村瀬心椛の両親と家族構成は?高校の制服姿が可愛いと話題に!

アスリート
スポンサーリンク

スノーボード女子の日本代表、村瀬心椛選手。

村瀬心椛選手は現役高校生でありながらスノーボーダーとして活躍されています。

そんな村瀬心椛選手を育てた両親はどんな方なのでしょうか?

この記事では村瀬心椛選手の両親や家族構成について紹介しています。

スポンサーリンク

村瀬心椛の家族構成

村瀬心椛選手のプロフィールから紹介します。

  • 生年月日: 2004年11月7日
  • 出身地: 岐阜県
  • 身長: 153センチ
  • 体重: 42キロ
  • 所属: ムラサキスポーツ

村瀬心椛選手は岐阜県の出身で2021年1月現在17歳の高校2年生です。

村瀬心椛選手の名前の読み方ですが、「ここも」と読みます。

ちょっと難しい名前ですね。

平昌オリンピックは年齢制限で出場は叶いませんでしたが、13歳で出場した世界最高峰の大会と言われるスノーボードコンテストでもあるXゲームで優勝。

史上最年少の優勝で歴史を塗り替える存在として日本にみならず世界中から注目されて続けている存在です。

小学5年生の時にプロ宣言をされており、ムラサキスポーツの所属となっています。

それでは村瀬心椛選手の家族構成です。

●父親: 村瀬功一

●母親: 村瀬梨沙

●妹: 村瀬由徠(ゆら)

村瀬心椛選手は両親と妹の4人家族です。

妹の由徠(ゆら)さんは心椛選手よりも2歳年下ですが同じスノーボーダーとして活躍されています。

心椛選手はスノーボード好きだった両親の姿を見て4歳の時にスノーボードを始めています。

妹の由徠(ゆら)さんも4歳でスノーボードを始めているんですね。

村瀬心椛選手の父親は村瀬功一さん。

独身時代からスノーボードにハマっていたようですが、結婚して子供が生まれるとなかなかゲレンデに行ける機会も少なくなっていったと言います。

心椛選手と由徠選手が誕生してから、スノーボードを一緒に楽しめたらいいなと、娘たちの成長と共に少しづつゲレンデに連れて行くようになったそう。

村瀬心椛選手は最初の頃はソリで遊んでいたそうですが、父親がスノーボードを滑るのを見てカッコイイなと思い挑戦するようになったそうです。

村瀬心椛選手の父親は週末やナイターが営業している日は平日でも練習に付き合いながら娘たちを支えてきました。

また娘たちの為にユーチューブチャンネルも開設するなど献身的に支えていことが伺えます。

村瀬心椛選手の父親の職業は明らかには分かりませんが、インスタグラムは英語で投稿されています。

英語が堪能であることを考えると、エリートである可能性も高そうですね。

こちらの画像から伝わってくる村瀬心椛選手の父親の印象はかなり個性的な感じでしょうか。

お母さんも若い!

村瀬心椛選手の母親は梨沙さん。

村瀬心椛選手の母親もスノーボードをたしなむそうで、アクティブなタイプの女性のようです。

また食事管理なども徹底して管理しているようで、良妻賢母であることが伝わってきます。

スポンサーリンク

村瀬心椛選手の高校は?

村瀬心椛選手は2022年1月現在高校2年生です。

村瀬心椛選手の高校やこれまでの学歴をまとめてみました。

  • 岐阜県岐阜市立合渡小学校
  • 岐阜県岐阜市立西中学校
  • 岐阜第一高等学校スポーツコース

村瀬心椛選手が通われている高校は私立の岐阜第一高等学校のスポーツコースです。

偏差値は38~57。

過去には甲子園出場経験もあり、プロ野球選手も輩出されています。

現在はモンゴルからの留学生を積極的に取り入れている柔道部が盛んとなっているようです。

スポンサーリンク

まとめ

村瀬心椛選手の両親と家族構成と高校について紹介しました。

今後の村瀬心椛選手の活躍を期待しております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました