ツイッターのサービ終了はいつ?SNS疲れ?なくなって欲しいの声も

ホットな話題
スポンサーリンク

2022年11月19日に「ツイッター終了」がトレンド入りしました。

ここ最近のツイッター社はアメリカ投資家のイーロン・マスク氏が買収するなど先行きが注目されるところではありますが、今後ツイッターのサービスは終了してしますのでしょうか?

この記事ではツイッターのサービス修了に関して深掘りしています。

スポンサーリンク

ツイッターのサービス修了の真相は?

2022年11月19日に「ツイッター終了」がトレンド入りしました。

ツイッター社と言えば、2022年10月27日にアメリカの投資家イーロン・マスク氏がツイッター社を440億ドル(6兆4000億円)で買収されたことも大きな話題となったばかりのこと。

結論から言うと「ツイッター終了」の事実はありませんでした。

なぜ、「ツイッター終了」との噂が浮上したのでしょうか?

2022年11月4日には、アメリカ本社のツイッター社からツイッタージャパンに勤務する社員全て従業員に対して雇用対象者か雇用対象者でないか記された英文が送られてきたことも明らかになりました。

また、アメリカのメディアでは全世界のおよそ7000人の従業院のうち半数を解雇したとも報じられました。

このような回顧のニュースが出回ったことで、ツイッターが終了するのでは?との憶測が浮上したと思われます。

日本版ツイッターのサービスが開始されたのは2008年4月23日のことでした。

2009年頃からサービスは若者を中心に広まりました。

今ではツイッターのユーザーも4500万人となっています。

参考までにラインのユーザーは7000万人。

ラインは現在は高齢者でも殆どの方が使用していると言っても過言ではありません。

ラインに比べると、ツイッターは中高年や高齢者はあまり必要としていないようです。

リアルタイムで情報を得られるところからも人気のツイッター。

ツイッターのサービスが終了してしまうと困る方も多いと思いますが、現時点ではツイッターのサービス修了はないとのことです。

スポンサーリンク

ツイッターなくなって欲しいの声

リアルタイムで情報が得られるツイッター。

とても便利なツールでビジネスに活用されている方も多い反面、「ツイッターがなくなって欲しい」との声も聞かれるようです。

SNS疲れが原因でしょうか?

目的意識もなくなんとなくダラダラとツイッター検索をしてしまうとか、知らず知らずのうちにツイッター依存症になっている場合もあるのだとか。

検索目的があってツイッターから情報を引き出すにはとても便利なツールですが、無意識に時間を無駄に過ごす原因にもなりかねないSNS。

ツイッターのサービスに関する世間の声を紹介します。

使い方次第では便利なツールにもなるし、無駄に時間を奪ってしまうツールにもなり兼ねないツイッター。

便利なツールだからこそ、上手く使いこなしたいところですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました