安井友梨の銀行は外資系!夫の川口真輝は会社社長でボディービルダー

アスリート
スポンサーリンク

ビキニフィットネス王者の安井友梨さん。

見るからにやり手の女性と言った雰囲気を身にまとっていますね。

そんな安井友梨さんは実は現役の銀行員であることでも注目されています。

そこでこの記事ではビキニフィットネス王者の安井友梨さんに勤務する銀行についてや夫についてまとめています。

スポンサーリンク

安井友梨の銀行はどこ?

筋肉美ボディーが話題のビキニフィットネス王者の安井友梨さん。

ビキニフィットネスの傍らで本業は銀行員という異色の顔を持ち合わせています。

そんな安井友梨さんの本業である銀行員、一体どこの銀行にお勤めなのでしょうか?

安井友梨さんの勤務する銀行は、オーストラリア・ニュージーランド銀行で外資系銀行にお勤めです。

まずは、安井友梨さんのプロフィールを見てみましょう。

  • 安井友梨(やすい ゆり)
  • 生年月日: 1984年1月13日(2022年で38歳)
  • 出身地: 愛知県名古屋市
  • 身長: 173センチ
  • 体重: オフ66キロ、大会中55キロ
  • 出身高校: 愛知県立松蔭高等学校
  • 出身大学: 椙山女学園大学(すぎやま)

安井友梨さんは愛知県の出身で2022年で38歳です。

スレンダーな美女ですね!

何をやっても卒なくこなしてしまうような、何でも出来る雰囲気が伝わってくるようです。

安井友梨さんが進学した愛知県立松蔭高等学校の偏差値は60と、愛知県内でもトップレベルの進学校です。

松蔭高等学校の卒業生には俳優の森本レオさんがいます。

安井友梨さんは、身長176センチの長身を活かして高校時代はバレーボール部に所属していました。

大学は、お嬢様大学で有名な椙山女学園大学に進学。

大学在学中にオーストラリアに留学の経験があります。

安井友梨さんは、大学を卒業後にSMBC証券に入社。

当時、会社に直談判して日本でも少ない女性の総合職に転向。

しかし、元々の性格は内向的だったため、人の目を見て話すことが苦手で、人前で話すとなると前日から震えが止まらなかったと言います。

ここでは「営業成績1位」を目指しましたが、元々の性格も災いしてか、夢は叶わずに3年ほどで退職に至ったそうです。

退職後は金融と営業以外の仕事で10社ほど受けますが全て採用されず。

そんな時に大学時代にオーストラリアに留学していた時のホストファミリーが来日。

そのホストファミリーからオーストラリア・ニュージーランド銀行が名古屋に支店を出す話を聞き、採用試験を受けて見事に事務職として採用されたのです。

事務職で採用されたのですが、入社後すぐに営業職に配置転換され、現在に至っています。

オーストラリア・ニュージーランド銀行は180年以上の歴史ある銀行で、古くからオーストラリアの経済を支えてきました。

日本には1985年に東京支店が開設されています。

ニュージーランドでは最大のマーケットのシェアを誇っています。

また、世界では10数行しかないAA-以上の格付けをされている由緒もあり、経営も万全の信頼される銀行なのです。

安井友梨さんは、ニュージーランド・オーストラリア銀行でシニアリレーションシップマネージャーという役職をお持ちです。

普段はフルタイムの営業職で働いており、社内では成績もトップだそうです。

英語が得意なこともあり、外国人の顧客相手に仕事をすることも多いとのこと。

安井友梨さんは、オーストラリア・ニュージーランド銀行に勤務する傍ら、ビキニフィットネスで活躍されていますが、ビキニフィットネス大会に参加する際は有給休暇を取得しながら参戦されているとのことです。

また、その他に副業の位置づけにはなりますが、フェイバリットリンクと言うボディーケア関連の商品を扱う会社のプロデュースを行ており、サプリメントやシャンプーの売り上げに貢献されています。

その他に、メディアの出演やイベントの参加など本業の傍らで多忙な日々を送られているようです。

気になる安井友梨さんの年収になりますが、安井友梨さんの年齢で見ると銀行員の平均年収は400万から600万とのこと。

そこに役職やついているので、安井友梨さんの銀行員としての収入は500万から700万円と推測されているようです。

そこに、副業のボディーケア関連のプロデュースやメディアの出演なども加えると1000万円以上になるのでは?との見方が強いようです。

スポンサーリンク

安井友梨の夫について

安井友梨さんは結婚されており、旦那さんがいます。

安井友梨さんの旦那さんは川口真輝(かわぐち まさき)さん。

安井友梨さんと同じ愛知県名古屋市の出身で、会社社長をされています。

川口真輝さんの別名は「黒光り社長」。

365日黒いことからその名がついたそうです。

川口真輝は安井友梨の結婚相手(旦那)で黒光り社長!wikiプロフィールも! | たきもりの森

素晴らしい筋肉ですね!

川口真輝さんは父親が起業した「株式会社マルヤマ製作所」の2代目の社長さんです。

川口真輝さんは社長業の他にボディービルダーとしての顔もお持ちなんです。

安井友梨さんと共通しますね。

安井友梨さんと川口真輝さんの出会いは、安井友梨さんのボディーケア関連の商品開発に一緒に参加したことだったそうです。

実は、交際していた当時は川口真輝さんが父親から受け継いだ会社は倒産の危機にあったと言います。

そんな時に安井友梨さんが川口真輝さんに伝えた言葉が次の通り。

「たとえ会社がダメになって仕事がなくなったとしても私が2人分働けば、2人でお腹一杯食べることが出来るから安心して。」

その一言に川口真輝さんは気合が入り、本気モードに。

見事に会社の立て直しに成功され、現在は長野工場も設立。

そして川口真輝さんは、ボディーケア関連商品の開発販売を行う株式会社フェイバリットリンクの代表取締役社長でもあるのです。

安井友梨さんの男前な性格が垣間見えるようです。

現在はお二人でテレビ出演される機会も増えてきたようです。

また、ビキニフィットネスの大会に参戦中のこともあり、お二人の間にお子さはいないようですね。

スポンサーリンク

安井友梨がフィットネスを始めた理由

元々スレンダーなイメージのある安井友梨さんですが、フィットネスを始めた理由は何でしょうか?

実は安井友梨さんはフィットネスを始める前の体重は68キロ。

身長は173センチありましたが、それでも見た目的にぽっちゃりな体型だったそうです。

以前からダイエットに挑戦しては失敗の繰り返しだったと言います。

「自分を変えたい。」と思っていたところ、母親がジムに通いだしてダイエットに成功。

そんな母親の姿を見て衝撃を受けてジムに通い出したそうです。

ジムでは筋肉を鍛えて太りにくい体作りをトレーナーと一緒に鍛えました。

そして、理想のボディーの画像を探している時に一枚の画像に目が留まりました。

それは、第一回ビキニフィットネス選手権の優勝者の写真でした。

その優勝者のボディーを目標にトレーナーと二人三脚でトレーニングに励みます。

その10か月後に出場した大会で見事に総合優勝を果たします。

それからビキニフィットネス会では一目置かれる存在となったのです。

安井友梨さんは、現在も銀行員とボディービルダーとしての二刀流を継続中。

メディアの出演も増え、ますます注目度が上がりそうな勢いです。

スポンサーリンク

まとめ

ビキニフィットネスの王者、安井友梨さんの勤務する銀行や結婚した旦那さんについて紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました