奈良市のピラミッド頭塔の場所はどこ?撮影スポットや見学方法は?

ホットな話題
スポンサーリンク

奈良市に日本のピラミッドと言われる新たな観光地が突如現れ話題となっています。

日本のピラミッドと言われているのが国史跡の「頭塔」と言わるもの。

閉館となったホテルの建物が取り壊され、視界が広がったことで突如現れ話題となっています。

日本のピラミッド「頭塔」、なんだかとても神秘的に感じてしまいますね。

この記事では日本のピラミッドと言わる「頭塔」の場所や絶好の撮影スポット、見学方法について紹介しています。

スポンサーリンク

日本のピラミッド頭塔の詳細

突如現れた日本のピラミッドと言われる「頭塔」。

頭塔は767年(神護景雲元)に奈良時代の僧、実忠によって造営されたと言われています。

頭塔は奈良時代に建てられた石の建造物となります。

767年に造営された頭塔が、なぜ今になって話題となっているのでしょうか?

実は、閉館されたホテル「ホテルウェルネス飛鳥」の建物が取り壊されたことで視界が広がり突如現れた形になりました。

今まではホテルウェルネス飛鳥の建物の影に隠れており、知る人ぞ知る秘境的存在だったようです。

頭塔は一辺が32メートルの正方形の木檀上に土や石で7段の方形段を積み上げて造られた高さ10メートルの土と石で出来た塔です。

出典:mainichi.jp

この頭塔には当時、政権力を振るい太宰府に左遷された玄昉(げんぼう)の頭が埋められたということから「頭塔」と名付けられたという由来があるようです。

しかし、後の研究調査により、実際は東大寺二月堂を開基した僧、実忠が天平期に築いた土塔(どとう)の跡ということが判明しているそうです。

頭塔の場所は、東大寺の南王門から南に約1キロ離れた住宅地の中に佇んでいます。

2021年の安つにホテルウェルネス飛鳥が取り壊されたことで、道路からもハッキリと見えるようになったことから注目を集めるようになりました。

頭塔に鹿が登っていることも稀にあるそうですよ。

また異国感たっぷりで、日本ではないような錯覚さえ覚えるような神秘的で癒されるパワースポットのような場所だとも話題となっているようです。

今後ますます注目が集まりそうですね。

日本のピラミッドとして有名な観光地となりそうです。

スポンサーリンク

頭塔の場所とおススメの撮影スポット

日本のピラミッド頭塔の場所と絶好の撮影スポットです。

  • 頭塔
  • 住所: 奈良県奈良市高畑町921
  • 連絡先: 0742-26-8301

日本のピラミッドとして史跡ファンの間でも注目されている頭塔。

間近から見ても迫力があるとのことですが、頭塔の三角形の全体像が見られる撮影場所としておススメの場所があります。

頭塔の絶好の撮影スポットのおススメの場所は、県道80号線沿いの奈良交通バス「破石町バス停」付近です。

インスタ映えする画像を撮りたい方は要チェックです。

スポンサーリンク

頭塔の見学方法

ホテルウェルネス飛鳥が取り壊されて注目されている頭塔。

頭塔は春と気に奈良県が特別公開を実施しているようです。

春と秋以外でも頭塔の見学は可能ですが、事前予約が必要となります。

頭塔を見学希望の際は、前日までに現地管理人である「史跡頭塔保存顕彰会」に連絡をします。

頭塔の鍵を管理されているのは、頭塔近くの表具やさんが管理されているとのこと。

●TEL: 0742-26-3171

事前に予約をして協力金300円を支払えば見学可能となります。

見学時間はAM9:00~PM5:00の間となっています。

頭塔にば28基の石仏が彫られており、見ごたえもあるようです。

一見の価値は十分にありそうですね。

頭塔に関しての詳しい観光情報はこちらでもご覧になれます。

日本のピラミッド頭塔

まとめ

奈良県奈良市に存在する日本のピラミッドと言われる「頭塔」について場所や絶好の撮影スポットと見学方法を紹介しました。

奈良県の新しい観光名所として今後観光地としてますます注目を浴びていくことと思います。

是非、日本のピラミッド頭塔に足を運んでみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました