成田悠輔の嫁は韓国人で映画関係の人?生い立ちは無職の父親の家庭!

実業家
スポンサーリンク

イェール大学の助教授として様々なメディアに引っ張りだこの成田悠輔氏。

全面的に天才というオーラが漂っていますが、同時に変人にも見てとれる成田悠輔氏。

プライベートでは結婚されているのか気になるところですが、成田悠輔氏は結婚されておりお嫁さんがいます。

天才肌の成田悠輔氏と結婚されたお嫁さんはどんな女性なのでしょうか?

この記事では成田悠輔氏のお嫁さんや生い立ちについて紹介しています。

スポンサーリンク

成田悠輔の嫁

イェール大学助教授でもあり、一橋大学の特任教授もされている成田悠輔氏。

その他にもZOZOや学校法人ISAKジャパンなど様々な組織の共同開発者として経営にも携わっており、メディアにも引っ張りだこで、様々な角度から注目を集めています。

自らを「天才」と謳っている通り、その天才ぶりは「凄い!」の一言に尽きます。

そんな天才肌の成田悠輔氏ですが、実は人間が苦手だと言う一面をお持ちです。

なんでも挨拶は極力しない主義だそうで、挨拶をすると人とつながらなければならないと思うことが苦痛なのだそう。

成田悠輔氏は、極度の人間恐怖症と言った一面をお持ちなのです。

人とのかかわりが面倒というよりも、純粋に人間関係に恐怖を感じているようですね。

そんな人とのつながりに恐怖を感じるという成田悠輔氏ですが、私生活では結婚されてお嫁さんもいるそうです。

人とのつながりを苦手としている成田悠輔氏が結婚しているのは、ちょっと意外な感じもしますね。

成田悠輔氏の結婚生活は案の定と言っらいいでしょうか、一般的は夫婦関係とはちょっと違うようです。

成田悠輔氏はイェール大学の助教授をされていることから、東京とニューヨークを行き来する生活を送っています。

また、成田悠輔氏はビジネスホテルに滞在することが多いようで、お嫁さんとは別居婚のような状態だそうです。

2020年に突発したコロナ禍では日本での滞在が長くなったようですが、その際に成田悠輔氏はお嫁さんとの同居について、「同居は一ヵ月くらいが限界かな?」と述べています。

成田悠輔氏の家族や人間関係に対する考え方というのが次の通り。

●基本的に人間関係に於いて、関係を深め過ぎないほうがいいと思っている

●例え家族であっても関係を深める必要性はないと思っている

成田悠輔氏は、家族も人間関係も深く関わらない方がいいとの持論をお持ちです。

家族に対しても関係を深めない方がいいとのことで、ちょっと冷めた人となりを想像させるような持論をお持ちです。

そんな、一風変わった持論を展開する成田悠輔氏の結婚したお嫁さんとは一体どんな方なのでしょか?

成田悠輔氏の結婚したお嫁さんは、映画関係者とのこと。

成田悠輔氏のお嫁さんは、2020年にアカデミー賞を受賞し話題となった韓国映画、「パラサイト」に携わったと言われています。

成田悠輔氏はパラサイトがアカデミー賞を受賞した際にツイッターに次のような投稿をされています。

このツイートから成田悠輔氏のお嫁さんが韓国映画「パラサイト」の制作に何等かの形で携わっていたことが分かります。

韓国映画に携わっていることから、成田悠輔氏のお嫁さんの韓国人説が浮上しています。

他にも、成田悠輔氏のお嫁さんが韓国人と推測される背景に、「ビザがどこうって分かりやすいという理由から籍を入れた」と周囲に話していたことも挙げられます。

成田悠輔氏の弟の成田修造さんはユーチューブで、義理のお姉さんのついて次のように述べています。

※成田悠輔氏の弟さんは、クラウドワークスの副社長です。

●義理のお姉さんは結構おもしろい人

●リベラルアーツな人(様々な分野で自由に活躍している人)

リベラルアーツな女性ということで、天才肌の成田悠輔氏にとってまさに相応しい頭のキレるバリバリの女性像が浮かんでくるようですね。

お嫁さんから見た成田悠輔氏は、「幽霊のような怖い人」とのこと。

成田悠輔氏は家を出る時や帰宅の際に「行ってきます」た「ただいま」を言わないそうです。

お嫁さんが気が付くと既に成田悠輔氏は家からいなくなったり、いつの間にか家に帰っていたりとまるで幽霊みたいな存在だと述べています。

それらも、成田悠輔氏が家族間でも関係を深める必要性がないことかも大いに関係しているのかもしれませんね。

恐らく、ごく一般的な女性からすると耐え難い部分が多いように思えますが、そんな成田悠輔氏のお嫁さんにたくましささえ感じてしまうところです。

スポンサーリンク

成田悠輔の子供

成田悠輔氏に子供はいるのでしょうか?

2023年1月現在、成田悠輔氏にはお子さんはいないとのこと。

また、成田悠輔氏にしても子供は望んでいないことが明かされています。

成田悠輔氏は子供について次のように述べています。

●子育てはしたくない

●もし、子供を持ったとしてどう子育てするのかわからない

子供を望んでいないことが伝わってきますね。

現在は、そんな持論を展開している成田悠輔氏ですが実際にお子さんが誕生したら、子煩悩な父親に豹変するかもしれませんね。

成田悠輔氏の弟の修造さんは家族について、

●結婚したら夫婦は一緒にいるもの

●子供は持つもの

お兄さんの悠輔氏とは真逆の持論をお持ちです。

スポンサーリンク

成田悠輔の生い立ち

イェール大学の助教授や一橋大学の特任教授をされている成田悠輔氏。

エリート街道まっしぐらと言った感じに見てとれますが、実は生い立ちはかなり壮絶なものでした。

成田悠輔氏のプロフィールと共に生い立ちを見ていきましょう。

生年月日: 1986年

年齢: 36歳~37歳

出身地: 東京都北区

家族構成: 父親、母親、弟

出身中学校: 麻布中学校

出身高校: 麻布高等学校

出身大学: 東京大学経済学部

      東京大学大学院経済学研究科修士課程修了

成田悠輔氏は東京都北区の出身。

年齢は2023年で37歳に。

成田悠輔氏は、東京大学経済学部を首席で卒業されています。

成田悠輔氏の父親は働かない父親だったとのこと。

パチンコやギャンブル、女性関係などとても理想的父親像とはかけ離れた人だったそうです。

働かない父親に変わって、母親が懸命に働き一家を支えたとのこと。

住まいはワンルームの狭い部屋で一家で住んでいたそうです。

そんな生活を支える母親も限界があったようで、家の中でヒステリックになったり号泣したり暴れることもあったのだとか。

それでも、息子たちの教育だけはしっかりとしたいとの思いから成田悠輔氏と弟を大学まで進学させました。

ちなみに成田悠輔氏の弟さんは慶應義塾大学にを卒業されています。

兄弟揃って大変優秀ですね!

成田悠輔氏の父親は悠輔氏が18歳の高校3年生の時に突然に失踪。

現在も行方は不明とのことで、それ以来父親とは会っていないそうです。

そして今後も父親に合うつもりもないと。

成田悠輔氏は父親に対して次のよう述べています。

●ずっとフラフラしていて働くことの出来ない人

●何をしでかすか分からない危険人物

●怪しげな哲学者

成田悠輔氏から見た父親です。

「何をしでかすか分からない危険人物」、ちょっと恐ろしいですね。

しかし、元々は成田悠輔氏の父親はベンチャー企業で働いており、上場する際に尽力されてきた実力のある人物のようです。

どこかで歯車が狂ってしまったようで、ギャンブルに溺れてしまったようです。

成田悠輔氏兄弟が秀才というのも、勿論両親からの遺伝もかなり大きいのではないでしょうか。

働かない父親に変わって一家を支えた母親ですが、無理がたたってしまたかのように父親の失踪から数年後にくも膜下出血で倒れ生死をさまよいます。

母親は一名を取り留めましたが、体の一部の障害が残ったそうです。

何としても息子たちを大学にとの思いで、一家の大黒柱となって働いた母親の存在は大きかったことでしょう。

また、息子たちの秀才ぶりを一番理解していたからこそ、息子たちの未来をないがしろに出来ないとの思いも強く抱いていたように感じます。

成田悠輔氏はと弟はそれぞれ独学で受験し大学に進学しています。

スポンサーリンク

まとめ

イェール大学の助教授としてメディアに引っ張りだこの成田悠輔氏のお嫁さんや生い立ちについて紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました