篠原涼子は群馬の桐生出身!高校中退に父子家庭の訳ありな理由まとめ

ローラブラックストーカー事件

女優の篠原涼子さんと言えば映画にドラマに活躍されており、また私生活では二人の息子さんの母親ということで、仕事にプライベートに充実した日々を送られていますね。

二人の息子さんを出産されても、昔と変わらずにとてもきれいな容姿を保たれているのは女性からすると羨ましい限りです。

そんな篠原涼子さんの気になる出身地は群馬県桐生市だそうです。

ちょっと意外な感じもしますが篠原涼子さんは地元愛が強く、出身地の桐生市にはかなり貢献をされているようです。

今回は、篠原涼子さんの出身地群馬県桐生市での生い立ちや、父親に育てられた経緯などを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

篠原涼子の生い立ち

斉藤里恵経歴

出典:instagram

では早速、群馬県桐生市出身の篠原涼子さんの生い立ちから見ていきましょう。

篠原涼子さんは1973年8月13日生まれ。

3人兄弟の末っ子で、6歳上の兄と3歳上の姉がいます。

篠原涼子さんの実家は群馬県桐生市の曽根町と言われているようですが、一部では広沢町という説もあるそうです。

篠原涼子さんの母親は篠原さんが2歳の時に交通事故で亡くなっています。

篠原涼子さんが2歳の時ということで、篠原さんは母親の記憶は殆どないそうです。

子供にとって母親は絶対に必要な存在であると思うのですが、3歳上の姉、6歳上の兄は物心がついていた頃の出来事でしたでしょうから、ある日突然母親を失ってしまったという経験はとても辛く悲しいことだったと思います。

泣いても泣いても涙の枯れることはなかったと思います。

篠原涼子さんの父親は、母親の事故死から男手一つで子供を育てることを決意し、見事に3人の子育てを果たしました。

篠原涼子さんの生い立ちは、母親を幼くして交通事故で亡くしたために、父親の手によって育てられた父子家庭に育ったようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

篠原涼子高校中退

野々村友紀子家事リスト

父親の手によって育てられた篠原涼子さんは、高校は地元の群馬県立桐生第一高等学校に進学します。

群馬県立桐生第一高等学校の偏差値は39と言われており、野球やサッカーが盛んな学校のようですが、篠原涼子さんが当時通っていた頃はヤンキーも多かったそうです。

高校時代の篠原涼子さんはヤンキーだったと言う説がありますが、車で篠原涼子さんを送り迎えをしていた年上の彼氏がいたそうですよ。

高校時代の篠原涼子さんはちょっとヤンチャだったのかもしれませんね。

そんな篠原涼子さんは、高校一年生の時に中退をしています。

高校一年生で中退ということはどんな訳ありなのか憶測されますが、かなり衝撃な経歴になりますね!

篠原涼子さんはずっと歌手の中森明菜さんに強い憧れを抱いていたようで、歌手になることを夢みていたそうです。

父親も応援してくれていたようですよ。

篠原涼子さんは、1989年に雑誌「月間デ・ビュー」に掲載されていた現在所属している事務所のオーディションを見つけ、オーディションを受けて見事に合格し芸能界デビューを果たしました。

この時篠原涼子さん16歳で、自然な流れで高校を中退し上京するまでになりました。

篠原涼子さんの高校中退の理由は、芸能界デビューがきっかけだったようです。

ずっと中森明菜さんに憧れていて、歌手になる夢を追っていた篠原涼子さんですが、歌手になる道をあれこれ模索しながら「月間デ・ビュー」の雑誌の中から自分でオーディションを探し、オーディションを受けるという行動力が素晴らしいですね。

本当に叶えたい夢があるなら、自ら夢を追えば叶えることが出来るという良いお手本ですね。

と言いながら現実はそう甘くはないですが、甘くないからこそチャレンジする甲斐もあるということです。

16歳で芸能界デビューした篠原涼子さんですが、デビューから半年間はお寿司屋さんでアルバイトをしながら「東京パフォーマンスドール」として活動をしていましたが、これは事務所側のプロデュースの一環としてバイトをさせていたと言うことです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

篠原涼子の父親

ふき味噌苦い

篠原涼子さんが2歳の時に交通事故で母親を亡くしてから、ずっと男手一つで篠原涼子さんを育ててきた父親は、篠原勝雄さん。

篠原涼子さんの父親は、母親に変わり子供たちに料理から躾まできちんと教え込んだそうです。

男の人はものぐさな人が多いように感じますが、子供たちに料理まで教え込んだという篠原涼子さんの父親は、かなりしっかりした方のようですね。

篠原涼子さんの父親の職業は、自営業で桐生市の地元で飲食店を経営されていたようです。

晩年は肝臓疾患を患っており、長く闘病されていたようです。

篠原涼子さんは、2005年に25歳年上の市村正親さんと結婚をされていますが、篠原涼子さんの父親は、自分と年の近い市村正親さんとの結婚を当初猛反対していたそうです。

しかし、篠原涼子さんの父親の病状はあまり良くなくもう先も長くないことを悟った父親は、一つの条件を出して結婚を許しました。

その一つの条件と言うのは、「早く孫の顔を見せること。」だったそうです。

篠原涼子さんは2008年5月に長男を出産されました。

そして2010年8月14日に篠原涼子さんの地元の群馬県の結婚式場でお披露目パーティーを開きました。

篠原涼子さんの父親は、この時入院をしていましたが、一時退院をして念願のウェディングドレス姿の涼子さんを見届けました。

父親の勝雄さんは涙を流して喜んでいたそうですよ。

この三日後に篠原涼子さんの父親は息を引き取ったそうです。

でも最後に最高の親孝行が出来て良かったですね。

篠原涼子は略奪婚だった?

押尾学現在

2005年に25歳年の離れた市村正親さんと結婚された篠原涼子さんですが、略奪婚とも言われています。

と言うのも篠原涼子さんと市村正親さんの馴れ初めは、2001年の「ハムレット」の舞台共演がきっかけでした。

二人が出当たった時は、市村正親さんは既婚者だったのです。

市村正親さんの元の奥さんは劇団四季の女優の八重沢真美さん。

2001年に篠原涼子さんと市村正親さんが出会った時、は既に市村さんの夫婦関係は冷めきっており、別居状態で二人の間にお子さんもいなかったということです。

篠原涼子さんの略奪婚まではいかないかもしれませんが、仲の冷え切った市村さん夫妻にとって篠原涼子さんの存在が正式に離婚するきっかけにはなったかもしれませんね。

現在篠原涼子さんと市村正親さんの間には二人の息子さんがいらっしゃるようです。

長男が2008年生まれ、次男は2012年生まれということですので11歳と7歳になるようですが、まだまだこれからが大変ですね!

仕事に子育てに充実した時間を過ごせるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まとめ

篠原涼子さんが群馬県桐生市出身ということで、生い立ちや高校中退の理由についてお伝えしてきました。

中森明菜さんに憧れてて歌手を夢見ていた篠原涼子さん。

夢を追いかけながら群馬県から16歳で上京してここまで大スターにまで上り詰めた篠原涼子さんは、やはりただならぬ女性なんだと思います。

今後の活躍もますます期待したいと思います。

最後までお読み下さりありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする