北の富士勝昭の嫁は元ホステスで現在は別居中?現在の年齢についても

アスリート
スポンサーリンク

辛口の相撲解説が人気の元横綱の北の富士勝昭さん。

北の富士勝昭さんの辛口な相撲解説と共に、ダンディーな浴衣姿などお洒落なファッションにも注目が集まります。

そんな北の富士勝昭さんですがプライベートでは結婚されてお嫁さんがいるのか気になりますね。

この記事は辛口相撲解説で人気の北の富士勝昭さんのお嫁さんや現在の年齢について紹介しています。

スポンサーリンク

北の富士勝昭の年齢

辛口の相撲解説が人気の北の富士勝昭さん。

52代元横綱ということですが、現在はスッキリと細身の体型と品のある顔立ちに俳優のような雰囲気さえ感じてしまいます。

出典:中日新聞

率直に年を重ねられてもとてもカッコイイですね。

北の富士勝昭さんのプロフィールと共に現在の年齢を見てみましょう。

本名: 竹澤勝昭(たけさわ かつあき)

生年月日: 1942年3月28日

年齢: 81歳(2023年の誕生日で)

出身地: 北海道旭川市

北の富士勝昭さんは2023年の誕生日を迎えて81歳です。

とても80歳を超えているような年齢には見えませんね。

若々しく、おまけに未だに色気を感じるところです!

第52代横綱の北の富士勝昭さんは幕の内優勝10回、全勝優勝3回の成績を残しています。

スポンサーリンク

北の富士勝昭の嫁

北の富士勝昭さんは現役の頃からプレイボーイ横綱の名を知らしめていました。

また、夜の帝王とも言われていました。

何かと話題の尽きない方だったようですが、現在のあの色気のある容姿を見ても若い頃は相当モテていたことは容易に想像がつきます。

そんな北の富士勝昭さんですが、プライべートでは結婚されているのでしょうか?

気になるところですが、、、。

北の富士勝昭さんは2度の結婚歴がありました。

詳しく見ていきましょう。

一回目の結婚

北の富士勝昭さんの一度目の結婚は1975年8月のこと。

北の富士勝昭さんが1974年7月に32歳で現役を引退されているのですが、引退から一年後に羽永共子さんと結婚をされています。

羽永共子さんはミュージカル女優として活躍されていた方で、1977年に劇団四季の専科生に合格。

劇団四季を退団後はジャズダンス講師や振付師として活躍されています。

羽永共子さんの画像がこちら。

とてもアクティブそうな綺麗な方ですね。

年齢もかなりお若いように見て取れます。

北の富士勝昭さんとは、年齢も離れていたかもしれませんね。

北の富士勝昭さんと羽永共子さんの結婚はそう長くは続かなかったようで、後に離婚に至っています。

2度目の結婚

北の富士勝昭さんの二度目の結婚は1985年11月のことで、北の富士勝昭さんが43歳の時でした。

二度目の結婚相手となったのは、銀座でホステスをされていた松木真理さん。

当時、北の富士勝昭さんは43歳で松木真理さんは34歳でした。

年齢差9歳。

松木真理さんとはハワイで挙式をされています。

前妻の羽永共子さんもそうですが、二度目の松木真理さんとも年の差がありますので、北の富士勝昭さんは若い女性が好みなのかもしれませんね。

また、美人が好みであることは言うまでもありません。

北の富士勝昭さんには娘さんがいるとのことで、二度目の結婚相手の松木真理さんとの間に娘さんが誕生しているようです。

またお孫さんのも恵まれており、お孫さんは女の子ばかりだそうで、お孫さんには女子プロゴルファーになってほしいとの夢があるそうです。

北の富士勝昭さんは2022年3月に80歳の誕生日を迎えた際に、今後の目標を次のように述べています。

「孫が物心つく85歳まで生きること」と述べています。

物心つく頃の年齢は一般的に3歳から4歳とい言われていることを考慮すると、お孫さんは生まれたばかりではないでしょうか。

普段は辛口の北の富士勝昭さんですが、お孫さんの前ではデレデレな感じでしょうか。

スポンサーリンク

北の富士勝昭の現在は独身?

2度の結婚歴のある北の富士勝昭さんですが、現在は独り暮らしをされているとのこと。

2度目のお嫁さんとなった松木真理さんとは離婚に至ったのか、それとも別居しているだけなのかは不明ですが、一緒には暮らしていないもよう。

と言うのも、北の富士勝昭さんは東京中日スポーツでコラムを担当していますが、こちらのコラムで一人暮らしをしていることが綴られています。

2021年9月

部屋は電気もついてず実に淋しい。

八角部屋の若い力士が何かと身の周りのことをしてくれていたが、

コロナ禍になって以来、若者は外出禁止となったため

この頃というのは自分のことは出来るだけするようにしている。

引用元: 東京中日スポーツ

2022年3月

早く帰っても待ってくれる人はいない

引用元: 東京中日スポーツ

現在の北の富士勝昭さんは一人暮らしをされているようです。

なんとなくですが、北の富士勝昭さんには一人というのがとてもよく似合っているように思えてしまうところです。

所帯染みた感じが一切感じられない部分からも、一人暮らしをされていることは事実なのでしょう。

話は横道にそれますが、北の富士勝昭さんのコラムは本当に面白く、読んでいてクスっと笑ってしまほど。

ある日のコラムがこちら。

正代はこれで3敗目。

早くも中盤戦で優勝争いから姿を消すことになった。実にふがいない大関であろうか。

立ち合いの失敗を敗因に挙げていたが、大事なことを忘れているようだ。

正代に欠けているのがひとえに稽古の量。努力が足りないのである。

せれに気づかないと大関は務まらない。

熊本のファンは怒っているぞ。

私の友人は怒って馬刺しも送ってこない。

みんな正代の責任である。

一体どうしてくれるのか。

引用元: 東京中日スポーツ

辛口のコメントをしておきながら、思わず吹き出してしまうほどのオチを付けるところは流石、北の富士勝昭さんと言わずにはいられません。

ちょっと余談でした!

スポンサーリンク

北の富士勝昭の若い頃

2度の結婚歴のある北の富士勝昭さん。

またプレイボーイ横綱とも言われていました。

そんな北の富士勝昭さんですが関取になるま前に、とても心に思っていた女性がいたそうです。

それは北の富士勝昭さんがまだ10代で、相撲界に入ったばかりの頃のこと。

巡業で四国の高知県に滞在していた時に、地元の料亭に通っていたことがあったそう。

この料亭の女将さんが北の富士勝昭さんについて手記を残しています。

当時、北の富士勝昭さんは料亭に通ううちにその料亭の子供たちと仲良くなったそうです。

特に料亭の次女と仲良くなったそう。

料亭の次女は賀世さんという女性で、北の富士勝昭さんとは同い年だったこともあり、意気投合したと言います。

北の富士勝昭さんは賀世さんに特別な思いを持つようになり、女将さんに「出世したら賀世さんをお嫁にくれませんか。」と申し出たとのこと。

当時、賀世さんは高校生だったこともあり女将さんは北の富士勝昭さんの申し出を賀世さんに伝えることはありませんでした。

やがて北の富士勝昭さんは関取となり巡業で高知県に出向いた際に、料亭を訪れ女将さんに「賀世さんはどうしていますか?」と尋ねたところ、賀世さんは既に結婚していることを伝えたところ、北の富士勝昭さんは言葉少なくその場を立ち去ったそうです。

かなりショックだったようで、料亭を出た後に違うお店で鬱憤を晴らしたと言われています。

当時、10代だった頃の北の富士勝昭さんの淡い恋物語と言った感じでしょうか。

北の富士勝昭さんにもそんな切ない恋物語があったということですね。

スポンサーリンク

まとめ

大相撲の辛口解説で人気の北の富士勝昭さんのお嫁さんや現在の年齢について紹介しました。

末永く北の富士勝昭さんの辛口の解説を楽しみにしております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました