ファンキー加藤騒動の内容まとめ!嫁と不倫相手が同時に妊娠!

指原莉乃卒業の言葉

ファンキー加藤さんの不倫騒動はまだ記憶に新しいところですが、最近では少しづつではありますが、メディアでファンキー加藤さんのお姿を目にするようになりました。

一度あのような騒動を起こしてしまうとファンの見る目も変わってしまうと言うか、その人の印象にマイナスのイメージが焼き付いてしまってなんか残念な気持ちになりますね。

ファンキー加藤さんを見る度にW不倫の人と殆どの方がそういう目で見るのではないでしょうか?

今回はファンキー加藤さんの不倫騒動の内容について時系列で分かりやすくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

2013年

大島優子外国人フライデー

2013年はファンキー加藤さんにとって人生最大のイベントである結婚の年でした。

ファンキー加藤さんの結婚に関して見ていきましょう。

ファンキー加藤の結婚

ファンキー加藤さんが現在の奥さんと結婚したのは、2013年4月でした。

ファンキー加藤さんの奥さんは元マネージャーをしていた女性だそうです。

ファンキーモンキーベイビーズは2013年に解散されていますので、ファンキー加藤さんが結婚されたのはソロ活動に入ってからですね。

ファンキー加藤さんの奥さんは元マネージャーということですから、ソロ活動に入ったファンキー加藤さんの大きな支えとなったのではないでしょうか。

そもそもファンキー加藤さんのW不倫騒動においては、一番傷つきショックを受けたのは言うまでもなくこの奥さんなんですよね。

ファンキー加藤さんのW不倫騒動後も離婚をせずに、家族を支えているとうことはかなり器の大きな女性なんだろうな~と思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

2014年

つちやかおり現在

ファンキー加藤さんが結婚した翌年2014年ですが、結婚一年目にしてファンキー加藤さんは重大なミスを犯しています。

2014年の出会いが後にファンキー加藤さんの芸能人生に大きな影響が出たと言っても過言ではありません。

ファンキー加藤と不倫相手の出会い

2013年に元マネージャーの女性と結婚されたファンキー加藤さんですが、不倫相手と出会ったのは2014年。

ファンキー加藤さんの後輩が主催した飲み会の席で不倫相手となった女性と出会ったそうです。

この不倫相手となった女性は、アンタッチャブルの柴田さんの妻だった方です。

ファンキー加藤さんとアンタッチャブルの柴田さんが元々の友人だったそうですが、ファンキー加藤さんが柴田さんの妻だとは知らずに交際をしていたそうです。

そもそもファンキー加藤さんは、飲み会の席でこの不倫相手が既婚者だということも知らなかったということです。

不倫相手の女性の方も既婚者だということは伏せておいたようですね。

この女もなかなかですね~!

交際はファンキー加藤さんの方から声を掛け、連絡先を交換したということです。

実際にファンキー加藤さんはこの不倫相手が既婚者だとは知らずに声をかけたそうですが、既にファンキー加藤さんは結婚をされている訳ですからこの時点で立派な不貞ですね。

しかも!結婚して一年ほどしか経っていないのにですよ!

そんなにもこの不倫相手が魅力的だったのか、それともただ単に欲望とか刺激を求めてのものだったのか、、、、、。

アンタッチャブルの柴田さんの元嫁のこの不倫相手の女性は、できちゃった婚であったこと、また周りの評判は酒と男好きで有名だったことと飲み会の席では未婚だと話していたと言うことです。

ちょっと軽い女性なんですかね?

このような軽い女に簡単に溺れていったファンキー加藤さんのこの女性に対する本気度ってどのくらいだったのでしょうか?

ファンキー加藤さんんと不倫相手の女性は2014年の末から不倫関係をスタートさせていたそうです。

ファンキー加藤さん、結婚からわずか一年足らずでの不倫生活のスタートです。

しかもこのとき既にファンキー加藤の奥さんは妊娠をしていました。

ちなみにアンタッチャブルの柴田さんと元妻の間には子供が二人いましたが、2005年に長男、208年には長女が生まれています。

ファンキー加藤さんとこの不倫相手が出会った時は、この子たちは9歳と6歳になっていたはずです。

母親として9歳と6歳の子供がいるのに子育てそっちのけで飲み会に参加し、しかも男まで作ってしまう軽はずみな行為は言語道断です!

なぜファンキー加藤さんがこのような軽い女性と不倫関係になったのか謎ですね。

ファンキー加藤さんはW不倫騒動の謝罪会見では、不倫について「今となっては軽率な行動だった。」と謝罪されていましたが、まさにそこが本音の部分かもしれませんね。

ファンキー加藤さんにとって取り返しのつかない軽はずみな行為に過ぎなかったのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

2015年

清貴カミングアウト

2015年はファンキー加藤さんと不倫相手にとっても衝撃の一年となりました。

ファンキー加藤の第一子誕生

2014年の末からアンタッチャブルの柴田さんの妻と不倫をスタートさせたファンキー加藤さんですが、翌年の2015年5月13日にファンキー加藤さんと正妻の間に第一子が誕生しています。

ファンキー加藤さんは妻が妊娠中に不倫をしいていたのですが、妻の妊娠中に旦那が浮気をするとう話も世間ではよく聞きますが、世の殿方はこんなものなのでしょうかね。

アンタッチャブルの柴田の離婚成立

一方アンタッチャブルの柴田家では、ファンキー加藤と柴田さんの妻の二人の不倫がバレて、2015年アンタッチャブルの柴田さんと妻は正式に離婚が成立しました。

この時は、柴田さんの女性問題も一緒に取り上げられるなど、柴田さんにとっても何とも言い難い離婚となったようです。

また、柴田さんはファンキー加藤さんと元々の友人だったということですが、妻との不倫に関してもそんなに激怒した様子は感じられませんでした。

きっとこの夫婦の仲が冷めきっていたように思います。

子供二人を差し置いて不倫をするような妻はこちらから願い下げと言った感じで未練などなかったように感じられました。

ファンキー加藤の不倫相手に妊娠発覚

2015年の5月にアンタッチャブルの柴田さんとの離婚が成立した不倫相手。

離婚成立から4か月後の2015年9月にファンキー加藤さんの不倫相手が妊娠していることが明らかになりました。

ファンキー加藤さんは不倫相手の妊娠発覚に対して、認知して養育費も払うと宣言しました。

ファンキー加藤さんのこの時の謝罪会見では「生まれてくる子に罪はない。」、「一生をかけて罪を償う。」と謝罪されていました。

この不倫相手の妊娠発覚時の認知すること養育費も払うと言った時には、ファンキー加藤さんのこの不倫相手に対しての本気度が伺えたのですが、今となってはちょっと怪しい感じですね。

自分の不貞行為が公になてしまい、急遽その場しのぎで取り繕ったようにも思えてしまいます。

相手が相手だけにですね。

ファンキー加藤さんの軽はずみな行為は結果的に、婚外子のある人生を導きだしたのです。

ファンキー加藤の妻の妊娠発覚

2015年の9月に不倫相手の妊娠が発覚して、ファンキー加藤さんは妻とは離婚しない、不倫相手との間の子は認知する、養育費も払うという選択をしましたが、この騒動中に今度はファンキー加藤さんの正妻の妊娠が発覚しました。

ファンキー加藤さんの正妻は、2016年6月に第二子を出産されています。

一年で双子ではないけれど二人のお子さんを授かったことになりますね。

ファンキー加藤さん、一夫多妻制の国に生まれれば良かったかもしれませんね。

2019年

W不倫騒動のあったファンキー加藤さんですが、2019年の現在は元マネージャーだった妻と二人のお子さんとの4人家族で暮らしているようです。

また不倫相手との婚外子に対しての養育費は一部では支払われていないようなことも報じられているようです。

また不倫相手の子供は現在は、アンタッチャブルの柴田さんが面倒を見ているとの噂もあるようです。

ファンキー加藤さんにとって不倫相手とは完全に火遊びだったにすぎなかったかもしれませんね。

「生まれてくる子に罪はない。」「認知する。」と語っていたファンキー加藤さん。

実際にご自身の家庭もある中で、婚外子の面倒を見て育てることがどれだけ大変なことか、あの謝罪会見をした時点でのファンキー加藤さんはことの重大さに気づいていなかったのかもしれません。

それだけ子育ては大変なことだということです。

家族も大切、でも愛人も欲しい、そんな軽々しい気持ちで済まされることではないんですね。

こうしてファンキー加藤さんの不倫騒動の内容を振り返ってみると、色々なことが混ざり過ぎてとても複雑に感じますが、簡単に言ってしまうとファンキー加藤さんが同時に二人の女性と関係を持っていたこと過ぎません。

その関係がお互いの女性の妊娠という形になり、複雑化したように見えてしまったこと。

また妻とは別れない、愛人との関係も認めると言ったファンキー加藤さんにとって都合のいい選択をしたのがそもそもの誤りだったかもしれませんね。

妻も愛人もなんてちょっと都合よすぎます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まとめ

ファンキー加藤さんの不倫騒動の内容についてお伝えしてきました。

ファンキーモンキーベイビーズの歌には様々な場面で、勇気づけられたり励みになった方も多いと思います。

そんな素晴らしい音楽はファンキーモンキーベイビーズだったから心に響いたのでしょうか。

やはりあの時のファンキー加藤さんの不倫騒動の内容が後を引いていて残念でなりませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンク広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする