北川景子の大学時代は勉強好きで真面目、明治大学を選んだ訳とは?

北川景子細い

ドラマに映画にCMと活躍中の北川景子さん。

以前、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」に出演されている北川景子さんの気取らないところにすっかりファンになってしまいました。

細くスッキリした体系と目鼻立ちのスッとしたきれいなお顔立ち。

北川景子さんの全体の美貌に惚れ惚れしていますが、北川景子さんの学歴も優秀なんですね。

今回は、北川景子さんの勉強好きで真面目だったという大学時代の様子をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

北川景子さんの高校時代

北川景子さんは、神戸市出身で高校は大阪市内の私立中高一貫校に通っており、高校2年生の時に地元の神戸でスカウトされたそうです。

高校時代は数学や物理が得意だったそうで、憧れの職業は薬剤師、心理カウンセラーなど理系の職業だったそうです。

大学受験を目指しており、部活動は一切せずに自宅と高校を往復し勉強に専念していたそうです。

当時、芸能界は視野にはなかったそうですが、気分転換との思いから大学進学を絶対条件に、芸能界入りを両親は認めてくれたそうです。

1年ほどで「セブンティーン」のモデルや特撮ドラマ「美少女戦士セーラームーン」で女優デビューし仕事中心の生活になり、高校3年生の時に東京の高校に転入し登場での生活を始めたそうです。

モデルに女優と順調に芸能界での仕事をこなして行く裏で、高校生活の両立は想像以上に大変だったでしょうね。

しかし当時の北川景子さんは、どんなに体力的にきつくても何事も全力で取り組んでいたそうですよ。

この時の頑張りが今の北川景子さんにつながっているのでしょうね。

人は誰でも何かに関して「全力で取り組む」という時期があっていいものですよね。

「全力で取り組める何か」を見つけられた人はラッキーですね。

北川景子さんが明治大学を選んだ意外な理由

芸能界の仕事が忙しくなっても両親との約束もあり、大学進学は諦めなかった北川さん。

北川さんは明治大学を出ていますが、明治大学を選んだ理由が意外でした。

オープンキャンパスでいくつかの大学を訪れて決めたのが明治大学。

北川さんにとって明治大学のどこに魅力を感じたのでしょうか?

一番の理由は「大学では勉強さえ出来ればよいと思っていて、毎日お洒落に気を使わずに地味な格好で大学に通っても大丈夫そうだった。」との理由から明治大学を選んだそうですよ。

今の北川さんからは想像も出来ませんが、お洒落に気を使わずに勉強に専念できるという理由で明治大学を選んだなんて北川さんの信念を感じますね。

目鼻立ちだけでなく、性格までスッーと筋の通ったお人なんですね。

勉学に励んだ大学時代

AO受験でみごとに明治大学に進学された北川さん。

大学は絶対に4年で卒業すると決めて在学中は、一生懸命に勉強をしたそうです。

もともと学ぶことが好きだった北川さんにとっての大学4年間は充実した大学時代を過ごされたようです。

大学は商学部に進んだそうですが、ここでは女子の人数が少なくなんと北川さんを含め9人だけで4年間ともに過ごし、今でも全員と仲良しで交流が続いているそうです。

大学時代は勉強の他にデビット・ボウイやリンキン・パークなどの洋楽ロックが好きで軽音楽サークルでドラムスを担当していたこともあり、勉強にサークル活動と充実の大学生活を送られたようです。

北川さんがドラムスさんてちょっと想像できませんね。

大学の学びが仕事に役立っている点

大学で学んだことが今の仕事に役立っているそうです。

商学部では、マーケティングや広告論の授業で物が売れる仕組みにや消費者の行動を学んだため、CMの仕事ではターゲットや企業の立場になりセリフの言い方や表現に工夫が出来るそうですよ。

北川さんのCMを見て購入意欲がわいてくるのも納得ですね。

北川さんの現在の学び

何事も真面目に取り組んで、学び好きの北川さんですが現在は、英語の勉強を再開されてるようです。

CD付きの教科書を購入して、必ず毎日1ページを読んで聞いて発音の練習をかかさず取り組んでいるところがまた素敵ですね。

英語でセリフを言えるようになることはもちろん、日本の映画の良さを海外のインタビューで伝えたいという素晴らしい目標をお持ちです。

北川さんの英語でのセリフも今後楽しみですね。

まとめ

勉強好きの北川景子さんの学生時代の様子をまとめてきました。

何事も真面目に真剣に取り組んできたからこその今の北川さんがあることが分かりますね。

女優としての結果を十分に出されている北川さんですが、今も現在進行形で英語の勉強をされおり成長し続ける北川さんからますます目が離せませんね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする