卒業式のバックでヴィトンは相応しい?ダサいと言われないための心得

卒業式バックヴィトン

卒業式が近づいてきました。

卒業式の服装は決まりましたか?

卒業式に持って行くバックは?

後回しになってしまいがちなフォーマルバックですが、中には手持ちのブランド物のバックで出席を考えている方もいるのではないでしょうか?

ブランドバックのなかでも特にヴィトンのバックは、卒業式に持って行くことに賛否両論あるようです。

卒業式のバックでヴィトンのバックは相応しいのか、世間の意見をまとめてみました。

卒業式のバックをどうしよう?と考えている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

卒業式にヴィトンのバックが難しいと思われる理由

卒業式バックヴィトン

卒業式にヴィトンのバックを持って行くことに賛否両論あるようです。

個人的に思うことにヴィトンというブランドに対して羨望のまなざしで見られることがあり、人の欲や嫉妬と言った感情が、ヴィトンのバックを持つことに対して賛否両論物議が醸し出されるのではないかと思ってます。

卒業式にヴィトンのバックを持って行くことに正解も不正解もなく、要はその人の見方次第なのかもしれません。

参考までに、次項より卒業式にヴィトンのバックで出席することに対しての世間の意見をまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

卒業式でヴィトン肯定派

卒業式バックヴィトン

卒業式にヴィトンのバックを持つなら断然「エピ」という意見が多かったです。

「エピ」の無地でシンプルなところがフォーマルにぴったりという意見ですね。

また、ヴィトンというブランド自体がフォーマルだという意見もあり、卒業式にヴィトンを持つことに違和感はないということですね。

ハイブランドですから、ヴィトンのバック自体フォーマルだと言うのも頷けます。

ただ最近は、ハイブランドの物をジーンズやTシャツに合わせてカジュアルに持つ人も多くいるので、そのカジュアルの延長に見えないように、卒業式などのフォーマルな席には、一目ではっきりわかるロゴは避けた方が品よく見えるという意見もあるようです。

ヴィトンのバック=ひがみ と感じている方もいるようですが、「人は人」と割り切って敢えて堂々と持てばいいという意見もあります。

また、フォーマルバックは何も入らないので、たっぷり入るヴィトンのバックは便利だったとう意見もありました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

卒業式でヴィトン反対派

卒業式バックヴィトン

何度も卒業式の経験があるという方からの意見では、殆どがフォーマルバックで、ヴィトンのようなブランドロゴの分かりやすいバックを持つ人は少数派で、ヤンキー上がりっぽいギャル系のママに多かったということですが、こちらに関しては、地域性が関係してきそうな感じもしますね。

富裕層のお子さんが通われるが学校の卒業式では、ヴィトンのバックは皆無、装いも紺のシンプルなスーツだが、見るからに上質な生地のスーツをまとっているそうです。

ちなみにこの方達のバックは、シャネルやエルメスのフォーマル仕様のバックだそうです。

卒業式でヴィトンのバックを持つことは、「ブランド好き」という印象を与えてしまうため持っていかないという意見がありました。

また、卒業式にヴィトンのバックは、PTOに合っていないと感じる方もいるようです。

フォーマルバックにお金をかけたくないのであれば、しまむらで手ごろなバックを買えばいいという参考アドバイスもありました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

どちらでもない派

卒業式バックヴィトン

最後に卒業式にヴィトンのバックを持って行くことに関して賛成でも反対でもどちらでもない派のご意見です。

何でも大丈夫、誰も見ていない。

自分の子供の様子を見ることに集中していて、他人のバックなど気にならないという人。

カメラやビデオカメラの持ち物が多いし、スリッパに履き替えた後の靴も自分で管理しなければならず、人のバックまで見る余裕などないという人。

また卒業式、入学式は子供が優先で親は後回し、何でも良いという意見で、子供にお金がかかるので自分は手持ちのバックで対応するという人も多いようです。

まとめ

卒業式でヴィトンのバックを持つことに関しての賛否両論について見てきました。

卒業式でヴィトンのバックを持つことが決して悪いことではありませんが、快く思わない方もいるようです。

ヴィトンはとても素敵なバックなので、卒業式に持っていくなら敢えて堂々と持って行けばいいと思います。

もし、自慢してるとか、ひがまれたくないと思うのであればロゴのないバックで参加されてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする