奥野卓志の先祖は土佐の交通王!生い立ちと経歴が凄かった!

実業家
スポンサーリンク

元ごぼうの党の代表、奥野卓志氏。

奇抜な装いが印象的で、一見すると思わず「何者?」と思ってしまいます。

そんな見た目的には奇抜な容姿の奥野卓志市ですが、実はご先祖様はとても凄い方なのです。

この記事では元ごぼうの党の代表、奥野卓志の先祖について、また生い立ちや経歴も合わせて紹介しています。

スポンサーリンク

奥野卓志の先祖

まずは奥野卓志氏のプロフィールから紹介します。

生年月日: 1974年4月8日

出身地: 高知県

育ち: 神奈川県川崎市

奥野卓志氏は、2022年で48歳です。

出身は高知県とのことですが、育ちは神奈川県川崎市で育っています。

奥野卓志氏は2022年6月に政治団体「ごぼうの党」を設立。

「日本の若者のための政治を!」をスローガンに掲げ、ごぼうの党の代表に就任しています。

しかし、2022年9月25日の超RIZINでメイウェザー選手に渡す花束を投げ捨てたことに賛否両論上がり、そのことがきっかけで奥野卓志氏はごぼうの党の代表を辞任されています。

元々は奥野卓志氏は14社以上の会社を経営する実業家です。

既に資産は100億から1000億円もあると言われているようです。

なかなかのやり手のようですが奥野卓志氏の容姿からも、只者ではない気配は十分にくみ取れる感じでしょうか。

何やら只者ではない奥野卓志氏ですが、実はとても凄い方をご先祖様にお持ちです。

奥野卓志氏の曽祖父は野村茂久馬氏で、「土佐の交通王」と言われた方です。

曽祖父ということで、奥野卓志氏のひいおじいちゃんに当たる方ですね。

野村茂久馬氏は、高知県内の観光や交通網の整備に力を注いだ実業家で、貴族議員としても活躍されて経歴をお持ちです。

高知県の海運や陸運の発展に貢献され、土佐湾岸の航路バスや鉄道などの交通事業に尽力をされてきたことで、「土佐の交通王」と言われていました。

高知県の桂浜坂本龍馬像は、野村茂久馬氏が建てたそうです。

そして、高知県高知市の丸の内緑地公園に野村茂久馬氏の銅像があります。

この野村茂久馬氏の銅像は第45第内閣総理大臣の吉田茂氏によって建てられました。

奥野卓志氏の曾祖父の野村茂久馬氏は元総理大臣で、戦後初の国葬が行われた吉田茂元総理大臣と交流があったということです。

野村茂久馬氏は吉田茂元総理大臣のスポンサーであったとのことで、かなり親しい間柄であったようです。

奥野卓志氏の曽祖父は吉田茂元総理大臣と交流のあった、土佐の交通王と言われた実業界でした。

奥野卓志氏は14以上の会社を経営するなど、実業家として成功されていますが、その背景には曽祖父の遺伝もしっかりと受け継がれているようです。

スポンサーリンク

奥野卓志の学歴と経歴

奥野卓志氏は高知県の出身ですが、早いうちから神奈川県川崎市に家族で移住しているようです。

育ちは神奈川県川崎市です。

奥野卓志氏は小学学校に時の思い出を振り返って、授業で嫌な思いをしたことを述べています。

忘れ物をしてみんなの前で怒られたり、音楽の授業で一人で歌わされたことは、音痴だったため凄く嫌であったことや、逆立ちが出来なかったことで居残りをさせられたことなどを挙げています。

それらは、20年以上たっても未だに忘れられないとのこと。

奥野卓志氏の出身小学校や中学校は不明ですが、高校は中央大学付属高等学校に進学されています。

中央大学付属高等学校の偏差値は68。

奥野卓志氏は高校進学時に他の高校も受験しており、全部合格しています。

奥野卓志氏が受験した高校が次の通り。

●慶應義塾大学高等学校

●早稲田大学高等学校

●青山学院大学高等学校

●立教池袋高等学校

上記の4校とも合格していましたが、中央大学付属高等学校に進学した理由は、仲の良い友達が中央大学付属高等学校にいたことでした。

中央大学付属高等学校に進学した奥野卓志氏は、1学期は普通に学生生活を送っていました。

しかし、2学期になるとテストを白紙で提出するようになります。

白紙で提出したテスト用紙の裏側には、白紙で提出した理由をびっしりと書いていたそうです。

この当時、奥野卓志氏は学校の教育に疑問を持つようになっていたと言います。

そのため、テストを白紙で提出。

そんな高校生活が続き、2年生には進級できずに退学となります。

中央大学付属高等学校を中退した奥野卓志氏は、偏差値が全国で下から2番目の高校に編入。

その高校が明らかにはなっていませんが、なんでも生徒が紫色の特攻服で登校したり、車で通学が出来る高校だったそうです。

先生が車を止める場所に生徒が乗り付けたセドリックが止まっているような環境の学校だったとのこと。

高校の編入を経て、奥野卓志氏は20代で起業します。

大学進学については情報はありませんので、大学は進学されていないようです。

現在は14社以上の会社を経営されているとのことで、その中の一番大きい会社が東洋ライフサービス株式会社で、化粧品や住宅設備、機会の卸などの事業を行っています。

その他に会員制の高級クラブ「銀座一徳」も経営されており、芸能人などの御用達の高級クラブとのことです。

奥野卓志氏の結婚については、過去に2回ほどの結婚歴があるようです。

その内の一回は籍は入れずに事実婚の状態であったようですが、形の上では結婚生活と同等だったということで、2回ほどの結婚歴があるとのことです。

現在は独身状態のようです。

また、子供についてはいない可能性が大きいようです。

スポンサーリンク

まとめ

元ごうぼうの党の代表、奥野卓志氏の先祖や生い立ちや経歴について紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました