【Tポイント株投資始め方】仕組みやメリットとデメリットは?

最近、「ポイ活」という言葉をよく耳にするようになりました。

ポイ活とは、ポイントを活用してお得に暮らして支出を減らそう!ということを目的にした暮らし方を言うそうです。

皆さんはポイ活されていますか?

ポイント2倍デーにわざわざ買い物に行ったり、ポイントサイトに片っ端から登録してみたり、でもなかなか思ったように溜まりませんよね。

2019年4月にTポイントで株投資が出来るサービスが開始されました。

Tポイントで株投資?

ちょっと気になりますね。

今回は、Tポイント株投資とは?についてお伝えしたいと思います。

Tポイント株投資を始めて少しでもお小遣いになったら嬉しいですよね。

今回は、Tポイント株投資とは何か、始め方や仕組み、またメリットやデメリットをお伝えしていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Tポイント投資とは?

Tポイント株投資始め方

まずはTポイント投資とは何か?について見ていきましょう。

Tポイント投資は2019年4月10にからサービスが開始されました。

Tポイントカードに溜まっているポイントを株式投資の資金に充てることが出来るサービスです。

このTポイントで株式投資が出来るサービスを展開しているのが、「ネオモバ」と言われる会社になります。

ネオモバは、ネット証券会社SBIとTポイントを運用するCCCマーケティングの合併会社となります。

SBIネオモバイル証券が展開するスマホ専用ポイント投資でTポイントだけでも投資出来るというサービスです。

もちろんTポイントだけでなく現金での取り引きも可能となっています。

ですが現金での投資に抵抗がある方は、溜まっているTポイントの範囲以内で投資するだけでしたら、仮に含み損が出てしまっても元々はTポイントですから、気分的にダメージも少ないかもしれませんね。

もし利益が出たらラッキーくらいの気持ちで始めてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Tポイント投資の仕組み

Tポイント株投資始め方

Tポイント投資の仕組みですが、こちらはポイントを株の取り引きに充てるということで、一般の株式投資と同じ仕組みになります。

つまり、株の安い時に買って購入した株が値上がりした時に売るとその買った時の株価と売った時の株価の差額が利益となります。

また一般的な株式投資は最低購入単元が100株とまとまった資金が必要になりますが、ネオモバのTポイント株投資は1株から購入することが出来ます。

なぜこのようにネオモバは1株から株を購入することが出来るかというと、ネット証券SBIの単元未満サービスを活用しているため、特別に1株から取り引きが出来るという訳なんですね。

Tポイント株投資500円以内で買える株は?

1株500円未満で購入できる株を例に上げてみますね。

ちなみにこちらの株価は2019年5月15日の終値となります。

参考までにどうぞ。

【ヤフー  311円】

【セブン銀行  283円】

【オリコ  119円】

【三菱UFJフィナンシャルグループ  498円】

【アイフル  222円】

【千趣会  245円】

【野村ホールディングス  370円】

【みずほ銀行  164.4円】

探せばまだまだたくさんありますが、500円以内で買える企業を参考までに挙げてみました。

気になる企業はありましたか?

取り引きに必要な手数料は?

ネオモバで実際にTポイント株投資で取り引きするのに必要な手数料についてです。

通常の株式取り引きでは、取り引きする度に手数料が発生します。

約定代金と言って取り引きする代金によて手数料が変わってきます。

高額になればなるほど手数料も高くなっていく仕組みになっているようです。

また最近ではネット証券が、手数料の安やさで人気となっていますね。

ネオモバでの取り引きは、なんと1か月ごとの定額制となているんです。

1か月に何度取り引きしても一定額の手数料で済む仕組みとなっています。

1か月の約定代金(株の取り引きが成立した代金)に対しての手数料となり、一か月50万円までの取り引きだった場合は200円に消費税となります。

一か月300万円の約定代金では1000円に消費税となりますので、通常の証券会社と比較すると破格の安さになりますね。

ただ注意点が一つだけあります!

月ごとの手数料ですが、じつは株の取り引きをしなかった場合でも利用料として200円(税抜き)が発生してしまうと言う点だけ注意が必要です。

しかし、毎月期間固定ポイントとしてTポイントが毎月200ポイント付与される仕組みとなっているため、利用料は実質消費税分だけで済むことになります。

またサービス料100円につき1ポイントも付与されます。

ですので毎月202ポイントが自動的に付与されることになります。

たたこの期間限定ポイントは、TSUTAYAやファミリーマートやウェルシアなどの買い物には交換することができません。

期間限定ポイントは、ネオモバでの株投資に回す以外の使い道はないんですね。

良く出来てる仕組みですよね。

いくら一月200円(税抜き)の利用料でも無駄なお金は出したくない、なんか損するような気がして抵抗があるという場合は、ネオモバのサービスの利用を一時ストップすることができます。

サービスの一時ストップをかけておけば、200円(税抜き)の利用料はかかりません。

ネオモバでTポイント株投資をする際に必要な利用料金は、実質200円に対しての消費税分となります。

ざーっとネオモバのTポイント株投資の仕組みについて説明してきました。

では、次項よりTポイント株投資のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Tポイント株投資のメリット

Tポイント株投資始め方

Tポイント株投資のメリットです。

【メリット】

●スマホから手軽に溜まっているTポイントで投資が出来る

●一株から購入することが出来るので500円以内での投資が可能

●月額200円(税抜き)で株の取り引きし放題

Tポイント株投資の大きなメリットとしては、以上の3点があげられます。

何よりTポイントで株を購入することができるので、リスクの低さが最大のメリットですね。

また、利用料が定額制ということで、一か月50万円までの取り引きで200円(税抜き)で取り引きし放題という点も魅力がありますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Tポイント株投資デメリット

Tポイント株投資のデメリットです。

【デメリット】

●一か月に取り引きがなくてもサービスの利用料金として200円(税抜き)がかかってし まうこと。(毎月の期間固定ポイント200ポイントが付与されるので、実質消費税分ですが。)

●一株でも購入できるが、一株ではリターンが少ない。大きいリターンを望むとそれだけたくさんの金額を投資する必要があり、ハイリスクを覚悟しなければならなくなる

●株取引となるため必ずは儲からない。取り引き次第では損失も発生する

主なTポイント株投資のデメリットですが、投資の仕方次第では十分にこれらのデメリットを回避することが可能です。

利用料金を払いたくなければ、サービスの利用を一時的にストップする。

大きく投資しない。

あくまでも溜まったTポイントの有効活用くらいの気持ちで取り引きをする。

これらを十分理解した上でTポイント投資をすることが肝心ですね。

Tポイント株投資の始め方

ではいよいよTポイント株投資の始め方についてです。

溜まったTポイントでの株の取り引きということですが、Tポイント株投資を始めるには証券会社に口座開設をする必要があります。

SBIネオモバイル証券に口座開設をします。

証券会社に口座開設となるとちょっとためらってしまいそうですが、いたって簡単です。

1.口座開設の流れ

SBIネオモバイル証券では、以下の6ステップで口座を開設できます。

 

2.メールアドレスを登録する

登録したメールアドレス宛に、お手続きページのURLが送信されます。

 

3.口座開設申込の情報を登録する

口座開設申込に必要な情報を登録すると、ユーザーネームとログインパスワードが発行されます。

 

4.本人確認書類をアップロードする

本人確認書類とご登録内容の確認が完了すると、「【SBIネオモバイル証券】本人確認書類審査完了のお知らせ/ハガキをお受取りください」メールが送信されます。
また、登録した住所宛に、SBIネオモバイル証券の「口座開設完了のご案内」が転送不要の簡易書留で郵送されます。

5.初期設定(勤務先情報やインサイダー情報などの登録)を行う

 

6.サービス利用料のお支払方法設定を行う

ログインパスワードを変更する

口座開設状況を確認する

口座開設申込の情報登録を完了した後、SBIネオモバイル証券にログインすると、口座開設のお手続き状況を確認できるようになります。

完了したステップにはチェックマークが表示されます。
未完了のステップのリンクをタップすると、お手続きを行う画面を表示できます。

SBIネオモバイル証券に口座開設をするのは、6つのステップで簡単にできます。

SBIネオモバイルの口座開設はこちら。

SBIネオモバイル証券口座開設

まとめ

Tポイント株投資とは?についてと始め方やメリットやデメリットについてお伝えしてきました。

溜まったTポイントの有効活用として、Tポイント株投資という運用方法もあることをお分かりいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする