ハロウィンとは何か?由来から仮装する意味やカボチャを飾る理由まで

ハロウィンとは何か

日本でもすっかりおなじみのイベントとなったハロウィン。

ハロウィンと言えば、カボチャを飾ったり仮装をしたりパーティーを開いたりすることが思いつきますが、そもそもハロウィンとは何か?ちょっとばかり疑問になりますね。

ハロウィンの由来や、なぜ仮装をするのかカボチャを飾る理由などをまとめてみたいと思います。

ハロウィンとは何か?の疑問の解決になれればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ハロウィンとは?簡単に説明

川崎ハロウィンパレード

ハロウィンとは簡単に説明すると、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りで、秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事です。

現在では、特にアメリカで民間行事として定着していますが、ケルト人の伝統にルーツがあり、古代ローマ及びキリスト教から影響を受けているとされているようです。

ハロウィンとは簡単に言うと、秋の収穫を祝って悪霊を追い出すお祭りということになります。

それでは、ハロウィンとは何かについて、次の項からもう少し深く見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ハロウィンの由来

ハロウィンとは何か

紀元前に古代ヨーロッパの中心部や西部に住んでいたケルト人が起源とされるハロウィン。

ハロウィンは、ケルト民族の「サウィン祭」という儀式が起源になっていると言われています。

このケルト人の一年に終わりは10月31日でした。

日本で言えば大晦日に当たる日ですね。

そして11月1日から新しい一年の始まりとされていたようです。

秋の終わりは冬の始まりで、10月31日には、死者の霊が家族や親族を訪れてくると信じられていました。

日本のお盆によく似ていますね。

ただ、お盆と大きく違う点があり、それは死者だけ帰ってくるのではなく、悪霊や魔女も一緒にやってきて、畑の作物を荒らしたり子供をさらっていくと言われていました。

後々にカトリック系の民族がケルト人を侵略し、徐々にケルト人の中にキリスト教が入ってくるようになり、キリスト教から影響を受けるようになったとされているようです。

キリスト教の祝日に「万聖節」(ばんせいせつ)という祝日があります。

万聖節には、キリスト教のあらゆる聖人をあがめうやまう日とされています。

キリスト教の聖人の祝日の「万聖節」を英語にすると「ALL Hallows 」となります。

「万聖節」の前夜祭の事を英語で「ALL Hallows eve」、略して「Hallows eve」が言い砕けて「Halloween」(ハロウィン)と言われるようになったそうです。

古代ケルト人「サウィン祭」とキリスト教の祝日「万聖節」が入り混じって、ハロウィンとなったということですね。

前の項では、ハロウィンは秋の収穫と悪霊を追い出す宗教的な意味合いのある行事と書きましたが、亡くなった人の魂を祀る行事で、前夜祭的な位置つけとなっている説もあるようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ハロウィンの行事

川崎ハロウィンパレード

ハロウィンとは、秋の収穫を祝って亡くなった方の霊を慰めるという宗教的な意味合いがあることがお分かりいたたけたと思います。

では、ハロウィンではどのような行事や習わしがあるのでしょうか?

ハロウィンに欠かせない行事や習わしを見ていきましょう。

ジャック オー ランタン

川崎ハロウィンパレード時間

ハロウィンと言えばカボチャが一番先に思いつくのではないでしょうか?

お化けカボチャやカボチャ提灯は、ハロウィンのシンボル的存在になっていますね。

カボチャの中をくりぬいて中に蝋燭を立てますが、これにはきちんと意味があるんですね。

ハロウィンでは死者が帰って来ると言われていますが、カボチャの提灯に灯りをともして死者の目印になるようにとう意味合いが込められています。

何となく日本のお盆の迎え火のような感じですね。

日本でもお盆にはご先祖様が迷わないようにと、庭先で藁を燃やしてお迎えします。

死者やご先祖様を思いやる気持ちは、世界共通なのでしょうね。

ジャック オー ランタンですが、これはハロウィンがアメリカに渡ってからカボチャをくりぬいて提灯を作るようになったとされていますが、元々はカブが使われていたそうです。

カボチャになった節は、単純にアメリカにカボチャがたくさんあったからだと言われています。

イギリスやケルト人の祖国のアイルランドでは、現在でもカブが使用されているそうですよ。

ハロウィンのシンボルとなているカボチャの提灯、ジャック オー ランタンは、死者をお迎えする際の目印の役目を果たしているということです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

トリック オア トリート(Trick or Treat)

トリック オア トリート(Trick or treat)直訳すると「ご馳走をくれないといたずらするよ。」という意味となります。

ハロウィンには、子供たちが各家々を訪ねてお菓子を集めて回る習慣があります。

そのお菓子を持ち寄ってパーティーを開くそうです。

お菓子を用意してくれている家の人も、ハロウィンでは地域の子供との交流の機会として快くお菓子の準備をしてくれているそうです。

「トリック オア トリート?」と子供たちに訪ねられたら「ハッピー ハロウィン!」または、「トリート!」と言ってお菓子をあげるそうです。

日本では、ハロウィンと言えば仮装がメインとなっていますが、子供たちが各家々を回ってお菓子を集めるというのは、セキュリティーの問題やらで日本では定着は難しそうですね。

ただ、お友達同士でお菓子を持ち寄ってパーティーというのはお手軽に楽しめそうですね。

仮装

ハロウィンとは何か

ハロウィンでの仮装は、年に一度の楽しみとなっている方も年々増してきているように感じます。

ハロウィンでの仮装と言えば、お化けや吸血鬼、魔女、コウモリ、ゾンビ、狼男、悪魔など恐ろしいイメージの仮装がメインになっています。

この恐ろしいイメージの仮装にも意味合いがきちんとあるんですね。

ハロウィンでは、死者に交じって悪霊や魔物も一緒にこの世にやってきて悪さをしたり、子供をさらったりすると信じられていました。

仮装をするのは、この悪霊や悪魔から身を守ったりするためなんですね。

恐ろしい格好をすることで、悪魔や悪霊に同じ仲間と思ってもらうため。

また、恐ろしい格好をして悪魔や悪霊を追い払うために、仮装をすることの目的があるのです。

ハロウィンの仮装では、悪魔や悪霊をやっつける気持ちで出来るだけ恐ろしい仮装を楽しむのもいいですね。

ハロウィンでの仮装は、現在では仮装をしてパレードするのが定着しつつあるようです。

アメリカニューヨークのニューヨーク ヴィレッジ ハロウィンパレードは、1974年にスタートし、毎年6万人の参加者と200万人の見物客で盛大なハロウィンパレードとして有名になっています。

このニューヨーク ヴィレッジ ハロウィンパレードは、仮装している人なら誰でも参加できるところが、世界一大きなハロウィンパレードとして広まっていった要因かもしれません。

日本でも川崎のハロウィンパレードが有名ですね。

川崎ハロウィンパレードは、見学する人も仮装を楽しんでいるようです。

年に一度のハロウィン仮装は、今後どんどん広まりそうな勢いですね。

せっかくですので、川崎ハロウィンパレードを楽しんでみませんか?

詳細はこちら↓↓↓

川崎ハロウィン2019パレードの時間やルートは?アクセスと交通規制

まとめ

ハロウィンとは何か?についてまとめてみました。

日本でもすっかり定着してきたハロウィン。

ハロウィンには、古代人の生活の中から生み出された宗教的な意味合いが含まれているお祭りが起源とされています。

ハロウィンをきっかけに、秋の収穫に感謝したりご先祖様にも感謝の気持ちを忘れずにいたいですね。

最後に

「HAPPY  HALLOWEEN !」

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする