葉梨康弘の経歴は警察庁出身のエリート!実家の父親は医者だった!

政治家
スポンサーリンク

第106代目の法務大臣に就任した葉梨康弘議員。

2003年に初当選をした葉梨康弘議員は、2022年8月の岸田内閣改造で初入閣を果たしています。


この記事で葉梨康弘議員の経歴を中心にまとめています。

スポンサーリンク

葉梨康弘のプロフィール

葉梨康弘議のプロフィールから紹介します。

葉梨康弘(旧姓: 渡邉)

生年月日: 1959年10月12日(昭和34年)

出身地: 東京都三鷹市

出身高校:東京教育大学付属駒場高等学校(現・筑波大学付属駒場高等学校)

出身大学: 東京大学法学部

所属政党: 自由民主党

選挙区: 茨城3区

当選回数: 6回

在任期間: 2003年~2009年

      2012年~現職

葉梨康弘議員の出身は東京都三鷹市で、2022年で63歳です。

葉梨康弘氏の実の父親は医師の渡邉武治氏で、医者の息子として誕生しています。

現在の苗字が「葉梨」であるのは結婚によって婿入りしているためで、お嫁さんの親と養子縁組をされている経緯があります。

お嫁さんの父親は、元衆議院議員の葉梨信行氏で、葉梨康弘議員の義理の父親に当たります。

また、お嫁さんの祖父も元衆議院議員であった葉梨新五郎氏ということで、葉梨康弘議員は三代目の世襲政治家です。

葉梨康弘議員は結婚により、政治家への道が切り開かれたかのような人生を歩んでおられました。

実家の父親がお医者さんであったということで、生まれながらにしてエリート街道まっしぐらといった人生を歩んでこられたようですね。

スポンサーリンク

葉梨康弘の経歴

結婚により、代々国会議員の家系にお婿入りを果たした葉梨康弘議員。

医者の息子として育った葉梨康弘議員は、政治家になる前はどのような経歴を辿ってきたのでしょうか。

葉梨康弘議員の経歴がこちら。

1982年: 東京大学法学部卒業

1982年~: 警察庁入庁

       警察庁刑事局防犯課

       岩手県警察本部刑事部捜査第二課長

       兵庫県警察本部刑事部捜査第二部課長

       外務省在インドネシア日本大使館一等書記官

1999年: 警察庁を警視正で退職

1999年3月: 衆議院議員の葉梨信行氏の秘書になる

2003年: 第43回衆議院議員総選挙に茨城3区から立候補し初当選

2009年8月: 第45回衆議院議員総選挙で落選

2012年12月: 第46回衆議院議員総選挙で再選

2013年9月: 財務大臣政務官に就任

2016年1月: 衆議院法務委員長に就任

2020年9月18日: 菅内閣で農林水産大臣に就任

2022年8月10日: 第二次岸田内閣で法務大臣に就任し初入閣

葉梨康弘議員は東京大学卒業後に警察庁に入庁。

岩手県警察や兵庫県警察の本部の刑事部で活躍。

約17年間にわたり警察庁で任務にあたっています。

衆議院議員の葉梨信行氏(義理の父親)の娘さんと結婚したことにより、葉梨信行議員の秘書となり、政治家の道を歩み始めます。

親子2代に渡って国会議員の家に婿入りしたことで、必然的に葉梨康弘議員も政治家の道が開かれたかのようです。

政治家の道を志していなければ、警察庁で各都道府県の警察本部長など重要なポストに就任していたこと思われます。

まさに絵に描いたようなエリート官僚の人生を歩んでいたことでしょう。

途中で政治家に転身されていますが、それでも岸田内閣で初入閣を果たし法務大臣に就任するなど、政治家としても順調にキャリアを積んでおられるのは素晴らしいですね。

葉梨康弘議員にとっては、どんな環境でも居場所であっても、どんなステージでも成功の切符を掴み取るような実力を兼ね備えているような、実力と力の持ち主でもあるかのようです。

2003年の44歳の時に初当選し、2009年には一度落選を経験していますが2012年には再当選を果たし現在まで現職で政治活動に従事されています。

スポンサーリンク

葉梨康弘の娘

葉梨康弘議員には3人の娘さんがいるようです。

一部の情報では3人娘のうち一人は東京医科大学に進学しているとの情報がありました。

葉梨康弘議員の実の父親がお医者さんであることからも、娘さんが医大に進学しているというのも納得がいきますね。

ゆくゆくは女医さんになられるのではないでしょうか。

3人の娘さんのうちのもう一人は、ラケットボールの選手で活躍されている葉梨彩子さん。

葉梨康弘議員の娘さんの綾子さんは、ラケットボールの全日本シングルスランキング1位、ダブルスランキングは3位の位置にいる実力の持ち主です。

現在は海外遠征など、世界を舞台に活躍されているようです。

こちらが葉梨康弘議員の娘さんの綾子さんのインスタグラムです。

出身が茨城県となっていますので、葉梨康弘議員の娘さんで間違いないと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

葉梨康弘議員の経歴と娘さんについて紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました