室井佑月の旦那の経歴がハンパない!出会って3ヵ月のコロナ婚?

作家
スポンサーリンク

毒舌コメンテーターとして情報番組などで活躍中の室井佑月さん。

小説家でもありタレントでもあり独特な生き方をされてきた印象が強いですね。

そんな室井佑月さんは2021年に結婚されて話題となりました。

この記事では室井佑月さんの結婚した夫について紹介しています。

スポンサーリンク

室井佑月の夫について

室井佑月さんは2021年5月10日に結婚されました。

室井佑月さんにとっては二度目の結婚です。

室井佑月さんと結婚されたのは米山隆一氏。

米山隆一氏は元新潟県知事であり、現在は衆議院議員の政治家です。

米山隆一 公式サイト | いま 変える 明日が変わる!
出典:米山隆一事務所

室井佑月さんの夫の米山隆一氏の経歴や学歴がとんでもなく凄いと話題となっていますので、そのあたりも詳しく紹介していきます。

それでは室井佑月さんの夫の米山隆一氏のプロフィールからご覧ください。

  • 生年月日: 1967年9月8日
  • 出身地: 新潟県魚沼市
  • 出身中学: 新潟大学教育学部付属中学校
  • 出身高校: 灘高校
  • 出身大学: 東京大学医学部医学学科卒業

米山隆一氏は新潟県魚沼市の出身で2022年で55歳となります。

米山隆一氏の学歴を見ただけでもハンパないですね。

高校は全国でもトップの灘高校です。

偏差値79。

灘高校から東京大学医学部医学学科に進学。

1992年5月に医師免許を取得されています。

2003年には東京大学で医学博士を取得。

米山隆一氏の挑戦は医学部だけに留まらず、司法の分野にも進出。

1997年に司法試験に合格されています。

司法試験に挑戦したのは東京大学の寮が同じだった法学部の学生がとても威張っていたことに、ムカついたことが動機になったそうです。

そんなところが政治家に向いている性格なのかもしれませんね。

米山隆一氏は2016年に行われた新潟県知事選挙で見事に当選し、2016年10月26日に正式に新潟県知事に就任されました。

2019年7月10日に次期衆議院議員選挙に新潟5区からの出馬を表明。

2021年代49回衆議院議員選挙で見事に当選。

政治家として活躍されています。

室井佑月さんと出会ったのは2020年10月のことでした次期衆議院選挙に出馬することが決まってからの出会いだったようですね。

とにかく室井佑月さんの夫の米山隆一氏は凄い学歴をお持ちの方でした。

スポンサーリンク

室井佑月の馴れ初め

室井佑月さんと米山隆一氏が出会ったのは2020年10月のこと。

きっかけは、室井佑月さんが政治経済評論家の古賀茂明氏の勉強会に参加したことでした。

以前より古賀茂明氏は、室井佑月さんの子供や女性が困っていることの為に考えるチャリティーイベントに参加していたそうです。

そこに今度は古賀茂明氏が勉強会を開催するとのことで室井佑月さんにお誘いがかかりました。

室井佑月さんは古賀茂明氏が自分のイベントに協力してくれていたので、断ることも悪いと思い参加します。

その勉強会で運命の出会いをするんですね。

室井佑月さんと米山隆一氏は対面はこの時が初めてでしたが、お互いの活動で少し繋がりはあったようです。

米山隆一氏が新潟県知事に当選された際には、好意的なコラムを執筆されていた室井佑月さん。

ツイッターでもコメントのやりとりは交わしていたそうです。

室井井佑月さんは2019年夏に乳がんを患われており気弱になっていたことと、コロナ禍に於いてこの先一人で生きて行くことに不安を抱えていた時の出会いだったようです。

ただ、息子さんが二十歳になるまでは自分の恋愛は解禁はしないでおこうと以前より考えていたとのこと。

そんな気持ちも米山隆一氏と出会ったことで緩んだようです。

ただ結婚を前提で付き合って欲しいと言われた時に、息子さんは丁度大学受験の時期でもあったため、結婚は受験が終わってからと伝えたそうです。

いざ息子さんが受験が終わってみると結果は不合格。

そこで、室井佑月さんは次のように息子さんに伝えたと言います。

「あなたは受験に落ちました。母は恋に落ちました。母は結婚するのであなたは勉強を頑張って下さい。」

と伝えたそうです。

さすが作家ですね!

そんな経緯から室井佑月さんと米山隆一氏は2021年5月10日に結婚されました。

室井佑月さんにとっては二度目の結婚。

米山隆一氏は初婚だったそうです。

室井佑月さんにしては子連れでの再婚になりますが、その件に関しては息子さんに米山隆一氏のことを父親だと思わなくていいと伝えてあるそうです。

そして米山隆一氏にも息子のことを息子と思わなくていいと伝えたとのこと。

なんか大人っぽい考え方でいいですね。

また米山隆一氏は室井さんの再婚については、人生100年時代あと50年一緒にいられると前向きです。

再婚の考えは全く持っていなかった室井佑月さんですが、コロナ禍によって考え方も変わったところでの出会い結婚ということで、コロナ婚と話題となっています。

大人同士の大人の考え方の素敵な結婚でしたね。

スポンサーリンク

室井佑月のプロフィール

最後に室井佑月さんのプロフィールを紹介します。

室井佑月(むろい ゆづき)

  • 本名: 渡辺由子(わたなべ よしこ)
  • 生年月日: 1970年2月27日(2022年で52歳)
  • 出身地: 青森県八戸市
  • 出身高校: 栃木県立石橋高等学校
  • 職業: 小説家、随筆家、タレント

室井佑月さんはウィキペディアでは本名が非公開となっていますが、渡辺由子との情報がありました。

室井佑月さんは青森県八戸市で生まれていますが、実は父親と愛人の間に生まれています。

そのため母子家庭で育ち、青春時代は栃木県で暮らしています。

なんでも父親は製薬会社のMRだったそうです。

製薬会社のMRってなんでしょう?

MRとはメディカル・リプレゼンタティブの略で、日本語にすると「医薬情報担当者」だそうです。

MRは自社の医療用医薬品にかかわる情報を、病院や診療所の医師や薬剤師などの医療関係者に幅広くお知らせしたりすることが主な仕事だそうです。

製薬会社勤務ということですのでエリートのようですね。

母親は元ホステスだったそうです。

この時点で室井佑月さんの生い立ちの壮絶さが伝わってきます。

室井佑月さんは現在は小説家としてそしてタレントとして成功されていますが、そこに至るまでには様々な経験を積んでいる方なんですね。

栃木時代はミス栃木、ミス公園通り、モデル、レースクイーン、女優、銀座のホステスなどなど。

これらの生きた経験があったからこそ、室井佑月さんは小説が書けているんだと思います。

本当に生きた経験とはこの事をいうのでしょうか。

1999年には不倫から作家の高橋源一郎氏と入籍。

高橋源一郎氏は室井さんよりも19歳も年上だったそうです。

翌年2000年に息子さんが誕生するも、2001年には離婚に至っています。

このように色々な体験をされてきた室井佑月さんなのでした。

政治的にも様々なご意見を堂々と述べている室井佑月さんの学歴が高卒だったのはちょっと意外でした。

背景には母子家庭の環境が影響されていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

室井佑月さんの夫について紹介しました。

大人同士の素敵な結婚感をお持ちでしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました