白菜の黒い点々(斑点)は食べられる?捨てないで実は有名な栄養素だった!

冬の代表的な食材である白菜。

お鍋の材料には欠かせませんね。

そんな白菜ですが、白い株元の部分に時々黒い点々(斑点)が見られますよね。

あの白菜の黒い点々(斑点)は何か病害で現れるのでしょうか?

ちょっと気になってしまいますよね。

今回は、冬野菜の代表の白菜の黒い点々(斑点)について食べても大丈夫なのか?についてまとめてみたいと思います。

白菜を買う時の、また料理で使う際の参考になれればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

白菜の黒い点々(斑点)は何?

時々、白菜の白い株の元から葉にかけて見られる黒い点々(斑点)の正体は、ゴマ症と呼ばれるものになります。

ゴマ症とは、栽培環境や栽培方法によっておこる現象のことを言います。

見た目がゴマのように黒いことから「ゴマ症」と呼ばれるようになったそうです。

白菜の栽培環境や栽培方法にによって起こる現象ということですが、白菜も生育していく過程の中で、ストレスを感じるそうなんですね。

ストレスは人間だけが感じるものではないんですね。

例えば、ここ最近よく言われる異常気象。

秋になっても暑い日が何日か続きました。

白菜は冬の野菜なので、暑いのが苦手なんですね。

そんな白菜にとって暑さは生育過程でストレスとなってしまうようです。

また、肥料のやり過ぎだったり、狭い場所に過密状態で植えられてもストレスとなってしまうようです。

このようにストレスを感じた白菜は、黒い点々を発生させるんですね。

それが「ゴマ症」と呼ばれています。

特に大きく育ち過ぎた白菜によく見られるようです。

「ゴマ症」はややもすると病害のように思われるかもしれませんが、決して病害ではありません。

この「ゴマ症」と呼ばれる黒い点々(斑点)の正体は、実はポリフェノールなんだそうです。

白菜にもポリフェノール?と思いますよね。

そうなんです、あの黒い点々(斑点)はポリフェノールなのです。

そもそも赤ワインに多く含まれていると言われているポリフェノールですが、ポリフェノールは植物特有の成分で、苦味や渋味、色素の元となる成分でほとんどの植物に含まれているそうです。

また、植物が光合成をするときに作り出される成分でもあるようです。

白菜の黒い点々(斑点)は、生育途中の天候不順や肥料のやり過ぎによて起こるゴマ症と呼ばれる現象で、ポリフェノールの事でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

白菜の黒い点々(斑点)は食べても大丈夫?

野菜, 白菜, Pe-研究打ち合わせを実施, サラダ, ディスプレイ, 市場

前述したように、白菜の黒い点々の正体はポリフェノールでした。

結論から言うと黒い点々(斑点)のある白菜は食べても何の問題もありません。

ちゃんと食べることが出来ます。

しかもポリフェノールの栄養素まで一緒に摂れる訳ですから、何も心配いりませんね。

しかし、そうは言われても野菜を選ぶ時の基準って、見た目重視している方が多いのではないでしょうか?

例えば、曲がったキュウリは人気がないのと一緒で、白菜も真っ白な株についつい手が伸びてしまいそうです。

黒い点々(斑点)がついていたら思わず手が遠のいてしまいそう。

そのため、黒い点々(斑点)が出来てしまった白菜は市場に出る前に処分もされてきたようです。

もったいないですね。

せっかく手間暇かけて作った作物を、見た目が悪いだけで市場に出荷できないなんて。

そんな現状を改善しようと、白菜の黒い点々(斑点)について「捨てないで」と呼びかけており、だんだんと黒い点々(斑点)は食べても大丈夫という認識が広まりつつあるようです。

この機会に皆さんも是非、白菜の黒い点々(斑点)は食べても大丈夫だと確信して下さい。

そして、ママ友や主婦仲間と白菜の黒い点々(斑点)の話題になった際には、「食べても大丈夫!」、ポリフェノールだということを教えてあげて下さい!

一つだけデメリットをお伝えしておきます。

それは、ゴマ症と呼ばれる黒い点々(斑点)が現れている白菜は、水分を多く含んでいる白菜に多いそうです。

水分を多く含んでいるということは腐りやすく、それだけ日持ちがしないということになりますので、すぐに食べきる場合はいいですが、長く保存しておきたい場合は避けた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ポリフェノールの効果は?

ワイン, レトロ, ワイングラス, ワインボトル, 赤ワイン, ガラス

最後にポリフェノールの効果をお伝えしておきます。

ポリフェノールとは、殆どの植物に含まれている苦味や色素の成分です。

ポリフェノールの効果は血圧降下や殺菌作用、抗酸化作用があります。

特に抗酸化作用では、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、生活習慣病や動脈硬化などの予防にいいと言われています。

その他にも美肌効果やアレルギー改善の効果なども期待ができるそうです。

ポリフェノールが多く含まれる食品では、赤ワイン、チョコレート、ブルーベリー、お茶、コーヒーなどがあげられます。

健康体には欠かせないポリフェノール。

積極的に摂取していきたいですね。

まとめ

今回は冬野菜の代表である、白菜に時々見られる黒い点々(斑点)について、食べても大丈夫なのか、また黒い点々(斑点)の正体についてまとめてみました。

白菜の黒い点々(斑点)は、ポリフェノールの塊だということで、食べても問題ないということでした!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする