茨城の里山に素敵なプライベートオープンガーデン発見

茨城オープンガーデン

こんにちは。

マイペースでバラ作りを楽しんでいるSORAです。

バラ作りをしていると、ついつい他のお宅のバラもとても気になりますね。

バラの季節になったら是非オープンガーデンに足を運んで新たな発見を楽しみませんか?

今回は、茨城の里山にある口コミで人気上昇中の芦野倉バラ園を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

茨城の芦野倉バラ園

最近、口コミで評判の芦野倉バラ園は茨城県の北部大子町にあります。

芦野倉のバラ園は、伊坂さんという60代の素敵な主婦の方がバラの時期に解放して下さっています。

伊坂さんのご自宅のある地名が芦野倉(あしのくら)ということから、地元の人が勝手に芦野倉バラ園と言っているうちに芦野倉バラ園に浸透していったようです。

芦野倉バラ園の場所

茨城県久慈郡大子町芦野倉

JR常陸大子駅より車で5分。

JR常陸大子駅から国道461号線を栃木県那珂川町方面に向かい駅から3キロ程走ったところにシェルのガソリンスタンドが左側にあるので、そのガソリンスタンドを右に入り細い道をくねくね道なりに行くと芦野倉バラ園が見えてきますよ。

対向車がきたらやっとすれ違えるくらいの細い道なので初めての人は少し不安になると思います。

でもちゃんと辿り着きますのでゆっくりと進んで下さいね。

入園料と予約は?

芦野倉バラ園は、あくまで伊坂さんの趣味で解放して下さっており入園料は無料です。

見学するのに予約は必要ないですよ。

バラの時期はほとんど毎日自宅にいらっしゃるそうで、「バラを見せて下さい。」と突然行っても快く歓迎してくれます。

もし留守でも「ご自由に見て下さい」ということなので大丈夫ですよ。

もし留守の場合は、こちらの看板から入って自由に見ることができます。

ibaraki-opengarden

芦野倉バラ園の見頃の時期

芦野倉バラ園は、茨城県でも北部に位置するためバラの開花時期は同じ茨城県内でも県南、県中心部より一週間から10日くらいのズレがあります。

例年ですと、5月下旬から6月初旬が見頃です。

もし大子町よりも南に住んでいる方は、ご自宅周辺のバラのピークが過ぎた頃が、こちらでは丁度見頃を迎えていると思って良いかもしれません。

芦野倉バラ園の駐車場は?

芦野倉バラ園は、伊坂さんの個人のお宅のため自宅には家族分の駐車スペースしかありません。

しかし芦野倉バラ園のすぐ横が地元の方の集会所になっており、この集会所の駐車場に停めることができます。

ざっと20台くらいは停められそうです。

茨城オープンガーデン

芦野倉バラ園の見どころ

素敵な主婦の伊坂さんが解放して下さっている芦野倉バラ園ですが、放置していた農地用の畑を上手く活用するために、バラを植えて行くうちにバラの魅力にはまり今では畑一面バラで埋め尽くされてるまでになったバラ園です。

このバラ園の見どころをお伝えします。

芦野倉バラ園のチェックポイント

芦野倉バラ園の見どころは、何と言ってもダイナミックに植えられたつるバラです。

バラ園の中の所々に、つるバラがアーチや支柱に仕立てられ大胆に植えられているのには見ごたえがありますよ。

株がかなり大きくなっているため、空に向かって見上げるような感じでバラを見ることが出来ます。

ダイナミックなつるバラも素晴らしいのですが、私はバラと一緒に植えられている宿根草に目が離せません。

バラとの相性のいい花を上手く組み合わせて、バラの開花と一緒に咲くような多年草が所々に植えられており、バラと競って咲いているのがまたバラをよりいっそう引き立てているんですね。

中でも数種類の紫やピンクのクレマチスはじつに見事です。

芦野倉のバラ園に行く際には、是非バラだけでなくバラと一緒に植えられている宿根草も楽しんで見て下さい。

茨城オープンガーデン

芦野倉バラ園のここがいいところ

芦野倉のバラ園のいいところですが、何と言っても伊坂さんの人柄です。

伊坂さんは、バラを見に来てくれるのがとても嬉しいそうで快く歓迎してくれるのはもちろんですが、とても気前がいいのです。

挿し木で増やしておく苗を分けて下さったりします。

また、綺麗に咲いてるバラの枝を切って持たせてくれたりもします。

挿し木の方法なども丁寧に教えてくれますよ。

バラについて知りたいことがあったら遠慮なくどんどん伊坂さんに聞いてみましょう。

喜んで教えてくれますし、とても勉強になりますよ。

まとめ

茨城県北で口コミで評判になっている大子町の芦野倉バラ園について紹介してきました。

予約の必要もなく気軽に見学させてくれるバラ園なので、ふらっと立ち寄ってみて下さい。

伊坂さんのお人柄に感動しますよ。

「ここに来れば何か得られる」そんなバラ園です。

「何かが得られる」とは、物質的なものでなくバラの知識とか感動と情報という価値観のあるものです。

是非、芦野倉バラ園に足を運んでみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする