佐々木麟太郎の体重は何キロ?身長や家族構成も合わせて紹介!

アスリート
スポンサーリンク

花巻東高校の佐々木麟太郎選手。

菊池雄星選手や大谷翔平選手に続く怪物と言われて注目を浴びています。

あの巨体から放たれる本塁打は素晴らしいの一言です。

見るからにスタミナがありそうな佐々木麟太郎選手ですが、体重や身長は如何ほどなのでしょうか?

この記事では佐々木麟太郎選手の体重や身長と合わせてプロフィールを紹介しています。

スポンサーリンク

佐々木麟太郎の体重と身長

佐々木麟太郎選手から放たれるダイナミックな本塁打。

佐々木麟太郎選手の体つきを見ただけで、本塁打を量産することに妙に納得してしまいます。

凄いですよね!

佐々木麟太郎選手は見るからにスタミナがありそうです。

画像
出典:ツイッター

佐々木麟太郎選手のスタイルはシュッと締まったタイプではなく、西武ライオンズのおかわり君こと中村武剛也選手のようなタイプですね。

どちらかと言えばややぽっちゃり系でしょうか。

佐々木麟太郎選手を見ているとどうしても体重は何キロなのか気になってしまうところです。

佐々木麟太郎選手の体重と身長がこちら。

●体重: 117キロ

●身長: 183センチ

佐々木麟太郎選手の体重はなんと100キロ越えなんですね。

おかわり君こと中村剛也選手は体重102キロに対して身長が175センチですから、おかわり君よりも全体的にビッグですね。

この大きな体を武器に今後も記録を塗り替えながら本塁打を放っていくことは間違いないでしょう。

また、佐々木麟太郎選手は趣味の一つに食べることと睡眠を挙げています。

食べることが好きだということですから更にパワーが蓄積されていくことと思います。

スポンサーリンク

佐々木麟太郎のwiki風プロフィール

佐々木麟太郎選手のプロフィールをwiki風に紹介します。

佐々木麟太郎(ささきりんたろう)

  • 生年月日: 2005年4月18日
  • 出身地: 岩手県北上市
  • 出身小学: 北上市立江釣子小学校
  • 出身中学: 北上市立江釣子中学校
  • 身長: 183センチ
  • 体重: 117キロ
  • 趣味: 食べること、睡眠、読書
  • 好きな野球選手: 菊池雄星選手、大谷翔平選手
  • 好きな教科: 社会

佐々木麟太郎選手の「麟太郎」と言う名前ですが、歴史上の人物の勝海舟から由来されているそうです。

勝海舟の幼い頃の名前が「麟太郎」だったことから、勝海舟の幼名にあやかって「麟太郎」と名付けたそうです。

勝海舟は日本で初めて太平洋を渡っています。

佐々木麟太郎選手の父親は地歴公民の教師でもあるので、さすがに知識が広いですね。

勝海舟に因んだ名前の麟太郎選手、何か凄いパワーを秘めているようにも思えます。

佐々木麟太郎選手の父親は、花巻東高校の野球部の監督をされている佐々木洋監督。

菊池雄星選手や大谷翔平選手を育てた監督として有名です。

佐々木洋監督自身はプロ野球選手になることを夢にしていましたが、その夢は叶わず。

プロ野球選手の夢は叶いませんでしたが、それでも野球の指導者として見事に才能を開花させています。

そんな父親の影響で佐々木麟太郎選手は物心ついたころから野球を始めています。

また父親が花巻東高の野球部の監督をしていたことで、菊池雄星選手や大谷翔平選手が甲子園に出場した際には、佐々木麟太郎選手も甲子園に応援に駆けつけています。

当時はまだ幼稚園から小学生に入ったばかりだった頃です。

その頃から佐々木麟太郎選手は花巻東高校で野球をすることを目標にしてきました。

小学生の時は江釣子スポーツ少年団でプレーし、中学生になると金ヶ崎リトルシニアのチームに所属。

金ヶ崎リトルシニアチームはあの大谷翔平選手の父親が監督を務めています。

こうしてみると佐々木麟太郎選手と大谷翔平選手は父親繋がりで、近い関係にあったんですね。

あの偉大な大谷翔平選手を間近でみることの出来た佐々木麟太郎選手にとっては恵まれすぎた環境でしたね。

身近に大谷翔平選手の存在があったことで、自分にも大谷翔平選手のような偉大な選手になることへのイメージが付きやすかったでしょうし、最初から無理だとか不可能であることなんて微塵も感じられなかったと思います。

佐々木麟太郎選手は江釣子中学校時代には生徒会長を務めるなど、野球以外でも活躍されています。

周りの生徒からも信頼される存在であったようです。

佐々木麟太郎選手は高校の進学は迷わずに花巻東高校を志願しています。

父親は敢えて全寮制のある別の高校への進学を勧めたそうですが、麟太郎選手の意志は固く自ら花巻東高校への進学を決断しています。

幼い頃から花巻東高校の野球部のチームでプレイすることが夢だった佐々木麟太郎選手。

このチームで活躍したいと、チームのために打つ気でやっていきたいと豊富を述べています。

また、父親でもある佐々木洋監督と野球をすることに関しては、グランドに立つと指揮官と親子に対する意識は全くないそうです。

花巻東高校の3年間の間に、佐々木麟太郎選手の親子はどのような試合を見せてくれるのでしょうか?

高校野球ファンにとっては楽しみでしかない3年間となりそうです。

スポンサーリンク

佐々木麟太郎の家族構成

佐々木麟太郎選手の家族構成です。

  • 父親: 洋
  • 母親: 玲香
  • 妹: 秋羽(しゅう)

佐々木麟太郎選手の家族構成は父親と母親と妹の4人家族です。

父親の佐々木洋監督は2022年で47歳です。

佐々木麟太郎選手の妹の秋羽さんは麟太郎選手よりも1歳年下とのこと。

2022年で高校一年生になるようです。

佐々木麟太郎選手の妹の秋羽さんも女の子にしながら小学2年生の時から野球をやっているんですね。

中学では兄と同じ大谷翔平選手の父親が監督を務める金ヶ崎リトルシニアに所属しています。

秋羽さんは東京オリンピックの岩手県の聖火ランナーも務めています。

将来は、みんなが笑顔になれる女子プロ野球選を目指してしるそうですよ。

本当に頼もしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

佐々木麟太郎選手の体重や身長、また家族構成などプロフィールを紹介しました。

本当に楽しみな選手の一人ですね。

佐々木麟太郎選手の活躍を応援しています!

佐々木麟太郎選手の父親の佐々木洋監督について詳細はこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました