川崎希の父親はバツ5でヒモ?生い立ちが壮絶で貧困が起業家の道に?

タレント
スポンサーリンク

元AKB48のメンバー川崎希さん。

現在は、実業家として大成功されていますが、そこに至るまではセレブとは無縁の極貧生活を送っていたと言います。

そんな川崎希さんの極貧な生い立ちの背景には父親が大きく関係していたようです。

この記事では川崎希さんの生い立ちをはじめ父親についてまとめています。

スポンサーリンク

川崎希の父親

川崎希さんの父親は浅井哲夫さん。

浅井哲夫さんは度々メディアにも登しており、知る人ぞ知る人生経験豊富な方です。

2017年時点での情報となってしまいますが、東京都高円寺でスナックを経営されているようです。

お店の名前は「スナックてつ」。

川崎希さんの父親は2017年当時68歳でしたので、2022年では73歳になるようです。

川崎希さんの父親の浅井哲夫さんがこちら。

圧倒的な人生経験値!高円寺〈スナックてつ〉浅井哲夫マスターの何でも話しを聞いてもらえる安心感がスゴイ! | スナック女の人生劇場 |  Hanako.tokyo
出典:hanako.tokyo

見てくれ、ちょい悪なイメージですが、川崎希さんの父親の浅井哲夫さんは、見てくれの通りの方なのです。

川崎希さんの父親はバツ5です。

現在は47歳年下の女性と6度目の結婚に至っているのです。

川崎希さんの父親の一回目の結婚は3年で終止符。

2回目の結婚はなんと3ヵ月で破局。

そして3回目の結婚が、川崎希さんの母親との結婚だったのです。

浅井哲夫さんは子供は全部で5人いるとのこと。

そのうちの一人が川崎希さんです。

川崎希さんにすると腹違いの兄弟が4人いるということになります。

2017年時点では、下は中学生から上は42歳までの5人の子供がいると述べていました。

2022年現在は高校生から上は47歳になっていると思われます。

川崎希さんの父親の浅井哲夫さんは若かりしき頃は、ミュージシャンを目指していたとのこと。

そんな背景もあり、浅井哲夫さんのお店「スナックてつ」には、音楽を目指している若者も集まってくるそうです。

浅井哲夫さん曰く、「水害、災害、火災、離婚、夜逃げなどほとんど経験してきたから、大体の人の悩みに答えられる。」と述べています。

ミュージシャンを目指していましたが、思うように芽がでなかったため、水商売の世界で40年間働いたと言います。

風俗関係の仕事もやっており、こちらは還暦を迎えた時に辞めたそうです。

川崎希さんはそんな破天荒な父親を「カッコイイ」と思っているそうです。

現在はラインで連絡を取り合うなど、仲睦まじい間柄のようです。

スポンサーリンク

川崎希の生い立ち

川崎希さんのプロフィールです。

  • 生年月日: 1987年8月23日(2022年で35歳)
  • 出身地: 神奈川県
  • 身長: 156センチ
  • 血液型: O型
  • 所属事務所: ワタナベエンターテインメント

川崎希さんは、2022年で35歳です。

元AKB48のメンバーで、現在はタレント活動をしながら実業家という顔をお持ちです。

川崎希さんが起業したのは、アパレルブランド「Anti minss」(アンティ ミンズ)を設立。

その後、ネイルサロンとエステサロンをオープンさせています。

AKB48を卒業して起業家としての第一歩を踏み出したのには、川崎希さんの生い立ちが大きく関係しています。

前述した通り川崎希さんの父親はバツ5です。

川崎希さんの母親は3回目の結婚相手でした。

しかし、川崎希さんが2歳の時に両親が離婚。

当時ミュージシャンを目指していたと言う父親は、定職に就かずにバンド活動に明け暮れていました。

そんな夫に限界を感じた川崎希さんの母親は離婚を決意。

川崎希さんは母親に引き取られ、母子家庭で育つことになります。

女手一つで生きていくことになった川崎希さんの母親は懸命に働きに出ます。

そのため、川崎希さんは一日中ほぼ一人で過ごしていたと言います。

川崎希さんの母親は保険の外交員として働いていたようです。

食べものにも困るような状態でおやつはひまわりの種を食べていたそう。

また友達の家に遊びに行った際は、しぶとく晩御飯を出してもらえるまで粘っていたそうです。

いつもひもじい思いをしていたようです。

現在の川崎希さんからは想像がつきませんね。

やがて高校生になりますが、川崎希さんの極貧な生活は相変わらず続いていました。

高校生の時はコンビニでバイト。

廃棄になってしまうお弁当を持ち帰り、母親と二人で食べて食費を浮かせていました。

そんな生活を送る中で母親が、「芸能人はお金が稼げるらしい。」と言ったのがきっかけで、お金欲しさにAKB48のオーディションに応募します。

当時、7924人の中から合格者24名という狭き門を見事に突破し、AKB48のオープニングメンバーに合格。

2005年12月8日に18歳でデビューを果たしています。

デビュー直後は一ヵ月休まずレッスンをして、給料が45000円だったそうです。

少しでも生活の足しにと事務所に内緒サイン入りブロマイドをネット販売していたこともあるとのこと。

AKB48が当時社会現象となるほど人気が出て行く中で、川崎希さんは2009年2月27に卒業しています。

川崎希さんの卒業の理由は「社長になることがずっと夢だった」ことを挙げています。

自分が極貧な生活を送ってきたことで、それが反面教師となりずっとお金持ちになりたいと言う思いを抱いてきたそうです。

そんな背景もあり川崎希さんは今では、「貧乏で良かった。お金持ちになりたいと思い頑張ってこられた。」と述べています。

そして卒業後にアパレルブランド「Anti minss」を設立。

2010年5月にネイルサロンをオープン。

2013年にはエステサロンをオープンさせています。

今ではすっかり女性実業家として板についています。

スポンサーリンク

川崎希の夫

川崎希さんの夫はアレク・サンダーさん。

日系人の父親とペルー人の母親に持つアレク・サンダーさんはモデルでタレントとして活動。

10歳の頃からモデル活動をされており、パリコレクションにも参加。

その後、バンド活動に励みますがなかなか芽がでずに、収入はほぼない状態だと言います。

そんなアレク・サンダーさんと川崎希さんの出会いは、アレクさんのナンパがきっかけでした。

目黒駅で川崎希さんを見かけたアレクさんが声をかけナンパ。

そのまま交際に至り、2013年2月22日に結婚しています。

2017年8月29日に第一子となる長男が誕生しています。

収入の無いアレクさんはヒモ状態と言われていますが、現在は主夫業に励んでおり川崎希さんのサポートをされているということです。

また、アレク・サンダーさんは浮気性でも有名のようで、結婚から4年間で明らかになった浮気は30回以上とのこと。

アレク・サンダーさんの異常な行動が浮き彫りになった感じですが、川崎希さんは特に離婚を口にするようなことは一切ありません。

川崎希さんの見解は、「離婚をしてはなれるよりも、おしおきをしながら結婚生活を続けた方が彼には罰になる。」と言うことです。

もしかしたら川崎希さんにとっても、家事や育児をこなしてくれるアレク・サンダーさんの存在は都合が良いのかもしれませんね。

ある意味、川崎希さんが賢く、逆にアレク・サンダーさんを上手く手のひらで転がしているようにさえ思えれてしまいます。

また、川崎希さんはビジネスで充実した生活が送れているので、夫の浮気は気にならないのかもしれません。

とてもつり合いのとれているご夫婦ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

川崎希さんの父親と生い立ちについて紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました