美川憲一の生い立ちは二人の母がいた!父親は妻帯者で認知もなし!

ミュージシャン
スポンサーリンク

歯に衣きせぬもの言いで人気の美川憲一さん。

美川憲一さんの生い立ちを辿るととても複雑な家庭環境で育ったことが伺えます。

美川憲一さんには二人の母がいたのです。

また、父親は妻帯者でもあったのです。

この記事では美川憲一さんの生い立ちに迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

美川憲一の生い立ち

美川憲一さんのプロフィールからご覧下さい。

本名: 百瀬由一(ももせ よしかず)

出身地: 長野県諏訪市 ※育ちは東京都

生年月日: 1946年5月15日(2022年で76歳)

学歴: 東京都港区立南桜小学校

    東京都港区立愛宕中学校

    東宝芸能学校

美川憲一さんは長野県諏訪市で誕生していますが、育ちは東京都です。

小学中学は港区の公立の学校に通っていました。

高校に進学はしましたが1年生の時に中退し、芸能界に入るために、東宝芸能学校に入り芸能の道に進んでいます。

美川憲一さんが芸能界に入ろうと思ったきっかけは、二人の母親にお金に不自由な暮らしをさせないためにとのことで、母親を思う気持ちから芸能界入りを決断されています。

美川憲一さんの二人の母親と言うのは、産みの親と育ての親の二人です。

しかも、この産みの母親と育ての母親は姉妹。

二人の母親がいる陰には複雑な生い立ちが関係しているのでした。

美川憲一さんの産みの母親は百瀬似し子さん。

2人の母親は姉妹とい言いましたが、産みの母親は妹さんになります。

産みの母親は汽車の中で、美川憲一さんの父親となる男性と出会います。

汽車の中で偶然に関が向い合せになった男性から声を掛けられ、そのまま交際に発展。

やがて産みの母親は美川憲一さんを身ごもります。

妊娠を男性に報告した男性はあまり嬉しくなかったよう。

実は男性は既婚者で妻がいたのです。

男性は、ある日産みの母親に「これを飲むと元気な赤ちゃんが生まれる。」と言い、紛薬を産みの母親に渡しました。

産みの母親は、嫌な予感がしたため紛薬は飲まずに捨てました。

後にこの紛薬は流産させるための劇薬であったことが判明。

やがて産みの母親のお腹が大きくなった時に、男性はお腹の中の赤ちゃんを認知することなく家を出ていきました。

産みの母親は美川憲一さんを出産してから男性の家に乗り込みました。

男性は神田で会社を経営をする実業家で裕福な暮らしをしており、妻もいたのです。

産みの母親はこの男性から慰謝料を貰い、キッパリと身を引いて女手一つで美川憲一さんを育てることを決断。

美川憲一さんが2歳になった頃に産みの母親は結核を患ってしまいます。

療養のため長野県に移りますが、このとき子供のいなかった姉夫婦に美川憲一さんを預けることになりました。

そのまま美川憲一さんは姉夫婦の家で成長します。

姉夫婦の夫は書道の先生をしていましたが、借金があったそうで家には赤紙が張られていたと言います。

借金苦が精神的苦痛になってしまった育ての父親は脳溢血で亡くなります。

その後、育ての母親は日中は保険の外交、夜は料亭の仲居などをして懸命に働き借金を完済。

美川憲一さんは中学1年生の時に、育ての両親が本当の親ではないことを近所のおばさんから聞かされます。

産みの母親と育ての母親の二人の母親の真実を知った美川憲一さんは、二人の母親にお金の心配をさせたくないと、芸能界入りを考えるようになります。

中学を卒業した美川憲一さんは高校に進学するも、1年生で中退。

芸能界に入るために東宝芸能学校に入り直し、現在に至っています。

産みの母親、百瀬似し子さんは、ハキハキしたタイプの女性だったとのこと。

華やかさを備えた女性で新橋のダンスホールで社交ダンスの相手役を踊るダンサーをしていたそうです。

一方、育ての母親の百瀬米子さんは奥ゆかしい女性だったそうです。

ハキハキとものを言うところや華やかさ、奥ゆかしいところ、二人の母親の特徴をどちらも受け継いだような美川憲一さんです。

育ての母親は1996年に、産みの母親は2006年にそれぞれ他界されています。

生前は美川憲一さんを含めて3人で食事を楽しんだりしており、仲良く過ごしていたようです。

また、実の父親と美川憲一さんは対面をされています。

美川憲一さんが40歳の頃にフジテレビの「夜のヒットスタジオ」の対面コーナーで父親と初対面を果たしています。

そして、初対面後に実の父親からの申し出により、赤坂の料亭で二人きりで会食をされたそう。

この時、実の父親はひたすらに頭を下げて美川さんに謝罪をしたそうです。

スポンサーリンク

美川憲一の性別は?

メイクをしてドレスを身にまとっている美川憲一さん。

オネエなのか性別が気になるところですが、美川憲一さんは「男」だそうです。

ただ、このようにメイクをしたりドレスを着たりするのは、実は二人の母親の子育ての影響も関係しているとのこと。

美川憲一さんは幼い頃から派手な服を着せら、「あんたは可愛い」と言葉を掛けられてそだったとのこと。

また、歌舞伎や宝塚にも連れていかれ、男性役や女性役がごちゃごちゃになってしまったこともあったそう。

そんな環境から自然に女装やメイクに興味を持つようになっていったようです。

美川憲一さんは今までに結婚歴はありません。

子供もいません。

ただ、25歳の時に結婚を考えた女性がいたそうです。

お相手の方は23歳のOLだったとのこと。

しかし、振り返ってみて自分を貫くために、あの時結婚していなくて正解だったと述べています。

子供についても欲しいと思っていた時期があり、人工授精と代理出産を真剣に考えたこともあったとのこと。

しかし、生まれてきた子供のことを考えると色々と大変な思いもさせてしまうこと、また子供が欲しいのは自分のエゴだと悟り、きっぱりと諦めたそうです。

現在はおひとり様を満喫されているようです。

スポンサーリンク

まとめ

美川憲一さんの複雑な生い立ちについて紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました