川俣ダムの足場がナニコレ珍百景に登場!一度は見ておきたい絶景穴場

川俣ダム足場

ナニコレ珍百景に川俣ダムの足場が登場しました。

川俣ダムの足場は、昨年からツイッターでも「壮絶!」「絶景!」「圧巻!」など話題になっていましたね。

ナニコレ珍百景で紹介された川俣ダムの足場は、なかなか見ることのできない人工と自然が作り上げた見事な絶景です。

ナニコレ珍百景で紹介された川俣ダムの足場は、工事の進行具合と同時に取り壊されていくようです。

今年は是非、川俣ダムの足場を目に収めておきたいですね。

今年の観光スポットの候補に挙げて計画を立ててみませんか?

ナニコレ珍百景に紹介された川俣ダムの足場についての見どころやアクセスをお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

川俣ダムの足場とは?

川俣ダム足場

引用:https://twitter

絶景!と話題の川俣ダムの足場は、建設されてから50年経つという川俣ダムの岩盤を補強するために組まれた足場になります。

川俣ダムの足場は、2017年9月から補強工事が始まり、完成予定は2020年9月となっています。

川俣ダムの足場は、ダムの両側の岩盤に取りつけられ、足場の高さは90メートルにもなり、その組み立てられた足場が絶景だと話題になっているのです。

川俣ダムの足場は、工事進行に応じて残念ながら徐々に解体されてしまうということなので、この機会に足を運んでみませんか?

自然と人工がコラボレーションされた稀に見ることのできない貴重な風景です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

川俣ダムとは?

川俣ダム足場

引用:https://twitter

絶景の舞台となっている川俣ダムとは、栃木県日光市にあります。

川俣ダムは、もともと紅葉の名所でもあり、秋の観光シーズンには多くの観光客が訪れており、2014年には、観光用に吊り橋と遊歩道が整備されました。

足場が組まれる前から観光スポットとなっていたようですね。

日光東照宮より車で1時間となっていますので、日光東照宮と合わせて計画を立てるのもいいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

川俣ダム足場の見どころ渡らっしゃい吊り橋

川俣ダム足場

引用:https://twitter

川俣ダムの足場は、ダムの上からも迫力の足場を見下ろすことが出来ますが、一番見応えを感じられるのは、川俣ダム下流にかかる渡らっしゃい吊り橋から見るのが一番圧倒されるスポットです。

渡らっしゃい吊り橋は、川俣ダムの管理支所から瀬戸合狭遊歩道を降りていきます。

途中450段の階段を上がったり下りたりすると渡らっしゃい吊り橋に到着です。

瀬戸合狭遊歩道は全長約630メートル、階段は片道401段、所要時間は往復で60分です。

瀬戸合狭遊歩道は、途中狭い階段もありますが、2014年4月25日オープンされた遊歩道でまだ比較的新しいということもあり、良く整備されているので、安心して散策を楽しめます。

足に自信のない方は、渡らっしゃい吊り橋まで降りなくてもダムの上から見下ろすだけでも十分に足場の迫力を感じることができますよ。

新緑の時期、また夏場の避暑地として、秋の紅葉シーズンまで川俣ダムの足場の絶景を楽しみたいですね。

まさに「一見の価値あり!」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

川俣ダムへのアクセス

川俣ダムへのアクセスです。

下記を参考にして下さい。

注意点を述べておきます。

川俣ダムへの道路は、途中何か所か狭い場所やカーブがありますので、対向車には十分ご注意下さい。

川俣ダムの渡らっしゃい吊り橋入り口の管理支所までは、車で乗り入れることは出来ません。

手前の駐車場を利用します。

駐車場から管理支所まではおおよそ300メートルのスロープになっており、徒歩約10分です。

また、川俣ダムの足場で人気スポットになったため、駐車場も混雑しているようです。

くれぐれもマナーを守って大人の旅を満喫しましょう。

川俣ダムの開放時期と時間その他詳細

川俣ダムは、一年中見学できるわけではないんですね。

冬の間は、積雪や路面凍結のため閉鎖されます。

【解放期間】:4月下旬~11月下旬

【開放時間】:9:00~16:00(入場は15:00まで)

※ 解放期間中は無休

※ 工事中のため立ち入り場所に制限がある場合があるようです。

【住所】:栃木県日光市川俣646-1

【TEL】:028-661-1341

川俣ダムの足場で観光スポットで話題となっていますが、もともと紅葉の名所でもあり、もみじやカエデの紅葉と渡らっしゃい吊り橋の景色も一見の価値ありです。

ちなみに、紅葉の見頃は、10月上旬~10月中旬にかけてが見頃となっているようです。

標高が高い分、紅葉の時期も関東地方にしては早いですね。

川俣ダムのダムカードについて

ダムカードについて。

ダムカード?と思われた方もいるでしょうか?

参考までにダムカードとは、国土交通省及び独立行政法人水資源機構が管理するダムで配布しているカード型のパンフレットになります。

ダムの写真や住所、形式などの情報が記載されており、ダムの管理所などで配布されています。

カードコレクターやダム愛好家の間では人気となっているようです。

川俣ダムでダムカードを配布している場所は、ダム管理支所になっています。

8:30~17:15(土、日、祝日の含む)

ダムカードを希望の方は、管理支所のインターフォンを押して配布を受けて下さい。

まとめ

ナニコレ珍百景に登場した栃木県の川俣ダムの足場についてお伝えしてきました。

川俣ダムの足場は、ダムの岩盤の補強作業のために組まれた足場でした。

足場の絶景を見るなら是非、渡らっしゃい吊り橋からご覧下さい。

無機質なイメージの足場が絶景になってしまうなんて思いにもよりませんでしたね。

2020年9月に工事は完成予定ということですので、工事期間中に一度足を運んでみたいですね。

また、工事現場で働かれる方にとって危険と隣合わせの作業のようですので、安全第一をお祈りしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする