サラスターン事件の詳細!遺体なき殺人事件の犯人は幼なじみだった?

ローラブラックストーカー事件 事件事故
スポンサーリンク

2016年アメリカニュージャージー州で19歳の少女サラ・スターンが失踪しました。

小さな田舎町で起きた失踪事件はやがて遺体なき殺人事件となり、住民を震撼させました。

サラ・スターンは何故、突然に姿を消してしまったのでしょうか?

この記事では遺体なき殺人事件のサラスターン事件の詳細と犯人についてまとめてあります。

スポンサーリンク

サラスターン事件の詳細

2016年アメリカニュージャージー州の人口5000人ほどの小さな田舎町ネプチューンシティーで19歳の少女サラ・スターンが突然に姿を消しました。

サラ・スターンは地元のピザ屋さんで働く19歳。

サラの母親は事件の3年前に癌で他界しており、サラは父親と二人暮らしでした。

サラ・スターンが失踪したことが判明したのは、深夜のネプチューンシティーの大きな橋の上に一台の車が放置されたままになっていたのです。

この車の持ち主がサラ・スターンだったのです。

警察はすぐに車の持ち主を探しだし、サラ・スターンと判明。

直ぐにサラ・スターンの自宅に向かいましたが、家は留守で誰もいませんでした。

サラ・スターンが失踪した当時、父親は恋人とフロリダに旅行に出かけていたのです。

警察から連絡を受けた父親はすぐに自宅に戻り、サラ・スターンを探しました。

街の住民も総出でサラを探しましたが川の流れも早く、サラ・スターンは発見されませんでした。

警察の取り調べで徐々にサラ・スターンの足どりが明らかになっていきます。

失踪当日の午後2時53分に銀行の防犯カメラにサラ・スターンの姿が映っていたのです。

実は、サラ・スターンは銀行の貸金庫に現金270万円を預けていたのです。

なぜ19歳の少女がこのような大金を持っていたのでしょうか?

実は、この270万円は母親がサラのためにとコツコツと貯金をしていたお金だったのです。

サラ・スターンは母親が亡くなってから、母の遺品の整理をしました。

このとき仲の良かった幼なじみの男、リアムも一緒にサラの母親の遺品整理を手伝っていました。

すると遺品の中から現金290万円の入った箱が見つかったのです。

箱の中には290万円の現金と共に一枚のメモが入っていました。

そのメモには「サラのために」と書かれてあったのです。

サラはこのお金を父親には内緒で銀行の貸金庫に預けました。

当時、サラの父親は株式投資で失敗し、度々サラにお金を工面していたと言います。

サラは父親からお金をくすねられることを懸念して、290万円のことは父親には内緒にしていたのです。

銀行の貸金庫から現金70万円を引き出したサラ・スターンの姿は車に戻り自宅に帰るまでの足取りが映っていました。

一旦自宅に戻ったサラは深夜11時45分に車で出かけたまま行方不明となってしまったのです。

サラ・スターンは何処に行ってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

サラ・スターンと父親の関係

警察はサラ・スターンの仲の良かった幼なじみの二人の男にサラ・スターンの情報を聞き出しました。

サラ・スターンの仲の良かった幼なじみの一人が、サラの母親の遺品整理を手伝ったリアム。

もう一人の幼なじみはプレストン。

警察はこの二人からサラ・スターンの情報を聞き出します。

幼なじみの二人の話によると、サラ・スターンと父親の関係は悪化していたとのこと。

サラ・スターンは父親からお金をせびられることにうんざりしており、家を出て父親と離れて暮らしたいと言っていたとも。

カナダで暮らしたいとの希望も話していたとのことから、銀行から引き出した70万円はカナダに移住するための資金として引き出したのでは?とも推測されました。

また、近所住民の話では、失踪直前にサラ・スターンから母親の遺品を預かってもらいたいとの依頼も受けていたと言います。

幼なじみのプレストンはサラと父親の確執からサラ・スターンが自殺の可能性もあるのでは?と推測。

実は、このプレストンはサラと幼なじみではあったのですが、密かにサラに恋心を抱いていたのです。

完全にプレンストンの片思いではあったようです。

サラ・スターンと父親の関係の悪化により、サラ・スターンは父親の留守中に姿を消してしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

サラスターン事件の犯人が判明

警察が捜査を進める中である一本の電話がかかってきます。

電話をかけてきたのは駆け出しの映画監督のアンソニーでした。

アンソニーは警察に「サラ・スターンを殺したのは私の友人かもしれない。」と衝撃の告白をしたのです。

その友人の名前というのが「リアム」で、サラ・スターンの仲の良かった幼なじみだったったのです。

警察はリアムの友人である映画監督のアンソニーにおとり捜査の協力を依頼しました。

アンソニーはおとり捜査に協力。

リアムにサラ失踪事件が自分が考えている映画の内容に似ているため、事件を参考にしたいので詳細をきかせて欲しいと、リアムに持ちかけます。

すると、リアムはアンソニーに真実を話し始めます。

アンソニーはリアムに近況を聞き出しました。

するとリアムは、

●警察から逃げていること

●サラ・スターンを殺したこと

●警察から何度も尋問を受けたこと

●銀行の貸金庫のお金のことを

●サラと一緒に銀行に行っていたこと

●サラと一緒にお金を数えたこと

●サラを殺したこと

リアムは淡々とアンソニーに話したのです。

リアムは、銀行から戻ってサラの自宅で一緒にお金を数えて、サラが部屋から出て行こうとしたところ首を絞めて殺したと。

しかし、計算外だったことが一つ。

サラ・スターンの愛犬が、リアムがサラを殺すのをじっと見ていたと。

アンソニーとリアムのこの会話は全て隠しカメラで撮影されていました。

これで万事休すと思われましたが、リアムは無罪を主張。

サラスターンの遺体も見つかっていないことから、リアムが犯人だという物的証拠がなかったのです。

裁判でリアムは無罪を主張し続けましたが、検察側はもう一つの重要な証拠を掴んだのです。

それがサラスターンのもう一人の幼なじみのプレストンでした。

プレストンは事件の当時にリアムからサラの遺体遺棄を手伝うように頼まれたことを証言。

プレストンの証言により、リアムは有罪判決が下されました。

リアムは終身刑が言い渡されました。

仲の良かった幼なじみ3人は、サラスターンの母親が残した大金によって、人生が狂ってしまったのです。

サラスターンの母親の「サラのために。」との思いは、悲劇となってしまったのです。

サラスターンの遺体の発見は?

このサラスターン事件は、サラの遺体は発見されずに別名「遺体なき殺人」と言われています。

その後、サラスターンの遺体は発見されたのでしょうか?

ニュースなどではサラスターンの遺体が発見されたことは報道されていないようです。

もしかすると、ニュースでは報道されていないだけで遺族の元に帰った可能性もあるかもしれません。

アメリカでは遺体が見つからない場合でも容疑者が特定されれば逮捕に至るケースがあるということです。

サラスターンのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

まとめ

アメリカを震撼させた遺体なき殺人のサラスターン事件の詳細と犯人につてまとめました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました