桂宮治の嫁は美人のあげまんで有名!ホステスで稼ぎ奈落の底を脱出?

タレント
スポンサーリンク

桂宮治さんは2022年から笑点のレギュラーに抜擢され注目を集めています。

桂宮治さんと言えば化粧品のトップセールスマンから落語家へ転身するという異例の経歴をお持ちであることでも有名です。

そんな桂宮治さんの結婚したお嫁さんは、美人なあげまんということで話題となっています。

この記事では桂宮治さんのお嫁さんについて紹介しています。

スポンサーリンク

桂宮治の嫁

桂宮治さんのお嫁さんを紹介する前に桂宮治さんご自身についてのプロフィールをご覧下さい。

桂宮治(かつら みやじ)

  • 生年月日: 1976年10月7日
  • 出身地: 東京都品川区
  • 学歴: 東京学園高等学校
  • 職業: 落語家

桂宮治さんは現在落語家として活躍されていますが、落語家になる前は化粧品会社でセールスを担当。

営業成績は順調でトップセールスマンとして第一線で活躍されてきました。

2008年に31歳から落語家への転身でしたが、2022年現在は笑点にレギュラーに抜擢され落語家として大成功を収めています。

これも一重に桂宮治さんのお嫁さんの並みならぬサポートがあったからにほかなりません。

それでは桂宮治さんを一流の落語家へ支え続けてきたお嫁さんについて紹介します。

桂宮治さんのお嫁さんは明日香さんと言う方です。

2022年で明日香さんは47歳となられるようです。

一方桂宮治さんは45歳となるようですので、明日香さんの方が2歳年上ということになります。

桂宮治さんのお嫁さんの画像がこちら。

顔画像】桂宮治の嫁は元銀座ホステスで美人!過労とストレスで結婚を後悔!?|Basement Picks
出典:basementginza.jp

明日香さんは元々舞台女優として活動をされていましたが、女優として生計を立てていけるまでには至らなかったようです。

生活費を稼ぐために銀座でホステスをして二足のわらじを履きながら舞台女優の活動を続けていたようです。

銀座のお店で働いている時に桂宮治さんと出会います。

桂宮治さんと明日香さんが出会った時は、桂宮治さんは化粧品会社のトップセールスマンとして既に成功されており、年収もかなり稼がれていました。

トップセールスマンだった桂宮治さんは大変羽振りも良く、周囲の人からも親しまれており明日香さんは「この人と結婚したら幸せになれるだろうな。」と感じていたそうです。

成功者としてのオーラ全開といったところでしょうか。

桂宮治さんと明日香さんは銀座のお店で出会ってから交際に発展し、2007年8月に結婚をされています。

この時点では桂宮治さんは化粧品会社に勤務するサラリーマンで一般人でしたが、さすがトップセールスマンというこいとで結婚式もスケールの大きなものだったようで招待客は250人にも及んだそうです。

桂宮治さん30歳、明日香さん32歳でした。

そして、桂宮治さんはこの結婚式で重大発表を。

「とりあえず来年に会社を辞めて別の事をやるかもしれないんで。すみませんがよろしくお願いします。」

と脱サラをすることを宣言。

明日香さんは当時のことを振り返って、「これをやると決めたらそこ一本で行くような人なので説得する余地もなかった。」と述べています。

桂宮治さんはセールスという職業で成功されていましたので、その成功体験が万が一失敗してもまた一から出直せるという自信があったのかもしれませんね。

しかし、結婚したてのお嫁さんにしたら不安でしかないですよね。

年収1000万円のトップセールスマンと結婚して今後の生活は安泰と思っていた矢先にゼロどころかマイナスからのスタートです。

案の定、結婚後の明日香さんは精神的にも肉体的にも追い込まれる日々を送って行くことになります。

2008年に31歳で落語家桂伸治一門に弟子入りした宮治さんの収入は師匠から小遣いとして頂く3万円のみだったと言います。

足りない分は貯金を崩しながらと考えていた明日香さんでしたが、桂宮治さんはセールスマン時代は派手な生活を送っていたため殆ど貯金はなかったそうです。

2010年には長女が誕生しますが、明日香さんは長女を出産後2か月で家計のために一度は辞めたホステスとして働くことを再開します。

この時は、自分が家族を養っていく稼頭になるんだと言う気持ちで生きていたそうです。

夕方になると生後間もない娘を桂宮治さんの実家の親に預けてお店に出勤します。

後ろ髪を引かれる思いで、娘を頼んで出勤したと言います。

そして仕事が終わると午前2時に娘を迎えに。

夜はお店で働き、日中は育児に家事に追われる日々を送っていくうちに疲労と精神的ストレスが重なりホステス復帰から6カ月後には入院する事態も経験します。

当時にことを明日香さんは、「結婚したことは後悔ですね。こんなに苦しい思いをするはずじゃなかった。」と振り返っています。

「でも、生まれ変わっても結婚するならこの人かなて思います。」

とも述べており、桂宮治さんの人柄に惹かれていることが伺えますね。

桂宮治さんは脱サラから5年経った2012年に落語家の登竜門と言われるNHK新人演芸大賞で大賞を受賞されました。

その後、徐々に才覚を現し、2022年からは笑点のレギュラーに抜擢され大出世を果たしています。

ちなみに笑点のギャラは日給60万円と言われており、最高では160万円とも言われているようです。

月収3万円時代を乗り切った明日香さんの支えがあってこその大出世ですね。

桂宮治さんのお嫁さんは一時は舞台女優として活躍されおり、家計を支えるために乳飲み子を預けながらホステスとして働くなど、逆風に負けない強い精神を持ち合わせている強い女性でした。

スポンサーリンク

桂宮治の子供は何人?

桂宮治さんの子供について見ていきましょう。

桂宮治さんと明日香さんの間には3人の子供に恵まれています。

  1. 長女: 和奏(わかな) 2010年生まれ
  2. 長女:?
  3. 長男:?

桂宮治さんのお子さんは女の子が二人、男の子が一人の3人のお子さんに恵まれています。

弟子時代には家計の面でお嫁さんの明日香さんには大変な苦労をさせてきましたが、現在は落語家として成功し年に一回は海外旅行と年に3回の国内旅行を楽しむ余裕も出来たようです。

かつらさんは自分が子供の頃に家族と一緒に過ごす時間があまりなかったと言います。

そんな経験からも子供たちには淋しい思いをさせたくないと、出来るだけ時間がある時は家族と一緒に過ごすようにしているのだそう。

そんな家族想いの桂宮治さんのインスタグラムは3人の子供の後ろ姿をアイコンに使用しており、子供たちに対する愛情がじわりと伝わってきます。

それにしても、月収3万円の夫をよくぞここまで支えてきましたね。

桂宮治さんのお嫁さんに於いては素晴らしい女性の一言に尽きますね。

本当によかったですね!

スポンサーリンク

まとめ

2022年より笑点のレギュラーに昇格した桂宮治さんのお嫁さんについて紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました