村田涼太の嫁は京大出身?出しゃばり説と画像や子供からイクメンパパの評判!

スポーツ
スポンサーリンク

ボクシングの村田涼太選手、本当にカッコいいですよね!

村田涼太選手は2012年のロンドンオリンピックのボクシングで、日本人として48年ぶりに金メダルを獲得されました。

村田涼太選手は、そんな偉業を成し遂げたにもかかわらず、謙虚な人柄が更にファンの心を惹きつける要因なのかなとも思ったりもします。

そんな村田涼太選手ですが、お嫁さんがどんな方なのか気になりますね。

今回は、村田涼太選手のお嫁さんはどんな人なのかに迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

村田涼太選手の嫁はどんな人?

村田涼太選手のお嫁さんは、4歳年上の一般人の佳子さん。

村田涼太選手と佳子さんは2010年5月に結婚をされています。

ネット上では、村田涼太選手のお嫁さんが京都大学出身との噂も浮上しているようですが、これに信憑性は殆ど乏しく、佳子さんの出身地が京都であったことと、勤務が東洋大学であったことからただ単に京都大学の出身ではないか?との噂が浮上したようですね。

村田涼太選手と結婚するまでは東洋大学に勤務していたということで、東洋大学ではどのようなポジションにいたのかは不明ですが、東洋大学に勤務されていたということで、優秀な女性であることが伺えますね。

また、村田涼太選手も東洋大学の、職員として働いており、職場の飲み会がきっかけで交際に発展していったそうです。

2012年のロンドンオリンピックで村田涼太選手が金メダルを獲得された際には、村田選手は次のようにコメントをしています。

嫁の支えがあったからこそ取れた。

嫁にはとても感謝している。

と語っています。

村田選手のお嫁さんの佳子さんは村田選手よりも4歳年上ですから、色々と面倒見もとても良いのでしょうね。

母性本能とでも言うのでしょうか?

母親のように、食事面から普段の生活までサポートをされていたことと思います。

ただ、村田涼太選手が金メダルを獲得してからと言うのも、佳子さんはやたらとメディアに登場するようになり、これがファンから批判の対象となてしまったようです。

佳子さんは次第に「出しゃばり」と言われるように。

でも、佳子さんからしたら、自分の支えた夫がオリンピックで金メダルを獲得するという素晴らしい成績に嬉しさで一杯だったでしょうし、何より自分が夫を支えたからという自負みたいなものもあったでしょうし、そしてとてもカッコいい夫を日本中、世界中の人に自慢したい気持ちも十分理解できます。

しかし、ファンはそのような部分を敏感に感じとってしまうもの。

村田涼太選手のような素敵な人を旦那さんに持っているだけで、嫉妬の嵐です。

ここは、影ながら支えるスタンスで行けば、更に嫁の評判が上がったことは確かです。

あくまでも主役は金メダルをとった村田涼太選手です。

ファンは村田涼太選手の健闘に酔いしれたいのであり、お嫁さんの支えがあったことは百も承知していますので、敢えて表に出ない方が好感が持てたのでしょう。

佳子さんがメディアに度々出演されたことに関しては村田涼太選手から佳子さんに「テレビに出過ぎ」と注意をされたそうです。

その後はメディアから姿を消したようですね。

スポンサーリンク

村田涼太選手の嫁の画像は?

村田涼太選手のお嫁さんは、壇蜜に似ていると評判です。

確かに黒髪に大きな瞳が壇蜜に似ていますね。

 

「村田諒太嫁」の画像検索結果

出典:dedai-wakare-tokyo

「村田諒太嫁」の画像検索結果

stance.123.com

 

村田涼太選手のお嫁さんは、目鼻立ちの整った大和なでしこという言葉がぴったりの美人さんですね。

 

 

村田涼太選手の子供は何人?

村田涼太選手のお子さんは二人いらっしゃるようです。

2011年に長男の晴道くん。

2014年には長女の佳織ちゃんが誕生しています。

2019年で8歳と5歳に成長されていますね。

村田涼太選手の趣味は、子育てと言いきっています。

2013年にはイクメンオブザイヤーで、イクメンスポーツ部門で受賞するほど子煩悩で有名です。

村田涼太選手が子煩悩で家庭を大切にしていることは、ご自身の子供時代の苦い経験があるからのようです。

村田涼太選手のご両親は共に公務員でしたが、村田選手が小学6年生の時に離婚をされています。

しかし、両親の離婚後も別居はせずに、同居したままの生活がしばらく続いたようですが、この時の様子を村田選手は振り返って次のように述べています。

崩壊した家庭環境が辛くて嫌でたまらなかった。

この村田選手の一言ですが、何か考えさせられるものが込められていますね。

それは、「子供は何も悪くない。」と言うこと。

親の勝手な都合で、子供に不快感、辛さ、不幸を与えてしまうという罪。

親として子育てをしていく上で、愛情を持って育てるというのは最低限の親としての責任かなとも思います。

最終的に村田選手3兄弟は父親に引き取られましたが、その生活振りはすさんだものだったようです。

そのような経験があるから、子供には悲しい思いをさせたくないという思いが強く、家庭を大切にされているようですね。

趣味が、子育てと言い切れる村田選手は、本当に父親としてカッコいいですね。

そんな人柄にますますファンになってしまいそうです。

 

 

 

View this post on Instagram

お正月の思い出

A post shared by Ryota Murata 村田諒太 (@ryota_murata_official) on

スポンサーリンク

村田涼太選手のwiki風プロフィール

では、最後に村田涼太選手のプロフィールをwiki風にまとめてみました。

生年月日:1986年1月12日(2019年で33歳)

出身地:奈良県奈良市

身長:183センチ

出身校:奈良市立伏見中学校

    南京都高等学校

    東洋大学経営学部卒業

村田涼太選手は5歳の時に水泳を習っており、中学校では陸上部に所属、1500メートル走では奈良県で4位という成績を残しています。

しかし、中学校生活では村田涼太選手は荒れていたようです。

家庭環境が悪影響を及ぼしたためか、金髪で投稿した際に担任の先生から「お前は何かやりたいことはないのか?」と聞かれた際に、「ボクシングやったら、やるは。」と言い、そこからボクシングを始めるきっかけとなったのです。

担任の一言に村田選手は救われたのでした。

高校に入ってからは、総体、選抜、国体の3冠を達成、大学でも全日本で優勝。

そしてロンドンオリンピックで見事に金メダルを獲得するまでに至りました。

金髪でちょっとグレていた少年が担任の一言によって、日本を代表する選手にまで成長した村田涼太選手。

家庭環境は悲しいものだったかもしれませんが、だからこそ余計に村田涼太選手が歩んできた道のりが素敵に感じられますね。

現在は、素敵な奥さんと可愛いお子さんにも恵まれ、本当に良かったですね。

スポンサーリンク

まとめ

村田涼太選手の奥さんについて、画像や「出しゃばり」と言われる理由について、またお子さんについてまとめました。

これからもボクシングファンに熱い戦いを披露して欲しと思います。

また、どうぞご家庭を大切に、今後の活躍を期待しております。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました