Kokiが三浦大知の「片隅」に楽曲提供!世間のざわつく声まとめ!

清貴カミングアウト

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女でモデルのKokiさんが、歌手の三浦大知さんの新曲「片隅」に楽曲を提供されたそうですね。

最初にこのニュースを見た時に、何度も読み返してしまいました。

ん?Kokiさんが三浦大知さんに楽曲を提供?

どう言うこと?

三浦大知さんがKokiさんに楽曲を提供したのではなく、三浦大知さんがKokiさんに曲を提供してもらった?と理解するまでに時間がかかりました。

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女のでモデルのKokiさんって作曲もするんですね!

モデルでありながら音楽の才能も持ち合わせているなんて、まさに親の七光りですね。

今回のKokiさんが三浦大知さんに楽曲を提供したことに関しての世間の評価が、気になるところではありますね。

今回は、木村拓哉さんと工藤静香さんの次女でモデルのKokiさんが三浦大知さんの新曲「片隅」に楽曲を提供したことについての世間の声をまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Kokiが三浦大知に楽曲提供

koki三浦大知楽曲提供

出典:instagram

Kokiさんが三浦大知さんの新曲「片隅」に楽曲を提供されたことは、ちょっと驚きでした。

KokiさんってあのKokiさんです。

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女でモデルのKokiさんです。

kokiさんが楽曲を提供して三浦大知さんが歌う「片隅」は、2019年4月10日スタートの日本テレビ系の「白衣の戦士」のドラマの挿入歌となるそうです。

今回、Kokiさんが楽曲を提供するにあたっての、Kokiさんのコメントは次のようです。

この楽曲は、ハイトーンボイスで実力のあるアーティストの方に歌っていただけることを熱望した書いた曲でしたので。

と、かなりの強気のメッセージにとれますね。

世間での評価は、「上から目線!」との声が早くも上がっています。

この上から目線は、母親の工藤静香さん譲り?との声も多く上がっていました。

また三浦大知さんは、複数の作曲家から寄せられたデモ音を聴いて、メロディーの美しさに惹かれて選んだのがこのKokiさんが作った曲だそうですよ。

複数の楽曲の中から選ばれたということですから、Kokiさんが実力を秘めていることが伺われますね。

しかし、、、、世間の声は厳しいものがあります。

Kokiさんは確かに音楽の才能はあるのかもしれませんけれど、その売り方に世間の批判が集まっているようです。

次からは、今回のKokiさんの三浦大知さんに楽曲を提供したことについての、世間の声をまとめてみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

kokiの三浦大知の楽曲提供の世間の声は?

Koki三浦大知楽曲提供

出典:instagram

まずKokiさんに関しては、未だに「木村拓哉さんと工藤静香さんの次女のモデルのKokiさん」と長~い肩書きが入ってますね。

やはりKokiさんだけでは、「Kokiさんって誰?」と思う人も多いと思います。

モデルとして活躍はされていることと思いますが、まだまだ浸透していない部分もあるかと思います。

「木村拓哉さんの次女で、、、」と言うと「あー、木村拓哉さんと工藤静香さんの娘ね~」と理解する人もまだまだたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

今回、そこにきて三浦大知さんに楽曲提供ということで、世間の声を見てみましょう。

努力してここまできた三浦大知さんを利用しないで欲しい。

親のコネで売り出しているKokiさんとは違います。

親を利用するだけじゃ足りないのかな?

最初の売り出し方で、ケチがついているから何をしても色眼鏡で見られてしまいます。

9頭身やら小顔やらなければ国宝級美女やら今まで散々騙されている感を味わせられているから何をしても胡散臭い。

作品を出して売れた後に発表すればいいのに。

本当にすごい才能と実力で色々と勝ち取っているかもしれないけれど、残念ながら二世であるということ。

この一点が色眼鏡で見られる。

今回の楽曲も偽名にして、ヒットしてから実は、、、的に発表すれば凄い才能として認められたかもしれない。

何でもかんでも話題性を重視して最初から発表するから、売り方が悪いと思われてしまう。

きっと色んな面で才能がある子なんでしょうけれど、売り出し方やメディアでの取り上げられ方が特別扱いに感じられることがマイナスになていますよね。

本当に実力があるのなら、周りがテコ入れいなくても自然と浮き上がってきますよ。

本人はもう少し、謙虚さを学ぶべき。

もし本当に最初から最後まで自力で作曲してても、かついい曲なら率直なで頑張った方がいいのでは?

モデルは無理だから。

宇多田ヒカルさんがデビューした時は、凄い人が現れた!と思ったけれど、この方の曲を聴いていないのに、嫌悪感を覚えます。

三浦さんは大好きですが。

今回提供した曲が良い曲だったら、モデルは辞めて作曲に専念して表に出ない方がずっと賢くて素敵に思われるのでは?

それにしても三浦大知さんのファンの方はお気の毒ですね。

このような辛口の声が多く上がっています。

確かにKokiさんは才能はあるのかもしれませんけれど、ヒットしてから実は、、、的な方がはるかにKokiさんの実力も認められますよね。

もし、ヒットしなくてもその時はその時で伏せておき、いい作品を作れるまで影でコツコツ活動していればいいのだと思います。

しかし、生まれながらにして親が木村拓哉さん、工藤静香さんですから、Kokiさんからしたら、売れるまで影でコツコツなんて性に合わないのかもしれませんね。

作ったらすぐに売れないと気が済まない!

デビューしたらすぐに人気者になりたい!

おそらく地道に、、、なんてやっていられないのだと思います。

パッと出て、パッと売れる!こんな気持ちなのかもしれませんね?

しかし、モデル業にしてもそこまで結果を出されているようには感じませんが、そこにきて音楽活動もとなると、やはり親が裏についているからと思われても致し方ないような気がしますね。

Kokiさんと比べてしまっては、申し訳ないような気もするのですが、今回のkokiさんの楽曲提供で出てきた宇多田ヒカルさんの評価がとてもいいです。

宇多田ヒカルさんの才能は本当に素晴らしいですし、突然に彗星のごとく現れて売れてから母親が藤圭子だと分かりました。

本当に実力や才能があるのならは、その人が作った作品は徐々に話題に上がって売れるようになりますし、最初から宣伝など必要ないのだと思います。

それが本当の良い作品だと思いますし、才能も認められるのではないでしょうか?

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女でモデルのKokiさん肩書きがなくても、「Kokiさん」だけでお仕事が出来る日が来るといいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まとめ

今回は、木村拓哉さんと工藤静香さんの次女でモデルのKokiさんが、三浦大知さんに楽曲を提供したことに関して、世間の声をまとめてみました。

なんとも違和感の残る衝撃的なニュースでしたけれど、Kokiさんの作った作品が素晴らしいものであるのならば、こにような世間のバッシングの声もはねのけるようなパワーがあるはずだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする