【志摩市民病院】江角悠太の高校と大学はどこ?結婚して嫁はいる?

ホットな話題
スポンサーリンク

伊勢市民病院の経営を34歳の若さで立て直した江角悠太医師。

現在は三重県の伊勢志摩市民病院の院長として三重県に在住しています。

そんな江角悠太医師の出身高校や大学はどこでしょうか?

この記事では伊勢市民病院の江角悠太医師の学歴についてまとめています。

スポンサーリンク

江角悠太の学歴

江角悠太医師は東京都練馬区の出身。

2022年で40歳です。

江角悠太医師の父親も医師とのこと。

江角悠太医師は幼い頃から厳しく育てられたと言います。

江角悠太医師が進学した高校は東京都都立西高等学校に進学。

東京都立西高等学校の偏差値は74とかなりレベルの高い高校で、東京大学進学の実績も多いです。

東京都立西高等学校を卒業後は、三重大学医学部に進学。

医師免許を取得されています。

スポンサーリンク

江角悠太の経歴

江角悠太医師は2003年に三重大学医学部を卒業。

大学卒業後は沖縄県の沖縄中部徳洲会病院で初期研修に入ります。

初期研修では患者に対するベストな救急医療の在り方を学んだと言います。

その後、鹿児島徳之島で2か月の研修を経て、三重大学家庭医療学総合診療科で後期研修に従事。

後期研修を終えたのちに、亀山市立医療センター内科の勤務を経て三重大学医学部付属病院救急センターに勤務。

名張市立病院内科勤務

三重県立一志病院家庭医学科など、三重県内の医療機関で経験を積みます。

そして2014年12月に伊勢市立志摩市民病院に医局派遣としてやってきます。

医局派遣で働いた多くの医師は奉公として地方病院に数年勤務したのち、殆どの医師は医局に戻ったり都会の大きな病院に勤務しますが、江角悠太医師は、三重県に留まることを決意。

大学が三重県だったため、三重県には強い思い入れがあったようです。

江角悠太医師が志摩市民病院に勤務してから一年経つか経たないかの2015年に、医師と看護師が一斉に退職するという事態がおこりました。

と言うのも、当時志摩市民病院は年間7億円もの赤字を出しており、病院から診療所に規模を縮小する話が浮上していたのです。

そんな様子を察知した医師と看護師は、志摩市民病院に見切りをつけるような感じで一斉に退職すると言う事態に陥っていたのです。

そんな騒動の中で江角悠太医師は志摩市民病院に残ることを決意。

江角悠太医師が院長となり、志摩市民病院の運営再開します。

「どんな患者さんも断らない」をモットーに経営再建に取り組みます。

徐々に赤字も縮小され、4年目にして年間7億円もあった赤字をゼロにしたのです。

江角悠太医師34歳という若さで見事に経営再建を果たしました。

スポンサーリンク

江角悠太は結婚している?

江角悠太医師は2022年で40歳です。

結婚はされているのでしょうか?

江角悠太医師の結婚に関しての情報はありません。

今は、仕事一筋と言ったところでしょうか。

また、趣味がサーフィンとのことですので、結婚よりも仕事と趣味に充実した日々を送られているのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

伊勢市民病院の経営を再建させた江角悠太医師の高校や大学について紹介しました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました