宮野真守の声優歴はいつから?出演作品や演じたキャラクターは?

宮野真守声優いつ

宮野真守さんと言えば声優だけでなく俳優や歌手活動にダンスと幅広く活躍されていますね。

そこにきてイケメンであることから女性から絶大な人気を誇っています。

声優さんと言えばあまり表舞台には顔を出すことがなくどちらかと言えば裏方のイメージがありますが、宮野真守さんのように俳優から歌手活動までこなす声優さんって珍しい感じがします。

そんな宮野真守さんの声優歴はいつからだったのでしょうか?

今回は宮野真守さんの声優歴や過去の出演作品やどんなキャラクターを演じてきたのかを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

宮野真守プロフィール

宮野真守声優いつ

出典:instagram

宮野真守さんの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

本名:宮野真守(みやの まもる)

生年月日:1983年6月8日

出身地:埼玉県さいたま市(旧大宮市)

血液型:B型

身長:182センチ

体重:70㎏

所属事務所:劇団ひまわり

配偶者:あり

職業は声優、俳優、歌手、ナレーター

俳優や歌手もこなす宮野真守さん、そこにきてイケメンときてますから何をしても様になりますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

宮野真守声優の経歴は?

宮野真守声優いつ

出典:instagram

宮野真守さんが芸能界にデビューしたのは小学生の時で、劇団ひまわりに入団しました。

小学1年生の時に西友の「西友大市」のCMに出演されていたようですよ。

小学1年生からCMに出演されているということですから、2019年5月現在35歳の宮野真守さんの芸能界歴はおおよそ30年になるんですね。

そして宮野真守さんは、小中高と劇団ひまわりに通いながらサッカーもされていたようです。

1995年の12歳の時に3年B組金八先生の第4作シリーズに俳優で出演されています。

その後、「ニュースの女」や「盲導犬イーグルの一生」のドラマに出演されています。

最初は俳優としての活動だったようですが、高校生の時にNHK教育テレビの海外ドラマ「私はケイトリン」の吹き替えで声優デビューを果たされたようです。

この海外ドラマ「私はケイトリン」では、自らオーディションを受けての声優デビューだったそうです。

「私はケイトリン」で声優デビューした時に、宮野真守さんは高校3年生で2001年の時でした。

ちなみに、宮野真守さんの通った高校は、埼玉県立和光国際高校で当時は本屋でアルバイトをしながら、劇団ひまわりの全日制クラスで演技を学んでいたとうのうですから、宮野真守さんが努力家だということが分かりますね。

今では宮野真守さんは人気者ですが、一見すると声優界の貴公子が突如現れたように見えてしまいますが、アルバイトをしながら劇団ひまわりの全日制に通って演技力を学んだという地道な努力があってこその宮野真守さんなんですね。

ということで宮野真守さんの声優としてのデビューは、高校3年生の時でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

宮野真守の出演作品やキャラは?

俳優を経験してから声優デビューを果たした宮野真守さんの主な代表作品や演じたキャラクターを見ていきましょう。

2001年に海外ドラマ「私はケイトリン」で声優としてでデビューした宮野真守さん。

2002年にはアニメでの声優デビューを飾りました。

アニメの声優デビューとなった作品は、「真・女神転生bチルドレンライト&ダーク」で主要キャラのアキラの声を担当しました。

宮野真守声優いつ

出典:livedore.blog

アニメデビュー作がいきなり主要キャラの声の担当というのも凄いことですね。

声優としての素質が十分あったのでしょうね。

それにしても宮野真守さんの何をしても何でも出来てしまう才能が素晴らし過ぎますね。

翌年2002年にプレイステーション2用のゲーム「キングダムハーツ」で主要のキャラクター「リク」の声を担当しています。

宮野真守声優いつ

出典:ニコニコ大百科

この「キングダムハーツ」は宮野真守さんが有名になるきっかけの作品になったようです。

また「キングダムハーツ」は、ディズニーとスクエアエスニックの共演によって作り出された作品で、次々とシリーズ化されており10作品以上の大作となっており、日本だけでなく海外でも非常に人気のゲームとなっているようです。

ゲームの作品を作るのにも、声優という職業は不可欠なんですね。

2006年には「DEATH NOTE」のアニメ版で主人公の「夜神月」(ヤガミ ライト)の声を担当しています。

この「DEATH NOTE」で宮野真守さんは一気にブレイクしました。

「DEATH NOTE」で夜神月の声を担当した宮野真守差は、この作品で声優アワード主演男優賞、また第7回東京アニメワード個人賞(アニメ部門)を獲得されています。

宮野真守声優いつ

出典:instagram

2001年に声優デビューを果たした宮野真守さんは、2000年後半から一気に声優の仕事が増えていったようです。

2007年には、「機動戦士ガンダム00」で主人公の刹那・F・セイエイを演じており、「俺がガンダムだ!」のセリフは有名になりました。

この「機動戦士ガンダム00」のオーディションでは、オーディションに来ていた声優の中で一番「いかにもガンダムの主人公」という匂いが強くなく、刹那役に求めていた孤独な感じをごく自然に演じたのが宮野真守さんで、刹那役に抜擢されたそうです。

オーディション本番で力まずに自然体で演技に臨めるもの一つの才能かもしれませんね。

宮野真守声優いつ

出典:ニコニコ大百科

声優として活動を始めたのは2001年からですが、現在まで出演した作品は数えきれないほどたくさんありますが、半分以上は主要キャラクターの声を担当していると言っても過言ではない程です。

特に2000年後半から直近までは主要キャラクターの声を担当しています。

本当に素晴らしい程の人気ぶりですね。

宮野真守俳優としての作品

宮野真守声優いつ

出典:cinema.cafe.net

声優だけでなく俳優としても数多くの作品に出演されている宮野真守さん。

主な出演作品はミュージカル「テニスの王子様」や2010年の夏に公開された映画「Wonderful World」では主演を務められています。

また最近では2019年に放送された本田翼さん主演の「ゆうではお楽しみでしたね」に大仁田役で出演されています。

宮野真守さんのテレビドラマ出演は10年ぶりということで、ファンからも注目を集めたようですが、「宮野真守がイキイキしている。」、「素晴らしい演技力!」など絶賛の声が多数上がっていたようです。

映画に舞台にテレビドラマに数多くの作品に出演されているようですが、やはり本業は声優なのでしょうかね?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

宮野真守声優歴まとめ

宮野真守さんの声優歴や出演作品と演じたキャラクターについてお伝えしてきました。

声優と言うと裏方の仕事と思ってしまいますが、宮野真守さんのように俳優や歌手として活躍する声優さんは本当に珍しいですね。

また、宮野真守さんの声優はいつから?や出演作品やキャラについて調べていくうちに、声優としての仕事の幅の広さに驚きました。

声優と聞くとアニメの声と思い込んでいましたが、ゲームなどにも欠かせない職業だったんですね。

これからはアニメや洋画の吹き替えなどを見る時に、裏ではどんな声優さんが演じているのか、ちょっと視点を変えて観てみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする