議員だったということもあり、生まれながらにして政治家としての運命にあったかのような松下新平議員。

父親は県議会議員まででしたが、父親を超えて国会議員になられたことは素晴らしい努力の結果であったことと思います。

また、宮崎県庁に入庁した時点でも周囲から父親の後継者との期待もあり、地元の期待の声に応えるように松下新平議員も宮崎県議を経て国会議員にまで道を切り開いたことは、地元の有権者にとっても誇らしかったと思います。

今後の松下新平議員の活躍が期待されるところです。

スポンサーリンク

まとめ

松下新平議員のお嫁さんや娘さんにちて、また学歴や経歴を合わせて紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました