緒形りょうのおねえ疑惑と学歴について!父親と母親は大物俳優と女優

俳優
スポンサーリンク

最近バラエティー番組に出演する機会も増えつつあるモデルで俳優の緒形りょうさん。

緒形りょうさんの話し方や仕草を見た瞬間に何か違和感を感じる方も多いのではないでしょか?

もしかして緒形りょうさんはおねえ?そんな疑問を抱いてしまします。

この記事ではそんな緒形りょうさんの疑問を深掘りしてみたいと思います。

スポンサーリンク

緒形りょうのプロフィール

まずは、緒形りょうさんのプロフィールから紹介から紹介します。

  • 生年月日: 2000年3月9日(2022年で22歳)
  • 出身地: 東京都
  • 職業: モデル、俳優
  • 趣味: カメラ、美容、映画鑑賞、人間観察
  • 所属事務所: ASOBI SYSTEM

緒形りょうさんは東京都出身で現在は、モデルや俳優として活躍されています。

緒形りょうさんの両親は、父親が俳優の緒形直人さん、母親が女優の仙道敦子さん。

更に祖父が緒形拳さん、お兄さんが俳優の緒形敦さんと、芸能一家に生まれています。

そんな芸能一家に誕生した緒形りょうさんですが、物心がつくころには芸能界に憧れを抱いていたそうです。

しかし、芸能界入りを目指したきっかけは家族が直接の理由ではなかったとのこと。

緒形りょうさんが芸能界入りを目指したきっかけとなったのは、小学校低学年の時に影響を受けたディズニーチャンネルだそうです。

ディズニーの「ハンナモンタナ」や「ハイスクールミュージカル」の世界に憧れて、何かエンターテイメントを届ける仕事がしたいと、芸能界を志すようになったそうです。

また、父親の緒形直人さんは仕事を一切自宅に持ち込まない主義だったため、家庭における父親の存在は朝出かけて行って夜には帰宅するという普通のサラリーマンのようだったと言います。

祖父の緒形拳さんに対しては、「恐ろし存在だった」と述べています。

並々ならぬオーラが漂っていたそうですよ。

緒形拳さんに対しての、「恐ろしいような並々ならぬ存在」と言う表現が妙にしっくりくるのも納得です。

確かに独特のオーラ全開ですよね!

スポンサーリンク

緒形りょうはおねえ?

俳優の緒形直人さんを父親に、女優の仙道敦子さんを母親に持つ緒形りょうさん。

そんな芸能一家に育った緒形りょうさんが初めてテレビ出演したのは、2021年5月放送の「行列のできる法律相談事務所」でした。

行列のできる法律相談事務所に出演した際の緒形りょうさんのインスタグラムがこちら。

緒形りょうさんが行列のできる法律相談事務所に出演した際に、見た目の雰囲気や話し方に仕草などから緒形りょうさんはおねえではないか?と話題となったようです。

緒形りょうさんの見た目的な感じからすると、ちょっと女々し感じを受けるでしょうか?

また、緒形りょうさんの話し方もどちらかと言えばお淑やかな感じとも受け取れます。

そんな観点からも緒形りょうさんがおねえなのでは?と思われるのも頷けますね。

実際にはどうなのでしょうか?

まず、緒方りょうさんは美容に気を使っている点について。

緒形りょうさんは元々ストレスやアレルギーが原因で肌荒れがひどく、皮膚科に通ううちにスキンケアに目覚めていったとのこと。

緒形りょうさんの色白な肌は、確かにとても綺麗ですね!

色白なところと、卵型の顔の輪郭は母親の仙道敦子さんにとてもよく似ているように感じます。

そんな美男系男子の緒形りょうさんは、一時は美容にかなりお金をつぎ込み両親からお叱りを受ける程に。

緒形りょうさん曰く、両親は美容にはあまり関心がないとのこと。

緒形りょうさんは肌のトラブルからスキンケアに興味を持つうちに、美容に関心を持つようになった経緯がありました。

またモデルとして活動されている緒形りょうさんは、ファッションもとても好きだそうです。

特に個性的なファッションやモード系のファッションが好みで、コムデギャルソンは大好きなブランドだそうです。

ちなみにコムデギャルソンは母親の仙道敦子さんも好きなブランドで、会話が弾むそうですよ。

緒形りょうさんのリラックスできる時間はファッションショーを見ている時だと言います。

将来的には、ローラさんや滝沢カレンさんのような色のある存在になりたいと述べています。

緒形りょうさんは、独特の色を出す為にちょっとおねえキャラを全面に出している可能性もありそうですね。

緒形りょうさんは学生時代をアメリカ留学されていた経験があります。

この時に男子学生数名と一緒に生活をされていたとのこと。

当時の様子を振り返って、緒形りょうさんは他の男子学生と一緒にシャワーを浴びることがとても嫌で、時間をずらしてシャワーを浴びていたそうです。

と言うのも、緒形りょうさんは他の男子学生の裸を見ることが耐えられなかったと言います。

また、男臭いのも苦手だったとのこと。

このようなエピソードから、緒形りょうさんは男性は苦手なようですね。

おねえの定義(男性の同性愛者)からすると、このことからも緒形りょうさんはおねえではないようです。

ただ、美容に関心があってファッション好き。

目指しているのは色のある存在ということで、個性を大切にしながら芸能活動をされていく中でこのようなキャラが成り立ってきたのかもしれませんね。

緒形りょうさんの芸能活動はまだまだスタートしたばかりですので、今後どのような姿を見せてくれるのかとても楽しみではあります。

スポンサーリンク

緒形りょうの学歴

緒形りょうさんの学歴についてです。

緒形りょうさんは、中学3年生から高校3年生までお4年間をアメリカに留学をしています。

最初の一年間はバーモント州で学び、2年目以降はロスアンゼルスのアートスクールでダンスやファッションデザインを専攻されたそうです。

緒形りょうさんは持病があり、持病の手術のために2021年に一時帰国。

手術が終わったら再度アメリカに戻るつもりでいたそうですが、そのまま日本で芸能活動をすることを決意した経緯がありました。

2021年から本格的にモデルや俳優として活動を始めています。

俳優としてはスカッとジャパンの胸キュンスカッとに出演しており、視聴者の胸キュンを鷲掴みにするなど、俳優としても注目を集めています。

緒形りょうさんは芸能界で活動するにあたり、両親からは謙虚な姿勢でいることをアドバイスされたとのこと。

小さい頃から父親の緒形直人さんからは礼儀など厳しく躾けられたそうです。

そんな両親の躾や教育をしっかり受けて育ったことで、緒形りょうさんの誰からも愛される人柄に納得です。

緒形直人さんや仙道敦子さんの人柄が伝わってきますね。

スポンサーリンク

まとめ

緒形りょうさんについて紹介しました。

芸能活動をスタートしたばかりの緒形りょうさん。

今後ますます注目を集めていくことと思います。

それはけして親の七光りではなく、自らの努力で切り開いていくことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました