室井滋の夫はどんな人?略奪婚の真相と内縁関係は生い立ちに関係あり?

話題の人
スポンサーリンク

エッセイストで女優の室井滋さん。

室井滋さんの高い演技力は、主演ではない作品でも十分に存在感を与えてくれるのはさすがベテランの域に達しているなと感じます。

そんな室井滋さんは独身のイメージが強くありますが、実は夫がいるようです。

しかし、室井滋さんには夫はいるのですが正式に入籍はされていないそう。

つまり、内縁の夫という関係。

なぜ室井滋さんは夫との関係を内縁関係のままにしているのか、また室井滋さんの夫はどんな人なのかをまとめてみました。

室井滋さんらしい生き方を少しでもお伝えできたらと思います。

スポンサーリンク

室井滋の夫

紙, ページ, リング, ロマンチック, 愛, バレンタイン, 中心部, 本

室井滋さんの夫は映画監督の長谷川和彦さん。

広島県賀茂郡西高町(現・東広島市)出身で1946年1月5日生まれ。

2020年の誕生日を迎えて74歳となっています。

室井滋さんは2020年で62歳となりますので、年齢差は12歳。

長谷川和彦さんの画像がこちら👇

長谷川和彦監督、弟子・斎藤久志監督は「俺には撮れない映画を撮る ...
引用元:livedoor news

ちょっと強面風な感じの方でしょうか。

威厳のある雰囲気がたっぷりと伝わってきますね。

そんな外見からも汲み取れるように、長谷川和彦さんの経歴をみるとなかなかのヤンチャ振りが垣間見えてきます。

長谷川和彦さんの母親は教師をしていたそうで、その遺伝をしっかりと受け継いでおられたようで、大学は東京大学文学部に進学されています。

高校時代はジャズに熱中し、テナーサックスを吹いてバンドも組んでミュージシャンを目指していた時期もあったようです。

東京大学に在籍中に映画監督を目指し始めますが、卒論目前に中退。

本格的に映画の世界に入ることを決断されてたそう。

映画の世界に入ってからは、助監督を経て監督になってからも決して順風漫歩という訳にはいかなかったようです。

9割撮り終えた作品に頓挫したり、共産主義者扱いを受けて撮影所を追い出された経験もあるようです。

そしな長谷川和彦さんが世に送り出した映画の作品は2作のみだというのですから、ちょっと意外な感じですね。

その2作品というのが、「青春の殺人者」と「太陽を盗んだ男」で、日本映画史上歴代ベスト10に選ばれる20世紀を代表する日本映画がと言われました。

そんな日本を代表する2作品を作りだした長谷川和彦さんは、日本のスティーブン・スピルバーグと称賛されました。

長谷川和彦さんの私生活においては、かなりの破天荒な性格が見えてくるようです。

俳優の竜雷太さんや安岡力也さんとの取っ組み合いのケンカ、スナックで飲んで暴れて駆け付けた警察官を殴るなど、喧嘩っ早い性格のようです。

しかし「自分は気が小さく末っ子の甘えん坊」と表現されており、自分より弱い立場の人には決して手を出さなかったと言ってます。

長谷川和彦さんは、警察沙汰とお酒と女性問題がチラついているように思えてしまいますが、長谷川和彦さんをよく知る人からは実は見かけとは裏腹に、ジェントルマンで他人に気を使うなかなかの人格者と言われているようです。

スポンサーリンク

室井滋は略奪婚だった?

メガネ, スパーク リング ワイン, 歓声, 太陽が設定, 夜, サモア

強面のインパクトが強い長谷川和彦さんと、見た目がほんわかした癒し系の室井滋さんのカップルは、ちょっと不釣り合いにも見えてしまいそうです。

室井滋さんと長谷川和彦さんの馴れ初めは、雑誌「ぴあ」が主宰した審査委員会だったそうです。

長谷川和彦さんは、この時の室井滋さんの印象を「元気のいいお嬢さん」と語っています。

一部では長谷川和彦さんのほうが室井滋さんに猛アタックしたといわれていますが、逆に室井滋さんが長谷川さんに強く惹かれ、室井さんの方からアプローチをしていったとも言われています。

実際の真相はお二人の中にしかわかりませんが、いずれにしてもお互いが強く惹かれあったという事実、二人の波長が重なり合って辿り着いた末のこと。

実は、室井滋さんと長谷川和彦さんが出会った当時は長谷川さんには妻と娘二人がいました。

室井滋さんと長谷川和彦さんの熱愛が発覚した当時は、室井滋さんの「不倫略奪愛」と話題となりました。

長谷川和彦さんが元妻と結婚をされたのは、24歳の頃で元妻との結婚生活は20年ほど続いたようです。

そして、長谷川和彦さんと室井滋さんが出会った頃は、長谷川和彦さんは元妻と離れて一人で暮らしていた時期だったと女性自身が綴っています。

つまり、室井滋さんと長谷川和彦さんが出会った頃には、すでに夫婦生活が破綻していたということのようです。

室井滋さんの一方的な略奪婚ということではなさそうです。

長谷川和彦さんが、20年近くの結婚生活にピリオドを打とうとしたときに、二人の娘さんも成人を迎えることで「家族を一度解散して、それぞれ好きなことをやっていこう。」と1992年に円満に正式に離婚をされました。

そして、二人の娘さんにも「オヤジとして好きなことをやって生きていきたい。」と伝え、娘さんたちも快く了承してくれたそうです。

そんな長谷川和彦さんですが、実は室井滋さんと一緒になる前に女性問題が発覚しています。

歌手の沖山秀子さんとの噂や、1980年頃にプロ野球選手の田淵幸一さんの元妻の谷口博子さんとのW不倫も当時話題に上がったようです。

現在は、室井滋さんと正式に籍は入れずに内縁の夫婦として穏やかに暮らしているということですが、室井滋さんからすると長谷川和彦さんは夫というよりも父親に近い存在だとインタビューで語っています。

30年も内縁の夫婦関係を続けている室井滋さん、なぜ正式に籍を入れなのでしょうか?

スポンサーリンク

室井滋が内縁の関係を続ける理由は?

ヒトデ, 砂, ビーチ, 青い空, 青色の水, ウェディング バンド, 結婚

室井滋さんが長谷川和彦さんと内縁関係を続けている理由には、室井滋さんの生い立ちが関係してくるように思われます。

ここで、室井滋さんの生い立ちを見ていきたいと思います。

室井滋さんは、富山県滑川市の出身。

10代続く造り酒屋名家に一人っ子として生まれていますが、室井滋さんが小学校高学年の頃に両親が離婚。

室井滋さんは両親の離婚の際には、苗字が変わることを嫌がり父親と暮らすことを選択したそうです。

室井滋さんが高校生になるまで父親と祖父母との3人暮らしだったそうですよ。

父親は高校の英語の教師をしながら小説家の一面も持っていたようですので、室井滋さんがエッセイストとして活躍されているのも納得です。

そんな室井滋さんの父親は48歳の時に脳溢血で亡くなられています。

一人っ子だった室井滋さんは父親を亡くしたことで、「室井」の姓を継ぐことを強く意識し始めていたようで、結婚で生が変わることをとても嫌がっていたそうです。

両親の離婚の際にも姓が変わることを嫌がって父親についたくらいですからね。

そんな経緯があって、室井滋さんは長谷川和彦さんとは籍を入れずに「室井」の姓のいままで内縁関係を貫いているようですね。

現在、室井滋さんと長谷川和彦さんの間にお子さんはいらっしゃらないようです。

様々な夫婦関係があるなかで、室井滋さんらしい生き方が伝わってくるようです。

室井滋の学歴

最後に室井滋さんのプロフィールと共に学歴をまとめました。

  • 生年月日 1958年10月22日(2020年で62歳)
  • 出身地 富山県滑川市
  • 出身高校 富山県立魚津高等学校
  • 出身大学 早稲田大学社会学部中退
  • 身長 160センチ
  • 血液型 O型

室井滋さんは早稲田大学社会学部に進学してからシネマ研究会に在籍しており、この頃から演技力が高く評価され、多くの映画に出演されています。

結局早稲田大学に7年間通うも中退。

その後はドラマに100本以上、映画は50本以上に出演、舞台やナレーション、声優、人形劇、そしてエッセイストとして幅広く活躍されています。

また酒豪としてもしられており、日本酒造組合さんより「日本酒大賞奨励賞」を贈られています。

癒し系の雰囲気の中に酒豪という男勝りの一面を持った部分が、まさに室井滋さんの魅力でもありますね。

スポンサーリンク

まとめ

室井滋さんの夫についてどんな人なのか。

また内縁関係を続けている理由をまとめました。

これからもたくさんの高い演技力や、面白い文章を期待しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました