沢尻エリカ「別に」いつだった?理由は竹内結子が発端で号泣の真相は?

沢尻エリカ別にいつ

沢尻エリカさんと言えば、殆どの方が思い出すであろう「別に事件」。

沢尻エリカさんの「別に事件」では、わがままな印象だけが残されてしまい、この「別に事件」で沢尻エリカさんを嫌いになってしまった人も多いのではないでしょうか?

そんな沢尻エリカさんも30代となり、過去の「別に事件」については深く反省されており、今ではとても素敵な女性に成長されたようですね。

今回は、沢尻エリカさんの「別に事件」がいつだったのかと、「別に事件」の事の理由は竹内結子さんがことの発端だったことについてと、「別に」発言から謝罪会見を行った時の号泣の真相を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

沢尻エリカ「別に事件」はいつだった?

沢尻エリカ別にいつ

出典:popular-people.com

沢尻エリカさんの「別に事件」。

テレビの前の視聴者は、かなり気分を害されたかたも多かったと思います。

沢尻エリカさんの「別に事件」が起きたのは、2007年9月29日。

沢尻エリカさんが主演を務め2007年公開の映画、「クローズド・ノート」の舞台挨拶の時でした。

舞台挨拶の場で沢尻エリカさんは、始終腕を組んだまま仏頂面で明らかに機嫌を損ねている様子でした。

舞台挨拶で沢尻エリカさんが言葉を発したのは3つだけでした。

その内容がこちら。

(沢尻エリカ)「皆さん今日はどうもありがとうございました。」

(司会者)「一番思い入れのあるシーンは?」

(沢尻エリカ)「特にないです。」

そして、沢尻エリカさんが撮影現場に手作りのクッキーを差し入れしたエピソードを行定薫監督が披露した後に、その手作りのクッキーについて司会者が質問された時に、「別に」発言が飛び出しました!

(司会者)「どんな思いでクッキーを作られたのですか?」

(沢尻エリカ)「別に、、、、。」

(司会者)「きっと思いはあったんだろうと思いますが、今はちょっと皆さんには披露したくないのかもしれませんね。」

とても嫌な空気が流れているなか、司会者のアナウンサーが必死でいい雰囲気の流れに持っていこうと懸命さが伝わってきました。

これは見ている方も気分が悪くなりますし、また司会者の方が気の毒なほどでした。

ちなみに「別に事件」の時の動画がこちらになります。

沢尻エリカさんの「別に」発言は、沢尻エリカさんの精神的幼さが全面的に出てしまった感じがしますが、沢尻エリカさん本人にとってもかなり苦い過去になったことでしょう。

でも、誰にでもありますよね?「穴に入りたいほど恥ずかし過去」。

人は恥ずかしい過去を反省しながら成長するものです。

沢尻エリカさんも「別に事件」を経験されて、素敵な大人の女性に成長されています。

「別に事件」の司会者は誰?

沢尻エリカ別にいつ

出典:instagram

沢尻エリカさんが始終仏頂面で臨んだ主演映画の舞台挨拶。

不運にもこの時のインタビューの担当となたアナウンサーは、元フジテレビアナウンサーで現在はフリーアナウンサーの富永美樹アナウンサーでした。

現在はシャ乱Qのまことさんと結婚されており、堀内美樹さんとなっています。

富永美樹アナウンサーは当時の「別に事件」を振り返って、あの時は同じ事務所の先輩として、また年上の女性としてなるべくいい形で終わらせようと懸命だったと振り返っていました。

さすが気回しの出来る大人の女性だなと感心しますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

沢尻エリカ「別に」の理由は竹内結子が発端だった?

沢尻エリカ別にいつ

出典:www.oricon.co.jp

沢尻エリカさんの主演映画の舞台挨拶で始終機嫌が悪かったのには理由があり、その理由と言われているのが竹内結子さんです。

一体、沢尻エリカさんと竹内結子さんの間に何があったのでしょうか?

舞台挨拶に席に金髪のかつらにヒョウ柄のドレスで登場した沢尻エリカさん。

上記で動画にも載せましたが、ヒョウ柄のドレスに金髪の沢尻エリカさんの出で立ちに思わず「何!そのスタイル!」と思わず言ってしまいそうになりませんか?

共演した竹内結子さんは、沢尻エリカさんの格好を見て「ギャートルズみたいでかわいいね。」と皮肉ったそうです。

ギャートルズとは、1974年から1976年に放送された原始時代のアニメで、沢尻エリカさんのファッションが原始時代のギャートルズに例えられたのに、思わず吹き出してしまいそうになりますが、これが沢尻エリカさんの立場だったら確かにいい気持ちはしませんね。

実際に竹内結子さんが皮肉った言い方をしたのか、それとも本心で可愛いと誉めたのかは定かではありませんが、沢尻エリカさんにしたらカチンときてしまったようです。

舞台挨拶であれだけの態度をとった沢尻エリカさんですから、きっと腹わたの煮えくり返るような思いでずっとあの場所に立っていたのではないでしょうか?

それを思うとちょっと気の毒な感じもしますね。

もう一つの理由

沢尻エリカさんの「別に事件」の理由が竹内結子さんの「ギャートルズみたいで可愛い。」と発した一言の他にも理由があったようです。

それは、売れっ子となった沢尻エチカさんの多忙さでした。

約160本の取材やテレビ出演が重なり、また映画やドラマのセリフ覚えや差し入れの準備など自分の自由な時間が殆どなかったことに、不満が溜まっていったこと。

また主演ドラマの主題歌「タイヨウのうた」で歌手としての活動も求められ、自分の望むことでないことまで仕事の幅を広げられたことも不満になっていたようです。

また、「沢尻エリカさんはこう。」みたいな決められた決められた価値観で生きていくことに耐えられなくなっていったと2013年に告白しています。

売れっ子になったことで、逆に自分の自由がなくなってしまったことで、精神的に窮地に追い込まれた状態だったようです。

自分の自由な時間がないことは、誰にとっても耐えがたいことなんですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

沢尻エリカ号泣会見の真相

沢尻エリカ別にいつ

出典:youtube.com

あまりにも印象を悪くした主演映画の舞台挨拶での「別に事件。」。

2007年10月2日に沢尻エリカさん自身の公式ホームページで本人名義での謝罪文を出しました。

さらに、スーパーモーニングでは、号泣しながらの謝罪会見の様子が流れました。

沢尻エリカさんは、「原因はある。私情を公の場に持ち込んでしまたことについて謝罪します。プロとしてあったはならないこと。」と号泣しながら謝罪をしました。

この号泣謝罪会見では、一部では共感されましたが、一部では号泣は演技では?とも言われていたようです。

沢尻エリカさんの号泣謝罪会見でインタビューした赤江珠緒さんは、後にラジオ出演された際に、沢尻エリカさんの号泣謝罪会見について語っています。

スーパーモーニングの放送では、沢尻エリカさんが突然に涙を流したみたいな感じに放送されたが、実際は違っていたようです。

実際には、舞台挨拶での「別に」発言を振り返って沢尻エリカさんは、「自分が先頭を切って作品のPRをしなければいけないのに、上手く出来ずあのような行動をとてしまったことは申し訳ない。あの時は、なぜ腹が立っていたかは話せないけど、本当に申し訳ないことをした。」

と謝罪しました。

これで沢尻エリカさんの謝罪会見は終わったと思っていたが、マネージャーが沢尻エリカさんを連れ出して30分くらい二人で何やら話し合っていたそうです。

赤江珠緒さん曰く、おそらく今の謝罪会見では不十分だというような話し合いがされていたのではないかと言うことです。

30分くらいマネージャーさんと話し合った沢尻エリカさんが戻ってきて、仕切り直しとなりました。

そして、赤江珠緒さんが改めて沢尻エリカさんに「ファンの皆様に一言ありますか?」と質問をしたところ、沢尻エリカさんは5分くらい沈黙をしていたそうです。

空気を読み取った赤江珠緒さんは、「じゃあ、これで終わりにしましょうか?」と言ったところ、沢尻エリカさんが赤江珠緒さんに「色々とお話をさせていただきましたが、私が仕事に対する反省をしているこは伝わっていますか?」と逆に聞いたそうです。

赤江珠緒さんは、「もちろん伝わっています。女優として作品に真摯に向き合っているのはよく分かります。だからこれ以上、言葉がなくてもいいと思います。」と優しい言葉で返したところ沢尻エリカさんは急に泣き出したということです。

沢尻エリカ別にいつ

赤江珠緒アナ
出典:instagram

赤江珠緒さんの優しい言葉にこらえきれずに涙を流した沢尻エリカさんだったのですが、スーパーモーニングの謝罪会見では、沢尻エリカさんが泣き出したところだけがクローズアップされたような形となってしまったと言う経緯があったようです。

この号泣謝罪会見は更に沢尻エリカさんに対して悪いイメージが加速してしまいその後、沢尻エリカさんと芸能事務所のスターダストプロモーションとの契約更新はされずに、芸能活動も一時休止となる自体となってしまったようです。

わがままな印象がすっかり焼き付いてしまった沢尻エリカさんですが、当時は精神的に崩壊寸前だったようですね。

沢尻エリカ「別に」発言の前兆

2007年9月に29日の主演映画の舞台挨拶で「別に」発言をした沢尻エリカさんですが、この「別に事件」に前から前兆があったようです。

それは、2007年9月28日に関東で放送されている中山秀征さんがMCを務める「ラジかる」に番宣のため沢尻エリカさんが出演された時のことでした。

中山秀征さんが沢尻エリカさんに「沢尻会」について質問をしたところ、急に不機嫌になってしまったのでした。

中山秀征さんはここで神対応をされ、「沢尻エリカさんは色んな番組で同じようなことを質問され正直うんざりしてしまったのでしょう。」とまるく納めました。

その時の動画がこちら。

沢尻エリカさんは2014年「シューイチ」の番組で、中山秀征と街歩きロケで当時の不機嫌になってしまったことに関して中山さんに番組内で「中山さん、その節は大変失礼しました。反省しております。」と謝罪をしています。

人前で、昔の自分を振り返り反省の言葉を真っ向から伝えることはなかなかで出来ないことですよね。

人前で過去の自分を反省するまでになった沢尻エリカさんは、本当に人として成長されたと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まとめ

沢尻エリカさんの「別に事件」にいつだった?について事件当時の様子や理由についてお伝えしました。

20代の頃の沢尻エリカさんは、半端ないほどの生意気なエリカ様でしたね。

辛かった経験が成長の糧となって、現在ではとてもきれいで優しい雰囲気も伝わってくる素敵な女優さんに変身された沢尻エリカさん。

今後ますます活躍されることと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする