平林清澄の高校と両親まとめ!細い体と軽さが強みの身長や体重は?

箱根駅伝
スポンサーリンク

箱根駅伝で注目の選手、国学院大学の平林清澄選手。

平林清澄選手は大学史上最強ルーキーと言われている逸材でもあります。

そんな平林清澄選手の高校や両親のはどんな方なのか気になりますね。

この記事では国学院大学の平林清澄選手の高校や両親、また細い体形の身長や体重について紹介しています。

スポンサーリンク

平林清澄の呂油浸とプロフィール

平林清澄選手は大学史上最強ルーキーと言われ、注目されている選手です。

2022年の箱根駅伝は国学院大学一年生で出場し、9区を走り5人抜きで区間2位と好走しています。

また、2022年の日本学生ハーフマラソンでは優勝しています。

大学一年、二年でこの活躍ですから、今後の活躍が非常に楽しみな選手です。

そんな平林清澄選手は、両親の影響でマラソンを始めています。

平林清澄選手の両親は父親も母親も陸上の選手だったそうです。

平林清澄選手の両親は陸上の選手だったということですが、一般人であることから詳細は不明です。

平林清澄選手は小学校一年生のときから父親と学校行事とは関係のない市民マラソンに参加していたとのこと。

中学生の頃は父親も一緒になって、清澄選手と走っていたそうです。

平林清澄選手のプロフィールがこちら。

平林清澄(ひらばやし きよと)

生年月日: 2002年12月4日

出身地: 福井県越前市

身長: 167センチ

体重: 43キロ

平林清澄選手は、福井県越前市の出身です。

平林清人選手は細い体形に注目されていますが、身長は167センチ、体重はなんと43キロ!

この体重の軽さは、本人も自分の一番の強みだと述べています。

2022年10月に行われた出雲駅伝では関東勢10校のうち、平林清澄選手だけがただ一人一年生でアンカーを走っており、2位と健闘しています。

2023年の箱根ではどんな走りを見せてくれるか楽しみです。

スポンサーリンク

平林清澄の高校

平林清澄選手の出身中学と高校です。

●越前市立武生第五中学校

●福井県立美方高等学校

●国学院大学経済学部経営学科(2022年12月現在2年生)

平林清澄選手の出身中学校は越前市立武生第五中学校。

平林清澄選手の母校の中学校は、全校生徒が30数名という小さな中学校でした。

部活動は卓球とバトミントンの2つだけしかなかったそう。

平林清澄選手は体力がつくと思い、バトミントン部に入部します。

それと並行して学校行事の一環としての陸上大会に参加。

体育の教諭に付き添ってもらいながら地区大会などに参加していたそうです。

中学3年生になると学校代表で地区の寄せ集めのメンバーで駅伝大会に参加します。

この駅伝で平林清澄選手は1区を任され、2位で次の走者にタスキを渡しました。

平林清澄選手はこの大会で駅伝の魅力を知り、それと同時に福井県の強化合宿にも声がかかりました。

強化合宿に参加した平林清澄選手は、福井県の駅伝の強化校に指定されている県立美方高等学校の堀真浩先生から声を掛けられます。

県立美方高等学校は駅伝の強豪校で有名で福井県内の有望な選手の殆どが、この美方高等学校に進学しているほどの有名な高校です。

平林清澄選手は、「やるなら県内トップチームで駅伝を頑張りたい!」と県立美方高等学校の進学を決意しています。

どんに小さな学校でも、自分の得意とすることを突き詰めていけば、道は自然と開かれるんですね。

これは、人工の少ない田舎で頑張っている生徒や児童にとっても大きな励みになることでしょう。

美方高校に進学した当時の駅伝部のメンバーは20数名の部員がいたそうですが、平林清澄選手のタイムは下から2番目だったそうです。

また当時は学年別で福井県内トプ3に入る選手が2名いたとのこと。

平林清澄選手はこの2人に絶対に勝ちたいと、そこから死ぬ気で練習に取り組みます。

この「死ぬ気で」の意気込み、相当キツイ練習もこなしてきたことと思います。

その甲斐あって一年生の9月になると平林清澄選手の実力が覚醒され、走る度に記録更新を続け中心的な存在となっていきました。

駅伝部の強豪校で一年生から全国高校駅伝大会のメンバーに選出されるなど、台頭を現しています。

●一年生: 全国駅伝大会メンバー入り

●二年生: 福井県選手権大会5000mで優勝

      沖縄インターハイに出場

      福井県高校新人戦5000m優勝

※高校三年生のインターハイはコロナ禍で中止

平林清澄選手は高校2年生の頃から国学院の監督からお誘いを受けていたそうです。

そんな時に出雲駅伝をテレビで見ていて、国学院大学の土方克和選手(現在HONDA)が、4位からの大逆転で国学院大学を優勝に導いた瞬間を見て鳥肌が立ち、國學院大學の進学を決断したそうです。

平林清澄選手は監督の期待に応えるように、一年生から箱根駅伝に出場。

9区で5人抜き、2位と健闘しています。

2023年の箱根駅伝はまだ2年生。

今後の活躍に注目が集まります!

平林清澄が細い!

平林清澄選手と言えば、細い体形にも注目が集まっています。

体重は43キロとかなり細いですね。

本人も「自分の強みは軽さ」と述べている通り、、軽さを武器に箱根で5人抜きの走りは記憶に残っていると思います。

平林清澄選手の細い体形について世間の声をまとめてみました。

出雲駅伝で一年生ながらアンカーを任されたり、一年生の箱根でいきなり5人抜きなど、大学史上最強ルーキーという呼び名を付けられた平林清澄選手。

「死ぬ気の練習」が実を結んでいることに違いありません。

2023年の箱根がとても楽しみです!

スポンサーリンク

まとめ

国学院大学の平林清澄選手の高校や両親、身長、体重について紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました