小林麻耶の暴露内容まとめ!海老蔵の「おかえり」ブログ内容とは?

タレント
スポンサーリンク

小林麻耶さんが2022年3月22日の深夜にユーチューブを配信し、その内容が話題になっています。

小林麻耶さんのユーチューブの内容は海老蔵さんに対してのこれまで我慢してきたことを暴露する内容となっています。

小林麻耶さんの暴露内容からは裏の知られざる苦悩などが赤裸々に語られています。

この記事では小林麻耶さんの暴露内容と海老蔵さんの「おかえり」と題したブログの内容についてまとめています。

スポンサーリンク

小林麻耶の暴露内容について

冒頭に「松居一代です。」とあいさつをさえて登場した小林麻耶さん。

直ぐに「冗談です。」と切り返し、松居一代さんに対して親しみを抱いているので、そのように挨拶させていただきましたと言うところから、小林麻耶さんの海老蔵さんに対する暴露内容の配信が始まっています。

ユーチューブの中の小林麻耶さんは幾分やつれたように感じました。

心労が積もり積もってしまったかのように見えました。

約15分の映像でしたが、小林麻耶さんがこのユーチューブが海老蔵さんに向けて発信されていることがよく分かり、本気で海老蔵さんに対して怒りを抱いていることがはっきりとわかります。

映像の途中では、ハッキリと海老蔵さんに向かって言葉を発している部分もあり、見ている方もドキドキするくらいの迫力に感じました。

憶測ですが、自分に向けられている言葉だと思っても、海老蔵さんはビクともしないかもしれません。

そう思えるくらい、今回の暴露内容は海老蔵さんの隠れた人柄と言うのが浮き彫りになっています。

また、既にお亡くなりになられた小林麻央さんの闘病の様子や亡くなった時の海老蔵さんの対応などにも言及されています。

当時、小林麻央さんが亡くなった際の海老蔵さんの印象とは全くかけ離れており、今明かされた真実として受け取れることができたように思います。

小林麻耶さんの海老蔵さんに対する暴露内容を次項より詳しく紹介します。

スポンサーリンク

海老蔵の「おかえり」のブログ内容

小林麻耶さんは夫のアキラさんと2021年4月に離婚をされています。

小林麻耶さんは夫との離婚に対して公表するべきと考えていたそうです。

しかし、夫のアキラさんからは「公表しなくてもよいのでは?」と言われ、悩んだ小林麻耶さんは海老蔵さんに相談したと言います。

すると海老蔵さんからも「公表はしなくてこいい。」とのアドバイスを頂き、麻耶さんはそのままアキラさんとの離婚は公表しないことを選択しました。

しかし、2021年10月29日の海老蔵さんは「おかえり」と題したブログで、まるで小林麻耶さんの離婚を示唆するような内容の記事を投稿。

この「おかえり」と題した海老蔵さんのブログを見た麻耶さんはすぐに、自分の離婚に関して書いているとピンときたそうです。

海老蔵さんの「おかえり」と題したブログの内容がこちら。

本当におかえりなさい

色々あったけれど

関係ない

久しぶりに今日は麻耶ちゃんと

晩御飯

本当に色々あったけど

おかえり

二人にとって(娘と息子)

待ちに待った日

来たね

良かった

本当に

心配しすぎて

気絶してました

とにかくよかった

本当に良かったです。

引用元:アメブロ

このブログには海老蔵さんの二人のお子さんの写真と、

麻耶さんと娘さんが一緒に映っている写真も一緒に添えられていました。

このブログを見た週刊誌の記者たちも麻耶さんとアキラさんの離婚を直感。

すぐに記者たちは麻耶さんとアキラさんの所に来て一緒にいるところを撮影していったそうです。

実際に、麻耶さんとアキラさんは正式に離婚をしていましたが、離婚後も仲良く一緒に過ごすことが多かったそうです。

離婚しても一緒にいる麻耶さんたちに対して、海老蔵さんのファンや海老蔵さんを応援している方から沢山の苦情のコメントやメールが届くようになったそうです。

その苦情の内容というのが

●海老蔵さんをふみにじるようなことをしないで

●何をしているんですか?

●あなたがいなくなればいいのに、、

等々。

ユーチューブ上では言えないような内容も中にはあったそうです。

小林麻耶さんは海老蔵さんに対して、「離婚は公表しなくてもいい。」と言っておきながら麻耶さんの断りなしに、勝手に人のプライベートを明かしたことに怒りを抱いていました。

また後から知ったこととして、歌舞伎関係の方から「おかえり」のブログに関しては、小林麻耶さんをカムフラージュに利用していたことが判明。

丁度、この頃に海老蔵さんは女性問題が週刊誌にスクープされており、この件をかき消すために小林麻耶さんの離婚を利用しと憶測されたそうです。

スポンサーリンク

小林麻耶の結婚発表に激怒した海老蔵?

小林麻耶さんとアキラさんが結婚したのは2018年7月24日のことでした。

丁度この時期、海老蔵さんは歌舞伎の公演中だったとのこと。

小林麻耶さんの結婚発表を受けて、マスコミの記者は海老蔵さんにコメントを求めに行ったそうです。

このことに関して海老蔵さんは大激怒。

歌舞伎の公演中に記者の対応をしなければならないことに、小林麻耶さんの結婚発表に迷惑を被ったと捉えていたのです。

後から小林麻耶さんの夫になったアキラさんに海老蔵さんからラインが届きます。

そのラインの内容がこちら。

お前何もわかってないな

なんなんだよ!

ちょっと信じられませんが、小林麻耶さんが暴露しているので真実だと思います。

歌舞伎界のトップで活躍する海老蔵さん。

確かに凄いですし、立派ですし、えらいかもしれません。

しかし、このエピソードを耳にして残念ながら海老蔵さんの人柄が今まで想像していたものと真逆になってしまいましたね。

記者の対応が海老蔵さんの歌舞伎の演出に悪影響を与えるのかもしれませんし、それだけ歌舞伎舞台に集中しているとも思えますし、それだけ歌舞伎を演じることは大変なのかもしれません。

それでも、義理の妹の結婚発表に激怒するのは、やはり「俺様」と言う思いがどこかにあるのでしょうか。

小林麻耶さんとアキラさんは結婚発表で海老蔵さんに迷惑をかけたとして、自宅にお詫びに行ってますが、そのお詫びに行くこともやっとのことで、許されたそうです。

小林麻耶さんはお詫びに行けた時の状況を「ようやくです。ようやくですよ。」と、繰り返して語っているところを見ると、本当にようやくの思いでお詫びに行けたことが伺えます。

海老蔵さんのようにご立派な方が、親戚になると本当にお付き合いだ大変なんだなと思わずにはいられません。

海老蔵さんのようにご立派な方が、親戚になると本当にお付き合いだ大変なんだなと思わずにはいられません。

スポンサーリンク

小林麻央が亡くなった時の対応

小林麻央さんはガンの闘病をブログで公表されており、海老蔵さんも麻央さんの良き夫のように映っていたのではないでしょうか。

しかし、今回の小林麻耶さんの暴露内容ではそんな良き夫の海老蔵さんは裏返りました。

麻央さんの闘病生活にあたっては、良い先生を求めながらの闘病だったとしています。

良い先生が見つかると、まずは海老蔵さんがその先生の施術を受けて、後から麻央さんが施術をしていたと言います。

いつも海老蔵さんが先で、麻央さんは後回しだったそうです。

麻央さんが入院すると、病室にやってきた海老蔵さんは「何をしたらいいか分からない。俺何すればいいの?」と言って5秒で病室を後にしたそうです。

つまり海老蔵さんは麻央さんを見舞いに行っても、5秒しか病室にいることが出来なかったということのようです。

そんな海老蔵さんに対して、麻央さんは一度も悪くは言わなかったとのこと。

また、麻央さんの病状が悪くなったころはそれでも病室に5分、10分といられるようになったそうです。

しかし、お見舞いに病室を訪れた海老蔵さんは競馬新聞を広げて、ニコニコしながら競馬中継に見入っていたと言います。

麻央さんの父親と母親と麻耶さんがいる前でだそうです。

極めつけが、麻央さんが無念にもお亡くなりになった時に、麻央さんの父親に対して「こんなに高いマンション借りたばかりなのに。」とこぼしたそうです。

この言葉に麻央さんの父親や麻耶さん、母親は絶句したと言います。

麻央さんが亡くなった時の海老蔵さんの様子からは、このような経緯があったことは微塵も感じられません。

やはり裏の顔の海老蔵さんが存在するということなのでしょうか。

麻央さんが闘病中は麻央さんの娘さんや息子さん(姪、甥)の習い事や幼稚園の送迎を、麻耶さんが仕事を休止して協力してきたそうです。

それも、姪と甥をとても大切に思ってのこと。

また、しばし小林麻央さんの口からは次のような言葉があったそうです。

苦しい、苦しい

死にたいよ

離婚したいよ

そのような言葉を発していたそうです。

歌舞伎役者の妻になった小林麻央さんに対しては、羨望的な目が向けられていたでしょうか。

そんな陰で、歌舞伎界の第一人者の妻としての苦悩と葛藤と闘っていたなんて、一切見せませんでしたね。

今回の小林麻耶さんの暴露内容に関しては、批判的にも肯定的にも捉える方がいると思います。

小林麻耶さんの暴露内容はその人の捉え方次第ですが、麻耶さんのユーチューブ配信内容に関しては嘘は語っていないと思います。

批判的にも肯定的にもどちらに捉えても、その人の解釈の仕方でいいと私は思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、小林麻耶さんの海老蔵さんに対する暴露内容について紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました