ファシアとは何のこと?30秒のゆるゆる体操で猫背やポッコリお腹を解消!

ヴィーナスカーブ口コミ

最近よく耳にするようになったファシア。

ファシアが注目される理由は、何と言っても猫背やポッコリお腹が解消されると評判になっているからではないでしょうか?

年齢とともに垂れ下がるお尻や、ポッコリお腹を改善しようと、ダイエットや矯正下着についつい走りがちです。

しかしファシアに注目することで、ポッコリお腹や猫背が改善できるということで、とてもとても気になりますね。

そんなファシアとは一体何のことを言うのでしょうか?

また、ファシアに注目したゆるゆる体操を30秒毎日繰り返すことで、ポッコリお腹や猫背が改善できるというゆるゆる体操のやり方をまとめてみました。

今日から早速ファシアの30秒ゆるゆる体操を実践して理想の体型を目指しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ファシアとは?

最近よく耳にするようになったファシアとは、そもそも何の事を言うのでしょうか?

ファシアとは、私たちの体の臓器や骨、血管、筋肉など体の部分を包む膜のことを言うそうです。

別名「筋膜」とも言うそうです。

別名と言うよりも、筋膜のことを英語でファシア(fascia)と言うそうです。

鶏のファシア

出典:harikyuu-jinend/jp

上記の画像は鶏肉のファシア(筋膜)です。

確かに鶏肉をさばいていると、皮と肉の間に薄い膜がありますよね。

その薄い膜がファシア(筋膜)なんですね。

このファシア(筋膜)は、筋肉や神経、血管、内臓器官などを包み込んでおり、それぞれの場所に適正に位置するように支えながら保護しており、薄くて白い膜となっています。

ファシア(筋膜)は、伸び縮みして弾力性もあり、第二の骨格とも言われており、私たちの体では重要な役割を担っているんですね。

このファシア(筋膜)をケアすることで、美しい体を保つことが出来るということです。

では一体どのようにファシア(筋膜)をケアすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ファシアの大敵を知ろう!

マジカルシェリー口コミ

ファシア(筋膜)のケアをするまえに、まずはファシアの大敵を知っておきましょう。

ファシア(筋膜)の大敵はズバリ「動かないこと」です。

体を動かさないと、ファシアの繊維が増えてしまい厚みが増してしまいます。

繊維が増え厚みが増すとファシア(筋膜)の動きが損なわれてしまうのです。

ファシア(筋膜)のケアは、体を動かすことが一番なんですね。

ちょっとした簡単な体操でも背筋がピンとなり、猫背やポッコリお腹の解消につながると言われています。

体を動かさないと体もこわばってしまい、体形も崩れやすくなるのかもしれませんね。

ファシア(筋膜)のケアに効果的と言われるのが、30秒で出来る「ゆるゆる体操」です。

次項で、ファシア(筋膜)のケアに効果的なゆるゆる体操の手順をまとめました。

ビックリするくらい簡単ですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

30秒で出来るゆるゆる体操とは?

30秒で出来るゆるゆる体操がファシアのケアに効果的だそうです。

ファシアゆるゆる体操は、東京医科大学遠藤教授が考案した体操になります。

手軽に出来るゆるゆる体操の手順です。

とても簡単なので誰でもどこでも、そして長続きできます。

準備体操

肘を肩の高さまで持ち上げます。

肩と肘を水平にして、軽く後ろへ伸ばします。

肩甲骨の左右から寄せるように動かします。

5秒かけてゆっくりと、5回繰り返します。

本番

肩を回します。

上から下に肩甲骨を引き締める感じで肩を回します。

両腕を上げて肩を前から後ろにゆっくり大きく回します。

可能な範囲で後ろに引きます。

この時、肘を肩より上に上げるのがポイントです。

1回5秒で、ゆっくと5回繰り返します。

引用:nhk美と若さの新常識

肘を上げると肩の筋肉が上がり、その状態で後ろに寄せていくと肩甲骨が下がってきて、この動きが理にかなっているそうです。

ゆるゆる体操は、自分で肩を回すだけですが、筋膜がほぐれて肩こりにも効果的で、姿勢もよくなり続けることで猫背やポッコリお腹の解消にもつながると言うことです。

30秒で出来るゆるゆる体操、これでしたらいつでもどこでも簡単に出来ますね。

まとめ

ファシア(筋膜)とは?について解説しました。

また、ファシアをケアすることで、猫背やポッコリお腹に効果的ということで、ファシアゆるゆる体操の手順をまとめました。

毎日の生活にファシアケアのゆるゆる体操を取り入れて、健康的な体を目指しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする